Kannari, Fumihiko

J-GLOBAL         Last updated: Aug 24, 2019 at 02:57
 
Avatar
Name
Kannari, Fumihiko
URL
http://ekmmac0.kami.elec.keio.ac.jp/
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Science and Technology Department of Electronics and Electrical Engineering
Job title
Professor
Degree
Engineering(Keio University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Sep 1984
 - 
Jul 1986
Research Associate, Laser Division, SERC Rutherford Appleton Laboratory, Research Associate
 
Aug 1986
 - 
Mar 1988
Senior Scientist, Spectra Technology, Inc., Senior Scientist
 
Apr 1988
 - 
Mar 1989
助手, 電気工学科, 慶應義塾大学理工学部
 
Apr 1989
 - 
Mar 1993
慶應義塾大学理工学部 ,専任講師
 
Oct 1991
 - 
Sep 1993
兼慶應義塾大学理工学部理工学情報センター協議会,委員
 

Education

 
Mar 1980
   
 
電気工学科, Faculty of Engineering, Keio University
 
Mar 1982
   
 
電気工学専攻, Graduate School, Division of Engineering, Keio University
 
Mar 1985
   
 
電気工学専攻, Graduate School, Division of Engineering, Keio University
 

Committee Memberships

 
Aug 2016
 - 
May 2017
6th Advanced Lasers and Photon Sources Symposium  Program Committee/ Steering Committee Chair of the Steering Committee
 
May 2016
 - 
May 2017
CLEO (International Conference of Laser and Electro-Optics)  a committee member for the CLEO:2017 S&I8 Subcommittee
 
Aug 2015
 - 
May 2016
5th Advanced Lasers and Photon Sources Symposium  Program Committee/ Steering Committee Chair of the Steering Committee
 
Jun 2015
 - 
Mar 2019
科学技術振興機構  「さきがけ」光の極限制御・積極利用と新分野開拓 領域アドバイザー
 
Aug 2014
 - 
Apr 2015
4th Advanced Lasers and Photon Sources Symposium  Program Committee
 

Awards & Honors

 
Sep 2014
平成25年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰, 日本学術振興会
 
May 2010
高強度レーザー利用のための時空間レーザーパルス制御技術, レーザー学会 レーザー研究論文賞
Winner: KANNARI FUMIHIKO
 
Sep 2006
電気学会C部門貢献賞, (社)電気学会
Winner: KANNARI FUMIHIKO
 
電気学会C部門における調査専門委員会の活性化に貢献
Jul 1992
「157nmF2レーザー」, レーザー学会 レーザー研究論文賞, レーザー学会
Winner: 神成 文彦
 
Apr 1992
「短パルスエキシマレーザのコヒーレント増幅」, 電気学会 論文発表賞, 電気学会
Winner: 神成 文彦
 

Published Papers

 
Qiyuan Song, Keisuke Isobe, Katsumi Midorikawa, Fumihiko Kannari
Optics Communications   430 486-496   Aug 2019   [Refereed]
2次元時間集光と構造証明法を組み合わせた3D-ITF法が波面歪みに対して耐性が強いことを数値シミュレーションから明らかにし、散乱性材料の2光子励起蛍光顕微鏡に適した手法であることを議論した。
YUKI YAMAGUCHI, RYOHEI HIDA, TAKAKAZU SUZUKI, FUMIHIRO ISA, KENTA YOSHIKIYO, LEO FUJII, HIROFUMI NEMOTO, FUMIHIKO KANNARI
Journal of Optical Society of America B   35(12)    Sep 2018   [Refereed]
希ガス中空ファイバで広帯域化された超広帯域フェムト秒レーザーの短波長帯と長波長帯を周波数チャープさせて時間遅延をつけて重畳することで、type-I BBO結晶で差周波発生を行うことで、中心周波数およびバンド幅可変の中赤外レーザー発生が可能であることを実験から明らかにし、さらにOPAで増幅し分光応用可能な出力レベルを確保できることを実証した。
Tanaka H., Castellano-Hernandez E., Krankel C., Kannari F.
2018 Conference on Lasers and Electro-Optics, CLEO 2018 - Proceedings      Aug 2018
© 2018 OSA. We report the first visibly emitting Q-switched laser based on Co2+:Gd3Ga5O12as the saturable absorber material and present a detailed characterization of the visible saturable absorption properties of various Co2+-doped materials.
Tanaka H., Fujita S., Kannari F.
Applied Optics   57(21) 5923-5928   Jul 2018
© 2018 Optical Society of America. We demonstrate the high-power continuous-wave operation of a Pr3:YLF laser end pumped by blue laser diodes. As the pump source, we used four 5 W single-emitter blue laser diodes and a >20 W fiber-coupled module. ...
HIROKI TANAKA, SHOGO FUJITA, FUMIHIKO KANNARI
Applied Optics   57(21) 5923-5928   Jul 2018   [Refereed]
出力5WのInGaN青色半導体レーザー4台、また20Wのマルチモードファイバ出射青色半導体レーザーを用いた端面励起Pr:YLF可視レーザーの出力スケーリング実験を行い、熱負荷特性からPr:YLFレーザーの特性を考察した。出力的には、これまで最高の6.7,
3.7 Wをk各640 ,607 nmにおいて達成できた。

