八木田 秀雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/20 14:06
 
アバター
研究者氏名
八木田 秀雄
 
ヤギタ ヒデオ
所属
順天堂大学
部署
医学部
職名
助教授,先任准教授
学位
薬学博士(東北大学), 薬学修士(東北大学)

研究分野

 

経歴

 
2014年
   
 
順天堂大学 医学部 准教授
 
1985年
 - 
1987年
 順天堂大学医学部助手
 
1987年
 - 
1988年
 順天堂大学医学部講師
 

学歴

 
 
 - 
1985年
東北大学 薬学研究科 薬学
 
 
 - 
1980年
東北大学 薬学部 薬学
 

受賞

 
2000年
高松宮妃癌研究基金研究助成金
 
2001年
Human Frontier Science Program Research Grant
 
2003年
ISI Highly Cited Researchers
 

論文

 
Murai Shin, Yamaguchi Yoshifumi, Shirasaki Yoshitaka, Yamagishi Mai, Shindo Ryodai, Hildebrand Joanne M., Miura Ryosuke, Nakabayashi Osamu, Totsuka Mamoru, Tomida Taichiro, Adachi-Akahane Satomi, Uemura Sotaro, Silke John, Yagita Hideo, Miura Masayuki, Nakano Hiroyasu
NATURE COMMUNICATIONS   9    2018年10月   [査読有り]
Kim Terresa, Kim Sol, Song Minju, Lee Cindy, Yagita Hideo, Williams Drake W., Sung Eric C., Hong Christine, Shin Ki-Hyuk, Kang Mo K., Park No-Hee, Kim Reuben H.
AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   188(10) 2318-2327   2018年10月   [査読有り]
Gotot Janine, Dhana Ermanila, Yagita Hideo, Kaiser Romina, Ludwig-Portugall Isis, Kurts Christian
IMMUNOLOGY AND CELL BIOLOGY   96(8) 852-862   2018年9月   [査読有り]
Brennan Amelia J., Law Ruby H. P., Conroy Paul J., Noori Tahereh, Lukoyanova Natalya, Saibil Helen, Yagita Hideo, Ciccone Annette, Verschoor Sandra, Whisstock James C., Trapani Joseph A., Voskoboinik Ilia
CELL DEATH AND DIFFERENTIATION   25(8) 1517-1529   2018年8月   [査読有り]
Dufresne Sebastien S., Boulanger-Piette Antoine, Bosse Sabrina, Argaw Anteneh, Hamoudi Dounia, Marcadet Laetitia, Gamu Daniel, Fajardo Val A., Yagita Hideo, Penninger Josef M., Tupling A. Russell, Frenette Jerome
ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS   6    2018年4月   [査読有り]
Isobe Masamichi, Izawa Kumi, Sugiuchi Masahiro, Sakanishi Tamami, Kaitani Ayako, Takamori Ayako, Maehara Akie, Matsukawa Toshihiro, Takahashi Mariko, Yamanishi Yoshinori, Oki Toshihiko, Uchida Shino, Uchida Koichiro, Ando Tomoaki, Maeda Keiko, Nakano Nobuhiro, Yagita Hideo, Takai Toshiyuki, Ogawa Hideoki, Okumura Ko, Kitamura Toshio, Kitaura Jiro
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   293(10) 3793-3805   2018年3月   [査読有り]
Hashiramoto Akira, Konishi Yoshitake, Murayama Koichi, Kawasaki Hiroki, Yoshida Kohsuke, Tsumiyama Ken, Tanaka Kimie, Mizuhara Masaru, Shiotsuki Toshio, Kitamura Hitomi, Komai Koichiro, Kimura Tomoatsu, Yagita Hideo, Shiozawa Kazuko, Shiozawa Shunichi
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   293(6) 1933-1943   2018年2月   [査読有り]
Ohtsuji Mareki, Lin Qingshun, Okazaki Hideki, Takahashi Kazuko, Amano Hirofumi, Yagita Hideo, Nishimura Hiroyuki, Hirose Sachiko
ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY   20    2018年2月   [査読有り]
Giwa Adebola, Ahmed Rizwan, Donner Thomas, Yagita Hideo, Hamad Abdel Rahim A.
FRONTIERS IN IMMUNOLOGY   8    2017年11月   [査読有り]
Ahern Elizabeth, Harjunpaa Heidi, Barkauskas Deborah, Allen Stacey, Takeda Kazuyoshi, Yagita Hideo, Wyld David, Dougall William C., Teng Michele W. L., Smyth Mark J.
CLINICAL CANCER RESEARCH   23(19) 5789-5801   2017年10月   [査読有り]

