須貝 威

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/01 03:07
 
アバター
研究者氏名
須貝 威
 
スガイ タケシ
eメール
sugaipha.keio.ac.jp
URL
http://www.pha.keio.ac.jp/laboratory/laboratory01.html
所属
慶應義塾大学
部署
薬学部 薬科学科
職名
教授
学位
農学(東京大学)
科研費研究者番号
60171120

研究分野

 
 

経歴

 
1984年4月
 - 
1988年3月
東京大学農学部文部教官助手
 
1988年4月
 - 
1993年3月
慶應義塾大学(理工学部)、助手
 
1991年8月
 - 
1992年9月
Scripps研究所、研究員を兼務
 
1993年4月
 - 
1997年3月
慶應義塾大学(理工学部)、専任講師
 
1994年10月
 - 
1995年3月
茨城大学大学院(生物化学工学特別講義)、非常勤講師
 

学歴

 
1981年3月
   
 
東京大学 農学部 農芸化学科
 
1983年3月
   
 
東京大学 農学系研究科 農芸化学専門課程
 
1984年3月
   
 
東京大学 農学系研究科 農芸化学専門課程
 

委員歴

 
2003年1月
 - 
現在
Current Organic Synthesis  Editorial Advisory Board
 
2003年1月
 - 
現在
Mini-Reviews in Organic Chemistry  Editorial Advisory Board
 
2004年4月
 - 
現在
日本化学会  化学教育協議会大学入試21WG委員
 
2001年3月
 - 
現在
日本農芸化学会  日本農芸化学会誌編集幹事
 
1999年4月
 - 
現在
日本糖質学会  評議員
 

受賞

 
2000年6月
Department of Environmental Protection, USA, Presidential 2000 Green Chemistry Challenge Award, as a co-recipient of the honoring C.-H. Wong Enzymes in Large-scale Organic Synthesis
受賞者: Takeshi Sugai
 
1994年4月
日本農芸化学会 農芸化学奨励賞 生体触媒を利用する不斉合成と物質生産への応用
 

論文

 
Chemoenzymatic Synthesis of Hydroxytyrosol Monoesters and Their Suppression Effect on Nitric Oxide Production Stimulated by Lipopolysaccharides
A. Sakakura, M. Pauze, A. Namiki, M. Funakoshi-Tago, H. Tamura, K. Hanaya, S. Higashibayashi, T. Sugai
Biosci. Biotechnol. Biochem.   83 185-191   2019年2月   [査読有り]
Synthesis of 5-Hydroxy-3’,4’,7-trimethoxyflavone (HTMF) and Related Compounds and Elucidation of Their Reversal Effects on BCRP/ABCG2-Mediated Anticancer Drug Resistance
R. Tsunekawa, K. Katayama,. K. Hanaya, S. Higashibayashi, Y. Sugimoto, T. Sugai
ChemBioChem   20 210-220   2019年1月   [査読有り]
Preparation of Menisdaurigenin and Related Compounds
R. Shirakawa, S. Ishikawa; M. Takahashi, Y. Ueno, Y. Uekusa, Y. Narukawa. T. Sugai, F. Kiuchi
J. Nat. Med.   73 236-243   2019年1月   [査読有り]
Dearomative Oxidative Rearrangement of [3]Cyclo-1,8-carbazolylene
M. Yasui, H. Ohtsu, M. Kawano, K. Hanaya, T. Sugai, S. Higashibayashi
Chem. Lett.   47 1357-1359   2018年11月   [査読有り]
Synthesis of Trilobatin from Naringin via Prunin as the Key Intermediate: Acidic Hydrolysis of the α-Rhamnosidic Linkage in Naringin under Improved Conditions
K. Kurahayashi, K. Hanaya, S. Higashibayashi, T. Sugai
Biosci. Biotechnol. Biochem.   82 1463-1467   2018年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
“Future Directions in Biocatalysis (Second Edition)”
R. Tsunekawa, K. Hanaya, M. Shoji, T. Sugai (担当:共著, 範囲:279–295)
T. Matsuda, ed., Elsevier   2017年8月   
“Comprehensive Organic Synthesis II (Second Edition) Volume 2: Additions to C–X Π-Bonds, Part 2”
T. Sugai, K. Fushuku (担当:共著, 範囲:512–522)
P. Knochel, G. A. Molander, eds., Elsevier   2014年1月   
Practical Methods for Biocatalysis and Biotransformations
T. Sugai, A. Fujino, H. Yamaguchi, M. Ikunaka (担当:共著, 範囲:190-198)
J. Whittal, P. W. Sutton, eds., Wiley   2009年12月   
Glycoscience: Chemistry and Chemical Biology
T. Sugai, T. Kajimoto (担当:共著, 範囲:907-1021)
Springer-Verlag GmbH, Berlin Heidelberg New York (B. O. Fraser-Reid, K. Tatsuta, J. Thiem eds.)   2001年12月   
単糖類の化学・酵素合成における最近の進歩について解説した。
Enzymes in Nonaqueous Solvents; Methods and Protocols, Methods in Biotechnology
Springer   2001年10月   
界面バイオリアクターを用いる、微生物物質変換反応について著者らの成果を中心に解説した。

