Isobe, Tetsuhiko

J-GLOBAL         Last updated: Dec 6, 2019 at 03:15
 
Avatar
Name
Isobe, Tetsuhiko
E-mail
isobeapplc.keio.ac.jp
URL
http://www.applc.keio.ac.jp/~isobe/
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Science and Technology Department of Applied Chemistry
Job title
Professor
Degree
博士(工学)(Keio University)
Research funding number
30212971

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1989
 - 
Mar 1995
Keio University, Assistant
 
Sep 1993
 - 
Aug 1994
Vanderbilt University (USA), Visiting scholar
 
Apr 1995
 - 
Mar 1999
Keio University, Assistant Professor
 
Apr 1999
 - 
Mar 2007
Keio University, Associate Professor
 
Sep 1999
 - 
Aug 2000
École Supérieure de Physique et de Chimie Industrielles de la Ville de Paris (ESPCI)(France), Visiting scholar
 

Education

 
Mar 1986
   
 
応用化学科, Faculty of Science and Engineering, Keio University
 
Mar 1988
   
 
応用化学専攻, Graduate School, Division of Science and Engineeri, Keio University
 
Mar 1991
   
 
応用化学専攻, Graduate School, Division of Science and Engineeri, Keio University
 

Committee Memberships

 
Jan 2007
 - 
Today
蛍光体同学会  幹事
 
Jun 2004
 - 
Today
日本学術振興会 光電相互変換第125委員会  委員
 
Apr 2014
 - 
Today
電気化学会  代議員
 
Oct 2017
 - 
Oct 2019
Electrochemical Society  Luminescence and Display Materials Division Board
 
Apr 2013
 - 
Mar 2016
静岡大学電子工学研究所 共同利用・共同研究委員会  委員
 

Awards & Honors

 
Dec 2017
Improved Photostability of Tetramethyl Orthosilicate-Modified InP/ZnS Quantum Dots, Outstanding Poster Paper Award, The 24th International Display Workshops(IDW'17)
Winner: T. Watanabe, Y. Iso, T. Isobe, H. Sasaki
 
Nov 2010
Preparation of composite PMMA microbeads hybridized with fluorescent YVO4:Bi3+,Eu3+, The Poster Award, The 3rd International Congress on Ceramics (ICC3) Symposim 5 "Hybrid and Nano-Structured Materials"
Winner: Kenji Akisada, Yusuke Noguchi, Tetsuhiko Isobe
 
Sep 2006
Photoluminescence of the Highly Transparent Colloidal Solution of LaPO4:Ce3+, Tb3+ Nanocrystal Phosphors Synthesized by Low-Temperature Solvothermal Method : Effect of Polyphosphate Additive, Best Paper Award, The International Union Materials Research Society - International Conference in Asia 2006 (IUMRS-ICA 2006)
Winner: Wakana Kichikawa, Fumiaki Nishimura, Tetsuhiko Isobe
 

Published Papers

 
Wagutu A., Yano K., Sato K., Park E., Iso Y., Isobe T.
Scientific African   6    Nov 2019   [Refereed]
© 2019 Titanium dioxide (TiO2) nanoparticles were synthesized using East African highland banana (Musa AAA) and Jatropha curcas L. sap. The nanoparticles were characterized with X-ray diffractometry (XRD), Raman spectroscopy, Fourier transform inf...
Yoshinaga T., Iso Y., Isobe T.
Journal of Luminescence   213 6-14   Sep 2019   [Refereed]
© 2019 Elsevier B.V. We synthesized carbon dots (CDs)from biocompatible L-cysteine, containing N and S, through an eco-friendly, facile hydrothermal reaction. These L-cysteine-derived CDs are produced by pyrolysis and carbonization after dehydrat...
Watanabe R., Iso Y., Isobe T.
ACS Applied Nano Materials   2(6) 4009-4017   Jun 2019   [Refereed]
© 2019 American Chemical Society. Transparent Y2O3:Bi3+,Yb3+ films that exhibit near-infrared (NIR) emission under near-ultraviolet (NUV) excitation are candidates for the spectral converters in crystalline silicon solar devices. In this work, NIR...
Kidokoro K., Iso Y., Isobe T.
Journal of Materials Chemistry C   7(28) 8546-8550   2019   [Refereed]
© The Royal Society of Chemistry 2019. CsPbBr3 quantum dots were packed in a cell and irradiated at 468 nm. The sample color changed to black, attributed to the formation of surface defects by photoinduced desorption of surface ligands. The color ...
Kosugi T., Iso Y., Isobe T.
Chemistry Letters   48(4) 349-352   2019   [Refereed]
© 2019 The Chemical Society of Japan. We investigated the effects of addition of oleic acid (OA) on the stability of CsPbBr 3 quantum dot (QD) dispersions in toluene during storage and light irradiation. Excess amounts of OA degraded the fluoresc...