Misc

 
Expression of T cell/transmembrane, immunoglobulin, and mucin (TIM)-4 in normal cornea and corneal grafts
Takeda Ayaka, Taniguchi Hiroko, Kunishige Tomoyuki, Akiba Hisaya, Yagita Hideo, Hori Junko
INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   59(9)    2018年7月   [査読有り]
Uchida Koichiro, Yin Enzhi, Fujimoto Keiichi, Bashuda Hisashi, Takeda Kazuyoshi, Mejima Mio, Yagita Hideo, Okumura Ko
TRANSPLANTATION   102 S732   2018年7月   [査読有り]
胎生期卵巣におけるNR5A1/Ad4BP/SF1の転写抑制はNotchシグナルを介した卵巣発生の最適化に必要である
野村 莉紗, 鈴木 仁美, Zhao Liang, 辻 敦美, 金井 克晃, 八木田 秀雄, 森尾 友宏, 金井 正美, 鹿島田 健一
日本内分泌学会雑誌   94(1) 320-320   2018年4月
Cell death of activated lymphocytes and lymphoma/leukemia cells induced by MHC class I and II mAb. (Anapocosis)
Matsuoka Shuji, Mizutani Natsuko, Yagita Hideo, Takamatsu Hiroyuki, Hino Okio
CANCER SCIENCE   109 546   2018年1月   [査読有り]
Sunitinib improves tumor microenvironment and augments the T cell infiltration and the effect of immunotherapy by DR-5
Tsukita Yoko, Okazaki Tatsuma, Sato Yasufumi, Yagita Hideo, Ichinose Masakazu
CANCER SCIENCE   109 120   2018年1月   [査読有り]
Natural and induced iNKT regulation of intestinal tumor immunity
Wang Ying, Sedimbi Saikiran, Lofbom Linda, Singh Avadhesh K., Porcelli Steven A., Yagita Hideo, Cardell Susanna L.
SCANDINAVIAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY   86(4) 262   2017年10月   [査読有り]
スニチニブは腫瘍の微小環境を改善してエフェクターT細胞を浸潤させDR-5を介した抗腫瘍免疫療法の効果を増強する
突田 容子, 岡崎 達馬, 佐藤 靖史, 八木田 秀雄, 一ノ瀬 正和
日本癌学会総会記事   76回 E-1057   2017年9月
抗体医薬開発の新しい戦略 抗MHC class I,II抗体による活性化リンパ球と悪性リンパ腫、ATL細胞、患者DLBCL細胞のアナポコーシス細胞死
松岡 周二, 水谷 奈津子, 八木田 秀雄, 高松 博幸, 樋野 興夫
日本癌学会総会記事   76回 S11-6   2017年9月
抑制性細胞により誘導される移植トレランスの免疫維持機構について
内田 浩一郎, 場集田 寿, 竹田 和由, 殷 恩智, 藤本 啓一, 内山 雅照, 北浦 次郎, 八木田 秀雄, 垣生 園子, 奥村 康
移植   52(総会臨時) 527-527   2017年8月
Schrand Brett, Verma Bhavna, Levay Agata, Patel Shradha, Castro Iris, Benaduce Ana Paula, Brenneman Randall, Umland Oliver, Yagita Hideo, Gilboa Eli, Ishkanian Adrian
CANCER RESEARCH   77    2017年7月   [査読有り]
Role of B7-H3/TLT-2 pathway in immune privilege of corneal allografts
Taniguchi Hiroko, Hase Hidenori, Akiba Hisaya, Yagita Hideo, Azuma Miyuki, Hori Junko
INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   58(8)    2017年6月   [査読有り]
Tsukita Yoko, Okazaki Tatsuma, Komatsu Riyo, Nihei Mayumi, Kobayashi Makoto, Sato Yasufumi, Yagita Hideo, Ichinose Masakazu
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35    2017年5月   [査読有り]
好塩基球、マスト細胞、IgE産生 腸管マスト細胞の形質発現におけるNotchシグナルの寄与
中野 信浩, 北浦 次郎, 西山 千春, 八木田 秀雄, 奥村 康, 小川 秀興
アレルギー   66(43195) 595-595   2017年5月
Muraoka Daisuke, Harada Naozumi, Seo Naohiro, Hayashi Tae, Fujii Keisuke, Yamaguchi Rui, Imoto Seiya, Miyano Satoru, Yagita Hideo, Akiyoshi Kazunari, Shiku Hiroshi