Misc

 
周波数チャープパルスを用いたスペクトラルイメージングによるシングルショット25フレーム超高速撮影
鈴木 敬和,肥田 遼平,山口 勇輝,神成 文彦
レーザー研究   45(6) 333-338   Jun 2017   [Refereed][Invited]
Sequentially Timed All-optical Mapping Photography ―超高速現象の可視化のための光学式イメージング―
KANNARI FUMIHIKO
可視化情報   37(145) 26-31   Apr 2017   [Invited]
筆者等のオリジナルである周波数チャープしたフェムト秒レーザーを用いた単ショット超高速バーストイメージング法の原理と超高速現象の計測例を解説した。
展望「レーザー工学⇔レーザー光学」
F.Kannari
O plus E   39(1) 42-44   Dec 2016   [Invited]
レーザー開発研究動向を1~4世代に分類し、最近のIoTの社会動向を背景にしたレーザー研究の第5世代はどういったものかについて個人的な私見から解説を行った。
可視InGaN半導体レーザー励起固体レーザー開発の進展
F. Kannari
応用物理   85(10) 856-862   Oct 2016   [Refereed][Invited]
InGaN半導体レーザーの高出力化を背景に、近年高出力化と高機能化が可能となったPr:YLF可視域レーザーおよびTi:Al2O3フェムト秒レーザーについて研究動向と、我々のグループの最新の研究結果を解説した。
超高速プラズモン応答関数計測に基づいたプラズモン時空間制御
神成文彦、藤間一憲、正木雄太、草場美幸、大西秀太郎、大井潤
レーザー研究   43(5) 297-301   May 2015   [Refereed][Invited]
フェムト秒レーザ励起局所プラズモンおよび表面プラズモンポラリトンの時間特性が、計測されたプラズモン複素応答関数に基づいて決定論的に整形可能なことを実験から明らかにした。

Books etc

 
Laser Ablation - From Fundamentals to Applications
Keiichi Nakagawa, Takakazu Suzuki,Fumihiko Kannari (Part:Joint Work, Chapter 6: Sequentially Timed All-Optical Mapping Photography for Real- Time Monitoring of Laser Ablation: Breakdown and Filamentation in Picosecond and Femtosecond Regimes)
IN TECH   Dec 2017   ISBN:978-953-51-3700-9
先端光科学入門 Vol.2
KANNARI FUMIHIKO (Part:Joint Work, 35-45)
強光子場科学研究懇談会   Mar 2011   
先端光科学実験用の教材として,フェムト秒レーザーパルスの整形と振幅・位相計測実験について詳細に解説を行った。整形は,2次元空間光変調器を用いた反射型2f光学系を用い,計測には周波数干渉計測を用いている。
Lectures on Ultrafast Intense Laser Science 1
KANNARI FUMIHIKO (Part:Joint Work, 135-174)
Springer   Jan 2011   ISBN:978-3-540-95943-4
フェムト秒レーザーの波形整形技術の原理,デバイス,設計アルゴリズム,時空間結合,レプリカパルスについて詳細に解説し,応用として分子解離フラグメンテーション制御,2光子励起蛍光を例にとってその実験データを記述した。
光科学研究の最前線2
KANNARI FUMIHIKO (Part:Joint Work, 122)
強光子場科学研究懇談会   Nov 2009   
フェムト秒レーザーの振幅,位相整形技術とその応用に関する研究動向を解説した
強光子場科学の最前線2
KANNARI FUMIHIKO (Part:Joint Work, 35-50)
強光子場科学研究懇談会   Oct 2009   

