松下 温

J-GLOBALへ         更新日: 07/09/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
松下 温
 
マツシタ ユタカ
URL
http://www.teu.ac.jp/on/
所属
旧所属 東京工科大学 コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科
職名
教授,学部長
学位
工学博士(慶應義塾大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1963年
 - 
1967年
沖電気工業研究所
 
1967年
 - 
1969年
Univ. of Illinois米国イリノイ大学大学院
 
1969年
 - 
1989年
沖電気工業研究所
 
1989年
 - 
2001年
Keio university Professor慶応義大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1968年
イリノイ大学大学院 コンピュータサイエンス コンピュータサイエンス
 
 
 - 
1978年
慶應義塾大学 工学研究科 理工学研究科
 
 
 - 
1963年
慶應義塾大学 工学部 
 

委員歴

 
1991年
 - 
1992年
情報処理学会  学会誌編集担当理事,マルチメディア通信と分散処理研究会委員長,グループウェア研究会委員長,副会長
 
1991年
 - 
1992年
電子情報通信学会  ITS研究会委員長,情報システムグループ運営委員副委員長,情報ネットワーク研究会委員長
 

受賞

 
1993年
情報処理学会ベストオーサー賞
 
1993年
情報処理学会研究賞
 
1996年
情報処理学会論文賞「臨場感のある多地点会議システム : MAJIC」
 
2000年
情報処理学会論文賞
 
2001年
情報処理学会功績賞
 

Misc

 
図解グループウェア入門
オーム社      1991年
漢字かな混じり交換システム
情報処理学会誌   15(1)    1974年
分散処理技術の新課題
電子情報通信学会論文誌   J74-B-1(11)    1991年
ファジイ検索のための平均演算子による曖味属性の生成
日本ファジイ学会論文誌   4(2)    1992年
発言と行動の管理に基づいた共同作業支援電子メイルPilotmail
情報処理学会論文誌   33(7)    1992年

書籍等出版物

 
ソフトウェア工学
産報   1976年   
コンピュータ・ネットワーク
培風館   1983年   
ローカルエリア・ネットワーク入門
近代科学社   1984年   
VAN=電気通信戦争のゆくえ
培風館   1985年   
人工知能の実際
フジテクノシステム   1986年   

Works

 
光ICカードを用いた地方行政サービスの電子化
1996年 - 2001年
慶応義塾大学都市コミュニティ研究成果展開事業
1999年
遠隔講義に関する研究
2000年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
グループウェア,協調作業の支援
計算機ネットワーク
ヒューマン・コンピュータインタフェース
風と香りのインタフェース