CANCER IMMUNOLOGY RESEARCH   5(3)    2017年3月   [査読有り]
抗汎MHCモノクローナル抗体はリンパ腫やATLの細胞株だけでなく、患者の白血化したリンパ腫細胞もアナポコーシスで殺した
松岡 周二, 石井 保之, 高松 博幸, 長谷川 寛雄, 水谷 奈津子, 八木田 秀雄, 樋野 興夫
日本癌学会総会記事   75回 E-3057   2016年10月
腫瘍マクロファージへの抗原輸送は免疫チェックポイント抵抗性腫瘍を治癒へと導く
村岡 大輔, 瀬尾 尚宏, 原田 直純, 藤井 啓介, 上村 光弘, 井元 清哉, 山口 類, 宮野 悟, 八木田 秀雄, 秋吉 一成, 珠玖 洋
日本癌学会総会記事   75回 J-1040   2016年10月
抗血管新生と抗リンパ管新生療法の組み合わせは抗腫瘍免疫療法の効果を増強する
突田 容子, 岡崎 達馬, 八木田 秀雄, 一ノ瀬 正和
日本癌学会総会記事   75回 P-2126   2016年10月
複数標的分子に対する抗体併用と免疫チェックポイント分子阻害による治療効果の増強
寺嶋 一真, 田中 護, 今井田 拓也, 上田 詩歩, 八木田 秀雄, 益子 高
日本癌学会総会記事   75回 P-3200   2016年10月
Expression of ICOS and Foxp3 on T cells infiltrating in corneal allografts
Taniguchi Hiroko, Kunishige Tomoyuki, Akiba Hisaya, Yagita Hideo, Abe Ryo, Hori Junko
INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   57(12)    2016年9月   [査読有り]
Anti-CD272 antibody (6B2) induced prolongation of fully MHC-mismatched murine cardiac allograft and generation of Foxp3+regulatory T cells
Uchiyama Masateru, Yin Enzhi, Jin Xiangyuan, Yanangisawa Takako, Mizuno Satoko, Yagita Hideo, Niimi Masanoti
TRANSPLANTATION   100(7) S499   2016年7月   [査読有り]
複合的がん免疫療法-複合/併用療法の科学的基盤と開発戦略- 免疫チェックポイント阻害療法不応答性腫瘍を標的とした治療戦略の検討
村岡 大輔, 瀬尾 尚宏, 林 妙, 藤井 啓介, 原田 直純, 井元 清哉, 山口 類, 上村 光弘, 宮野 悟, 八木田 秀雄, 秋吉 一成, 珠玖 洋
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   20回 68-69   2016年6月
変異抗原の免疫原性は腫瘍局所における炎症反応を誘導し免疫チェックポイント療法に対する応答性を規定する
村岡 大輔, 瀬尾 尚宏, 林 妙, 藤井 啓介, 原田 直純, 井本 清哉, 山口 類, 上村 光弘, 宮野 悟, 八木田 秀雄, 珠玖 洋
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   20回 158-158   2016年6月
Dual Blockade of OX40 and CD30 Signaling Reduces Memory Th2-driven Lung Inflammatory Responses to House Dust Mite Allergen
Gracias Donald Tom, Mehta Amit Kumar, Yagita Hideo, Croft Michael
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   196    2016年5月   [査読有り]
Field Cameron S., Hunn Martin K., Ferguson Peter M., Yagita Hideo, Hermans Ian F., Ancelet Lindsay R.
CANCER IMMUNOLOGY RESEARCH   4(1)    2016年1月   [査読有り]
The Notch Ligand DLL4 Derived from Human Dendritic Cells Is Critical for Promoting T Helper (Th)1 and Th17 Cell Differentiation
Meng Lijun, Bai Zhenjiang, He Shan, Mochizuki Kazuhiro, Purushe Janaki, Sun Hongxing, Wang Jian, Yagita Hideo, Mineishi Shin, Fung Henry, Yanik Gregory A., Caricchio Roberto, Fan Xiaoxuan, Crisalli Lisa M., Reshef Ran, Zhang Yanyun, Zhang Yi
BLOOD   126(23)    2015年12月   [査読有り]
Programming of Donor T Cells Using Allogeneic Delta-like Ligand 4-Positive Dendritic Cells to Reduce Gvhd but Retain GVL Activity
Mochizuki Kazuhiro, Meng Lijun, Mochizuki Izumi, Tong Qing, He Shan, Liu Yongnian, Purushe Janaki, Sun Hongxing, Fung Henry, Zaidi Raza, Reshef Ran, Blazar Bruce R., Yagita Hideo, Mineishi Shin, Zhang Yi
