野澤 志朗

J-GLOBALへ         更新日: 04/01/14 00:00
 
アバター
研究者氏名
野澤 志朗
 
ノザワ シロウ
所属
慶應義塾大学
部署
医学部 産婦人科学
職名
教授
学位
博士(医学)(慶應義塾大学), 医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1971年
 - 
1976年
慶應義塾大学 助手
 
1972年
 - 
1973年
国立がんセンター病院 厚生技官
 
1976年
 - 
1990年
慶應義塾大学 専任講師
 
1981年
 - 
1982年
米国La Jolla癌研究所(現The Burnham Institute)訪問研究員
 

学歴

 
 
 - 
1970年
慶應義塾大学 医学研究科 産婦人科学
 
 
 - 
1965年
慶應義塾大学 医学部 医学
 

委員歴

 
2003年
   
 
日本産科婦人科学会  会長
 
1997年
   
 
日本癌治療学会  理事
 
2000年
 - 
2001年
日本臨床細胞学会  会長
 
1990年
   
 
日本臨床電子顕微鏡学会  理事
 
2001年
   
 
日本婦人科腫瘍学会  理事長
 

受賞

 
1995年
安田記念医学賞
 
2003年
日本臨床電子顕微鏡学会安澄記念賞
 

Misc

 
腫瘍マーカーの現況と将来
日本産科婦人科学会雑誌   43(8),883-889    1991年
癌検診と腫瘍マーカー
Modern Physician   12(7),1077-1083    1992年
子宮体癌とモノクローナル抗体-抗子宮体癌モノクローナル抗体"MSN-1"とそのEmC-EIA法への応用-
臨床病理(臨時増刊特集)   94,147-160    1993年
CA54/61 as a marker for epithelial ovarian cancer
Cancer Research   52,1205-1209    1992年
Tumor-associated mucin-type glycoprotein(CA54/61)definef by two monoclonal antibodies(MA54 and MA61)in ovarian cancers.
Cancer Research   49,493-498    1989年

書籍等出版物

 
子宮体癌(共著)
文光堂   1993年   
グリコパソロジー(共著)
講談社   1993年   

競争的資金等の研究課題

 
女性性器癌における複合糖質に関する研究
女性性器癌に対するヒト型モノクローナル抗体の作製
家族性腫瘍としての子宮体癌