Misc

 
ナノ蛍光体が透明に分散した波長変換TMAS誘導シリカプレート
磯 由樹, 磯部 徹彦
Material Stage   16(9) 81-83   Sep 2016   [Invited]
Preface to the Focus Issue on Novel Applications of Luminescent Optical Materials
Mikhail Brik, Tetsuhiko Isobe, Alan Piquette, Gregg S. Kottas, Alok M. Srivastava, Kailash C. Mishra
ECS J. Solid State Sci. Technol.   5(1) Y1-Y1   Jan 2016   [Refereed]
波長変換蛍光ナノ材料の開発
磯 由樹, 磯部 徹彦
光アライアンス   26(8) 59-62   Aug 2015   [Invited]
フランスのサイエンスの基盤 -E.S.P.C.I.での留学を通じて-
ISOBE TETSUHIKO
コロイドおよび界面化学部会NEWSLETTER Vol.26, No.4   18-19   Sep 2001
パリ市立工業物理化学高等専門大学E.S.P.C.I. (École Supérieure de Physique et de Chimie Industrielles de la Ville de Paris)のLaboratoire de Physique Quantique(LPQ)で訪問研究員として過ごした留学体験を紹介した。
ドープ型半導体ナノクリスタル蛍光体材料の開発と展望
磯部徹彦
機能材料   19(2) 17-25   Jan 1999
ドープ型半導体ナノクリスタル蛍光体材料の開発の現状と今後の展望を解説した。(9頁)

Books etc

 
量子ドット材料の技術と応用展開: ディスプレイ・照明・バイオ応用から太陽電池まで
磯 由樹, 磯部 徹彦 (Part:Contributor, 第4章第2節 ペロブスカイト型量子ドット蛍光体)
情報機構   Jun 2017   
次世代蛍光体材料の開発
磯 由樹, 磯部 徹彦 (Part:Contributor, 第4編 第1章 CdフリーCuInS2量子ドット,第2章 ドープ型量子ドット,第3章 ナノシート蛍光体)
シーエムシー出版   Jul 2016   
ナノ粒子の表面修飾と分析評価技術~各種特性を向上するためのナノ粒子表面関連技術とその評価~
磯部 徹彦 (Part:Contributor, 第4章 第6節 蛍光ナノ粒子の表面修飾)
情報機構   Jan 2016   
近赤外・紫外線-波長変換と光吸収増大による太陽電池の高効率化技術
磯 由樹, 磯部 徹彦 (Part:Contributor, 第1章 第1節 ナノ蛍光体による近紫外線→可視光・近赤外線変換と結晶シリコン太陽電池への応用)
S&T出版   Jan 2016   
『光』の制御技術とその応用 事例集
磯 由樹、磯部 徹彦 (Part:Contributor, 第4章 第3節 ナノ蛍光体波長変換膜の作成と応用)
技術情報協会   Mar 2014   