BLOOD   126(23)    2015年12月   [査読有り]
PD-1 Signaling Has a Critical Role in Maintaining Regulatory T Cell Homeostasis; Implication for Treg Depletion Therapy By PD-1 Blockade
Asano Takeru, Kishi Yuriko, Meguri Yusuke, Yoshioka Takanori, Iwamoto Miki, Maeda Yoshinobu, Yagita Hideo, Tanimoto Mitsune, Koreth John, Ritz Jerome, Matsuoka Ken-Ichi
BLOOD   126(23)    2015年12月   [査読有り]
がん細胞特異的細胞死誘導分子の局在に着目した分子標的がん治療の新たな展開
小島 裕子, 仁科 隆史, 中野 裕康, 八木田 秀雄, 奥村 康, 竹田 和由
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P1065]-[2P1065]   2015年12月
VISTAとCTLA-4コンビネーション阻害は、腫瘍浸潤CD8+ T細胞の多機能性を強化する
近藤 雄太, 大野 建州, Bhingare AC, 八木田 秀雄, 原田 清, 東 みゆき
日本癌学会総会記事   74回 J-1159   2015年10月
腫瘍局所の炎症度と抗チェックポイント抗体の治療効果は新生抗原の免疫原性に依存する
村岡 大輔, 瀬尾 尚弘, 林 妙, 原田 直純, 上村 光弘, 山口 類, 井元 清哉, 宮野 悟, 八木田 秀雄, 珠玖 洋
日本癌学会総会記事   74回 J-1162   2015年10月
免疫チェックポイント分子制御によるNK細胞のADCC活性の検討
田中 護, 寺嶋 一真, 今井田 拓也, 阿部 真也, 上田 詩歩, 八木 秀樹, 八木田 秀雄, 益子 高
日本癌学会総会記事   74回 P-2101   2015年10月
Navet Benjamin, Ando Kosei, Yagita Hideo, Mueller Christopher G., Heymann Dominique, Lezot Frederic
CANCER RESEARCH   75    2015年8月   [査読有り]
Finnberg Niklas K., Gokare Prashanth, Navaraj Arunasalam, Kuhs Krystle A. Lang, Cerniglia George, Yagita Hideo, Takeda Kazuyoshi, Motoyama Noboru, El-Deiry Wafik S.
CANCER RESEARCH   75    2015年8月   [査読有り]
Lezot Frederic P., Navet Benjamin, Choi YongWon, Yagita Hideo, Berdal Ariane, Mueller Christopher G., Redini Francoise, Heymann Dominique
CANCER RESEARCH   75    2015年8月   [査読有り]
FasL-expressing B cells are major players in type 1 diabetes
Saxena Ankit, Xiao Zuoxiang, Yagita Hideo, Larman Ben, Donner Thomas, Hamad Abdel Rahim
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   194    2015年5月   [査読有り]
Type I interferons promote lupus through disruption of the lymphotoxin receptor mediated mechanosensing MKL1 pathway in marginal zone macrophages
Mountz John, Li Hao, Hsu Hui-Chen, Zhou Yong, Wu Qi, Yang PingAr, Li Jun, Luo Bao, Morel Laurence, Ware Carl, Fu Yang, Yagita Hideo
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   194    2015年5月   [査読有り]
Tumour necrosis factor-related apoptosis inducing ligand promotes the development of experimental chronic obstructive pulmonary disease
Hansbro Philip, Haw Tatt, Nair Prema, Hanish Irwan, Nguyen Duc, Liu Gang, Inman Mark, Kim Richard, Collison Adam, Knight Darryl, Yagita Hideo, Mattes Joerg, Horvat Jay, Starkey Malcolm
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   194    2015年5月   [査読有り]
好酸球/肥満細胞・好塩基球 Notchシグナルによるマスト細胞のTh2サイトカイン産生増強メカニズムの解析
中野 信浩, 西山 千春, 八木田 秀雄, 奥村 康, 小川 秀興
アレルギー   64(43163) 503-503   2015年4月