講演・口頭発表等

 
New Entries for Transformation of Carbohydrates towards the Synthesis of Bioactive Compounds [招待有り]
T. Sugai
2018 Frontiers in Chemical Biology   2018年8月1日   
Enzyme-catalyzed Asymmetric Reduction of Cyclic Ketoesters and Application to Natural Product Synthesis [招待有り]
T. Sugai, K. Kuwata, R. Tsunekawa, R. Fujita
The 13th Yonsei CBMH-Keio LCC Joint Symposium   2017年10月13日   
The Complementary and Integrated Chemo-enzymatic Processes for Fine Chemical Syntheses (Invited Lecture) [招待有り]
T. Sugai, Y. Yamashita, Y. Niitsu, M. Hamada, C. Hiraoka, T. Higashi, M. Shoji
The 14th Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering   2012年2月23日   
カルバ糖およびDHMEQを題材に、リパーゼによる位置および立体選択的変換について最新の成果を報告した。
Chemo-enzymatic approaches towards both enatiomers of dehydroxymethylepoxy-quinomicin (DHMEQ) (Selected Oral Presentation)
T. Sugai, C. Hiraoka, M. Hamada, Y. Niitsu, R. Kobayashi, K. Nakagawara, T. Seki, M. Suzuki, Y. Yamashita, T. Higashi, M. Shoji, K. Umezawa
10th International Symposium on Biocatalysis and Biotransformations   2011年10月6日   
DHMEQを題材に、リパーゼによる位置および立体選択的変換について最新の成果を報告した。
Regio- and stereoselective lipase-catalyzed reactions on sugars and carbasugars (Invited Lecture) [招待有り]
M. Hamada, Y. Ueda, N. Chishima, J. Calveras, T. Higashi, M. Shoji, T. Sugai
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies   2010年12月19日   
glucal誘導体およびカルバ糖、さらにはDHMEQを題材に、リパーゼによる位置および立体選択的変換について最新の成果を報告した。

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
微生物酵素触媒を活用する効率的有機合成
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 須貝 威
温和な条件下優れた活性を示し、高い立体・位置・官能基選択性で反応が進行、かつ、化学触媒に比べ製造速度が格段に速い酵素を一層活用することを目標に、化学-酵素複合合成を検討した。具体的成果として、位置選択性を活用し、フェノール性生物活性物質アルテピリンC、セリノン、アストリンギンを合成した。反応媒体として水を使わず、酸・塩基の影響を受けにくいエステル交換は光学分割にも有用であり、(R)-3-ヒドロキシ-N-メチルピペリジンを、ラセミ体の速度論的光学分割により調製した。さらに、遠隔不斉認識能を明...

社会貢献活動

 
化学情報協会
【】  2001年4月 - 2002年3月