Conference Activities & Talks

 
高色純度CsPb(Br1−xIx)3ペロブスカイト量子ドット緑色蛍光体の探求
宮田 新平, 磯 由樹, 磯部 徹彦
第65回応用物理学会春季学術講演会   17 Mar 2018   
CsPbBr3ペロブスカイト量子ドット分散液の安定性に与えるオレイン酸の影響
小杉 拓磨, 磯 由樹, 磯部 徹彦
第65回応用物理学会春季学術講演会   17 Mar 2018   
フェニレンジアミン誘導カーボンドットの蛍光特性
佐藤 里奈, 磯 由樹, 磯部 徹彦
第65回応用物理学会春季学術講演会   17 Mar 2018   
コア/シェル型InP/ZnS量子ドット蛍光体の耐光性の向上 [Invited]
磯 由樹, 渡邉太一, 磯部 徹彦, 佐々木 洋和
第371回蛍光体同学会講演会   16 Feb 2018   
PVPコートY2O3:Bi3+,Eu3+ナノシート電気泳動堆積膜の作製・特性評価・太陽電池応用
小菅 裕太, 磯 由樹, 磯部 徹彦
第56回セラミックス基礎科学討論会   11 Jan 2018   

Teaching Experience

 

Works

 
早慶交換講義「無機ナノ蛍光体の研究開発への挑戦」
ISOBE TETSUHIKO   The Others   Apr 2013
慶應義塾大学メディアセンターMediaNet, No.18, p.25, ティールーム「電子化でちょっと気になること」
ISOBE TETSUHIKO   The Others   Nov 2011
ソニーケミカル&インフォメーションデバイス株式会社 鹿沼事業所における講演 「ドープ型ナノ蛍光体に関する研究動向と展望」
ISOBE TETSUHIKO   The Others   Sep 2011
関東学院六浦高等学校 模擬授業 「身近で活躍する発光材料」
磯部 徹彦   The Others   Jun 2011

Research Grants & Projects

 
Development of advanced liquid-phase synthesis of carbon dots with controlled photoluminescence properties
Keio University: 
Project Year: Jun 2019 - Mar 2022    Investigator(s): 磯部 徹彦
従来の無機蛍光体の主流は、希土類元素や遷移金属を結晶にドープし、f軌道やd軌道の準位間での遷移を通じて発光するタイプである。近年、バンドギャップで発光し、量子サイズ効果によって粒子径制御で発光色を調整できる量子ドット(QD)が台頭している。しかし、QD材料として、CdSe、InP、CsPbBr3などが開発されているが、毒性や安定性の面で問題がある。このような背景のもと、本研究では、資源として豊富に存在する炭素材料を用いて、高色純度かつ高効率で発光するカーボンドット(CD)を液相中で合成する...
Improvement of properties of solar cells by quantum dots with the function of UV - visible wavelength conversion
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): 磯部 徹彦
Preparation, characterization, and application of near-UV -> red conversion fluorescent nanosheets and their composite films
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): ISOBE Tetsuhiko
Y2O3:Bi3+,Eu3+ nanosheets, which emit red light under near-UV irradiation, were obtained by calcining hydroxide precursor nanosheets synthesized through a hydrothermal method. An aqueous dispersion of positively charged Y2O3:Bi3+,Eu3+ nanosheets w...
Preparation and characterization of biocompatible composite beads with fluorescent nanoparticles
Keio University: 
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): ISOBE Tetsuhiko
Preparation of chitosan beads by cross-linking method through electrostatic interaction with tripolyphosphate ions, combined with emulsification method using SPG membrane was studied. Next, hybridizations between green-emitting YAG:Ce3+ nanopartic...
Preparation and characterization of composites consisting of nanoparticles with dual functions of fluorescence and magnetism
Keio University: 
Project Year: 2008 - 2010    Investigator(s): ISOBE Tetsuhiko
YVO_4:Bi^<3+>,Eu^<3+> nanoparticles emitting red under the excitation of ultraviolet light were hybridized with PMMA mirobeads through electrostatic interaction. In addition, YAG:Ce^<3+> nanoparticles emitting green under the excitation of blue li...