Conference Activities & Talks

 
波長掃引超高速レーザパルス列を用いた透明固体材料中のレーザ誘起 応力波ダイナミクスのシングルショット2次元バーストイメージング
松下一輝,鈴木 敬和,山口 勇輝,根本 寛史,神成 文彦
第56回応用物理学会春季学術講演会   12 Mar 2019   日本応用物理学会
単一ショットバーストイメージング法SF-STAMPの時間窓を拡大し,衝撃波やアブレーションプルーム等をシングルショットで観測するために,傾斜ミラー対の多重反射を利用して自由空間でパルス幅の伸張を行う光学系FACEDを応用し,300 ps間隔のパルス列を生成し,撮影可能な時間窓を数nsまで拡大した。
波形整形された超短単一光子パルスを用いた周波数域線形光量子回路 の実現
保坂 有杜,富田 雅也,逵本 吉朗,新村 星太郎,大見 聡仁,和久井 健太郎, 藤原 幹生,鹿野 豊,武岡 正裕,神成 文彦
第56回応用物理学会春季学術講演会   12 Mar 2019   日本応用物理学会
光回路の集積化の手法 として波長分割多重方式に注目し,この方式を光線形量子回路に応用する新しい手法を提案した.さらに、その最も簡単な例として波長分割多重回路による Hong ong-Ou -Mandel Mandel干渉 の実証実験を行った。
超高速SPPナノ集光を用いたナノグラフェン細線作製
松田 拓己, 富田 恵多, 神成 文彦
第56回応用物理学会春季学術講演会   12 Mar 2019   日本応用物理学会
パターニング幅が回折限界以下のrGOを実現する手法として, 回折格子を刻んだ金属テーパチップに励起された表面プラズモンポラリトン(SPP)パルスを先端部でナノメートルサイズに集光できる“SPPナノ集光”に注目した. 波長800 nmのフェムト秒レーザパルスを用いると,3光子過程で還元が可能でありフェムト秒SPPパルスでも強度的には可能である。また, 同一装置でSPPパルスを用いた選択的CARS計測をすることによってGO還元化のその場観察と評価も同時に行なうことが可能になる.
InGaN-LD励起640-nm ピコ秒パルスPr:YLF再生増幅器
藤田 将吾,杉山 直仁,神成 文彦
第56回応用物理学会春季学術講演会   12 Mar 2019   日本応用物理学会
我々は可視・紫外域短パルスレーザの高出力化に向け,Pr3+:LiYF4 (YLF) 結晶を用いた波長640 nmの再生増幅器を構築し,その増幅特性を明らかにした。
SF-STAMPを用いた超高速現象シングルショットテラヘルツイメージング
高澤 一輝,鈴木 敬和,山口 勇輝,根本 寛史,谷 正彦,北原 英明,神成 文彦
第56回応用物理学会春季学術講演会   12 Mar 2019   日本応用物理学会
従来のテラヘルツ波イメージング法であるEOサンプリングとSTAMPを組み合わせることで,テラヘルツ波領域シングルショット超高速イメージング法の開発を行った。

Teaching Experience

 

Works

 
KANNARI FUMIHIKO   The Others   2002 - Today
KANNARI FUMIHIKO   The Others   2001 - Today
やさしい光技術
KANNARI FUMIHIKO   The Others   1998 - Today
中高校生向けの光技術解説書
ビデオ教材「電気学I, II」(各60分)
神成文彦   The Others   1996 - Today
Professional Engineer受験対策用としてのビデオ講義教材。電気回路,電子回路について計120分の講義を収録。

Research Grants & Projects

 
Single-shot ultrafast burst imaging in infrared band by quantum illumination scheme
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2019 - Mar 2022    Investigator(s): 神成 文彦
Hyper-spectral Imaging of THz Wave on a Single-shot Basis
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Jun 2017 - Mar 2019    Investigator(s): 神成 文彦
Generation of massive cluster states by quantum correlation control among frequency modes of frequency comb
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2015 - Mar 2017    Investigator(s): 神成 文彦
When utilizing ultrafast nonlinear optics such as four-wave mixing in a fiber, we can generate quantum correlation among frequency modes of a laser pulse propagating through the fiber.
First, we constructed a multimode quantum theory of nonlinear ...
Renovation of coherent high-brightness visible-deep ultravaiolet sources with praseodymium solid-state lasers
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): 神成 文彦
Development of component technologies and demonstration of laser power scaling were performed for trivalent Praseodymium doped fluoride lasers pumped by blue InGaN diode-lasers (LD) to renovate visible and deep ultraviolet coherent light sourc...

Patents

 
2010-006090 : 多光子励起顕微鏡

Social Contribution

 
藤原科学財団  藤原賞選考専門委員会主査
[]  Apr 2012 - Mar 2015
The 6th International Workshop on Femtosecond Tech
[]  Jun 1998 - Jul 1999
(財)光産業技術振興会 新規開発事業審査委員会
[]  Jun 1998 - May 1999
(財)光産業技術振興会 平成9年度光産業動向調査委員会第4部会(レーザエネルギー応用)
[]  Jun 1997 - Mar 1998
SPIE LASE'97 Conference,Symposium of Laser Modelin
[]  Sep 1996 - Jan 1997