Kage, Masaharu

J-GLOBAL         Last updated: May 29, 2019 at 04:18
 
Avatar
Name
Kage, Masaharu
Affiliation
Keio University
Section
Research Centers and Institutes Teacher Training Center
Job title
Professor
Degree
Ph.D.(Keio University)
Other affiliation
Graduate School of Human Relations
Research funding number
80245620

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1992
 - 
Mar 1995
大学助手(教職課程センター)
 
Apr 1992
 - 
Sep 2008
大学教職課程センター学習指導副主任
 
Apr 1995
 - 
Mar 1997
大学専任講師(教職課程センター)
 
Apr 1997
 - 
Mar 2005
大学助教授(教職課程センター)
 
Apr 2005
 - 
Today
大学教授(教職課程センター)
 

Education

 
Mar 1986
   
 
心理学専攻, Faculty of Education, Yokohama National University
 
Mar 1988
   
 
教育学専攻, Graduate School, Division of Sociology, Keio University
 
Mar 1991
   
 
教育学専攻, Graduate School, Division of Sociology, Keio University
 

Committee Memberships

 
Sep 2017
 - 
Aug 2019
厚生労働省  公認心理師(国家資格)試験委員
 
2017
 - 
Today
上越市立大手町小学校  文部科学省研究開発学校運営指導委員
 
2017
 - 
Today
公益財団法人博報財団  博報教職育成奨学金選考委員
 
2017
 - 
Today
横浜市教育委員会  点検・評価・学識経験者
 
Oct 2016
 - 
Mar 2017
文部科学省  学習指導要領等の改善に係る検討に必要な専門的な作業等協力者
 

Awards & Honors

 
Oct 2017
「当事者型授業研究」の実践と評価, 日本教育心理学会優秀論文賞, 日本教育心理学会
Winner: 鹿毛雅治・藤本和久・大島崇
 
Sep 1998
協同学習を支援するメディアの特質に関する研究, 日本教育工学会論文賞, 日本教育工学会
Winner: KAGE MASAHARU
 
Sep 1994
到達度評価が児童の内発的動機づけに及ぼす効果, 日本教育心理学会城戸奨励賞, 日本教育心理学会
Winner: KAGE MASAHARU
 

Published Papers

 
学習動機づけ研究の未来
KAGE MASAHARU
教育心理学年報   57 250-257   Mar 2018   [Invited]
学習動機づけ研究の動向と展望
KAGE MASAHARU
教育心理学年報   57 155-170   Mar 2018   [Refereed][Invited]
教育心理学再考―その「実践性」をめぐって―
KAGE MASAHARU
心理学評論   60 391-403   Mar 2018   [Refereed][Invited]
授業でメタ認知を育成するには
富田英司・惠羅修吉・吉野巌・瀬尾美紀子・鹿毛雅治
教育心理学年報   56 235-242   Mar 2017   [Invited]
「当事者型授業研究」の実践と評価
鹿毛雅治・藤本和久・大島崇
教育心理学研究   64(4) 583-597   Dec 2016   [Refereed]

Misc

 
教師の専門的能力
KAGE MASAHARU
日本教師教育学会(編)教師教育研究ハンドブック   266-269   Sep 2017   [Refereed][Invited]
つまずき研究
KAGE MASAHARU
日本教育方法学会(編)『教育方法学研究ハンドブック』   350-353   Oct 2014   [Refereed][Invited]
自ら学ぶ意欲-「学び」と「自分」の接点-
KAGE MASAHARU
教育展望   497 24-33   Mar 2000
優秀論文賞を受賞して(「当事者型授業研究」の実践と評価 『教育心理学研究』第64巻4号)
KAGE MASAHARU
教育心理学年報   57 363-366   Mar 2018   [Invited]
「自問自答」としての思考
KAGE MASAHARU
大阪教育大学附属平野小学校『未来を『そうぞう』する子どもを育てる探究的な授業づくり』(分担執筆)   46   Feb 2018   [Invited]

Books etc

 
「授業研究」を創る―教師が学びあう学校を実現するために
鹿毛雅治・藤本和久 (Part:Joint Editor)
教育出版   Oct 2017   
パフォーマンスがわかる12の理論―「クリエイティヴに 生きるための心理学」入門!
KAGE MASAHARU (Part:Editor)
金剛出版   Apr 2017   
学びを創り続ける子どもを育む主体的・協働的・創造的な授業づくり
鹿毛雅治・木原俊行・大阪教育大学附属平野小学校 (Part:Joint Editor)
明治図書   Feb 2016   
問いをつなぐ学び
鹿毛雅治・静岡大学教育学部附属静岡小学校 (Part:Joint Work)
明治図書   Jun 2015   
学習意欲の理論-動機づけの教育心理学-
KAGE MASAHARU
金子書房   Aug 2013   

Conference Activities & Talks

 
自主シンポジウム「教科教育の心理学―(2)授業実践研究の展開に実験・調査研究の発想や成果をどういかすか―」(指定討論者) 
KAGE MASAHARU
日本教育心理学会第60回総会   Sep 2018   
準備委員会企画第60回記念シンポジウム「実学(サイヤンス)する教育心理学―隣接する学問との対話―」(企画者・指定討論者) 
KAGE MASAHARU
日本教育心理学会第60回総会   Sep 2018   
準備委員会企画シンポジウム(公開)「授業改善―心理学からの提言―」(企画者・話題提供者) 
KAGE MASAHARU
日本教育心理学会第60回総会   Sep 2018   
自主企画シンポジウム「学習者のパフォーマンス―授業論から「コンピテンシー」を問う―」(企画者)
藤澤伸介・鹿毛雅治・犬塚美輪・及川昌典・松尾剛・奈須正裕
日本教育心理学会第59回総会   Oct 2017   
準備委員会企画シンポジウム「学習動機づけの未来―教育心理学研究における動向とこれから―」(指定討論者)
中谷素之・田中あゆみ・伊藤崇達・戸山美樹・大坊郁夫・鹿毛雅治
日本教育心理学会第59回総会   Oct 2017   

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
基盤研究B「教師による「教育的瞬間」の把握・判断に関わる心理的メカニズム」
日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2008 - 2012
基盤研究C「教師の授業研究に対する意欲とそれを支える条件に関する研究」
日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2003 - 2006
奨励研究A「教師の仕事を支える意欲の統合的構造とその発達」
日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 1999 - 2000
奨励研究A「教師による実践的思考としての教育評価」
日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 1997 - 1998
奨励研究A「内発的動機づけの発達と学習意欲の統合に関する研究」
日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 1996