Patents

 
特開平10-310770 : 発光体の製造方法
井原優、大野勝利、仙名保、磯部徹彦、五十嵐崇裕
【課題】ナノ構造結晶を有し、不活剤が良好にドープされてなるII-VI族半導体からなる発光体を製造する全く新規な発光体の製造方法を提供する。【解決手段】本発明に係る発光体の製造方法は、共沈を利用した液相反応にて不活剤がドープされたII-VI族半導体を形成し、この液相反応中に有機酸添加する。または、本発明に係る発光体の製造方法は、共沈を利用した液相反応にて不活剤がドープされたII-VI族半導体を形成し、この液相反応終了後、高分子有機酸またはポリスチレンを添加する。
特開2000-104058 : 発光体の製造方法
井原優、五十嵐崇裕、楠木常夫、大野勝利、仙名保、磯部徹彦、小西美穂
【課題】ナノ構造結晶を有し、不活剤が良好にドープされ、高い発光効率を有するナノクリスタル蛍光体を製造し得る製造方法を提供する。発光体の製造方法を提供する。【解決手段】不活剤により不活した平均粒径2nm〜5nmのナノクリスタル蛍光体に対し、紫外線照射処理を施す。ナノクリスタル蛍光体は、共沈を利用した液相反応により合成する。例えば、溶媒中で酢酸マンガンと酢酸亜鉛とを硫化ナトリウムとともに反応させることにより、マンガンがドープされた硫化亜鉛ナノクリスタル蛍光体を合成する。液相反応の際には、アクリ...
WO00/58209 : ハイドロキシアパタイトの合成方法,ハイドロキシアパタイト複合体およびその製造方法
仙名 保、磯部 徹彦、金山 学
リン酸(H_3_PO_4_)水溶液に水酸化カルシウム(Ca(OH)_2_)粉末を分散させて原料混合スラリーを調製し、機械的回転体の遠心力に基づく剪断力および圧縮力を上記原料混合スラリーに付与することによりメカノケミカル摩砕処理を実施し、上記リン酸成分および水酸化カルシウム成分を常温・常圧で反応させることによりハイドロキシアパタイト(HAp)微結晶粉末を得ることを特徴とするハイドロキシアパタイトの合成方法である。上記構成によれば、常温・常圧下で、また簡単かつ短時間で、微細かつ粒径が均一なハイ...
WO00/58210 : リン酸カルシウム粉体の製造方法
柳 捷凡、仙名 保、磯部 徹彦、金山 学
本発明に係るリン酸カルシウム粉体の製造方法は、水酸化カルシウム粉体とリン酸水素カルシウム粉体とを、リンに対するカルシウムのモル比(Ca/P)が1.45〜1.72となるように配合して原料体を調製する工程と、得られた原料体を混合粉砕処理してソフトメカノケミカル複合化反応を生起せしめてリン酸カルシウム前駆体を調製する工程と、得られた前駆体を600℃以上の温度で熱処理することによりリン酸カルシウム粉体を調製する工程とを有することを特徴とする。本発明によれば、製造工程が簡素であり製造コストを大幅に低...
特開2000-317682 : はんだ粉末とその製造方法、およびソルダーペースト
平田昌彦、大橋孝司、吉田久彦、野口博司、久角隆雄、仙名保、磯部徹彦
【課題】 Snとともに反応性が高いZnを含んでいながらも、はんだ付け性が良好であって、フラックス中の活性成分と合金成分との反応が抑制され、実用性に優れた鉛フリーのはんだ粉末およびソルダーペーストを提供する。【解決手段】 Sn、Zn、さらにBi等を含むはんだ粉末の表面に、ステアリン酸銅等の有機酸塩を付着させる。また、フラックスに0.5~10重量%の非イオン性界面活性剤を添加する。有機酸塩は、連続的に落下するはんだ粉末に有機酸塩で飽和した溶液を吹き付けるこ
とにより、またはこの溶液にはんだ粉末...