Enhanced Expression of PD-1 Modulates CD4+Foxp3+Regulatory T Cell Homeostasis during Low-Dose IL-2 Therapy in Patients with Chronic Graft-Versus-Host Disease
Asano Takeru, Kim Haesook T., Koreth John, Soiffer Robert J., Meguri Yusuke, Yoshioka Takanori, Yagita Hideo, Tanimoto Mitsune, Ritz Jerome, Matsuoka Ken-ichi
BLOOD   124(21)    2014年12月   [査読有り]
Marriott Clare L., Ferreira Cristina, Veldhoen Marc, Yagita Hideo, Withers David R.
SCANDINAVIAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY   80(3) 226   2014年9月   [査読有り]
実験的自己免疫性ぶどう膜炎発症におけるVLA-4とLFA-1の関与
石田 わか, 原田 陽介, 福田 憲, 八木田 秀雄, 福島 敦樹
眼科臨床紀要   7(9) 737-737   2014年9月
マウス大腸癌皮下腫瘍モデルに対する抗4-1BB抗体/抗PD-1抗体を用いた癌免疫療法
新藤 芳太郎, 吉村 清, 倉増 敦朗, 伊藤 秀明, 小賀 厚徳, 前田 訓子, 吉野 茂文, 硲 彰一, 玉田 耕治, 八木田 秀雄, 岡 正朗
日本癌学会総会記事   73回 J-3045   2014年9月
抗panHLAclassII抗体はホジキン、バーキットリンパ腫、ATL細胞に巨大孔をあけて補体、カスペース非依存的に殺す
松岡 周二, 水谷 奈津子, 八木田 秀雄, 樋野 興夫
日本癌学会総会記事   73回 P-3183   2014年9月
新規免疫チェックポイント分子VISTAに対する抗体の抗腫瘍効果
近藤 雄太, 大野 建州, 張 晨陽, 八木田 秀雄, 原田 清, 東 みゆき
日本癌学会総会記事   73回 P-3194   2014年9月
マウス大腸癌皮下腫瘍モデルに対する抗4-1BB抗体/抗PD-1抗体を用いた癌免疫療法
新藤 芳太郎, 吉村 清, 倉増 敦朗, 伊藤 秀明, 渡邊 裕策, 前田 訓子, 小賀 厚徳, 吉野 茂文, 硲 彰一, 玉田 耕治, 八木田 秀雄, 岡 正朗
山口医学   63(3) 233-233   2014年8月
マウス大腸癌皮下腫瘍モデルに対する抗4-1BB抗体と抗PD-1抗体を併用した癌免疫療法
新藤 芳太郎, 吉村 清, 倉増 敦朗, 渡邊 裕策, 前田 祥成, 吉野 茂文, 硲 彰一, 八木田 秀雄, 玉田 耕治, 岡 正朗
日本消化器外科学会総会   69回 P-22   2014年7月
Programmed Death 1(PD-1)陽性脂肪組織T細胞の標的化による脂肪炎症とインスリン抵抗性の改善
白川 公亮, 佐野 元昭, 遠藤 仁, 玉城 香代子, 伊藤 健太郎, 山本 恒久, 勝俣 良紀, 安西 淳, 松橋 智弘, 福田 恵一, 森本 耕吉, 渡邊 光博, 八木田 秀雄, 新村 健
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   14回 315-315   2014年6月
マウス大腸癌皮下腫瘍モデルに対する抗4-1BB抗体/抗PD-1抗体を用いた癌免疫療法
新藤 芳太郎, 吉村 清, 倉増 敦朗, 渡邊 裕策, 前田 祥成, 吉野 茂文, 硲 彰一, 玉田 耕治, 八木田 秀雄, 岡 正朗
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   18回 128-128   2014年6月
Condamine Thomas, Kumar Vinit, Ramachandran Indu, Youn Je-In, Celis Esteban, Finnberg Niklas, El-Deiry Wafik, Winograd Rafael, Vonderheide Robert, English Nickolas, Knight Stella, Yagita Hideo, Mccaffrey Judith, Antonia Scott, Hockstein Neil, Witt Robert, Masters Gregory, Bauer Thomas, Gabrilovich Dmitry
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   192    2014年5月   [査読有り]
TNF receptor superfamily costimulation couples TCR signal strength to thymic Treg differentiation
Farrar Michael, Mahmud Shawn, Manlove Luke, Schmltz Heather, Xing Yan, Wang Yanyan, Owen David, Schenkel Jason, Boomer Jonathan, Green Jonathan, Yagita Hideo, Chi Hongbo, Hogquist Kristin
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   192    2014年5月   [査読有り]
NOTCH2 SIGNALING AMELIORATES NEPHROSIS AND GLOMERULOSCLEROSIS
Eriko Tanaka, Katsuhiko Asanuma, Masatoshi Takagi, Akemi Koyanagi, Shuki Mizutani, Hideo Yagita, Yasuhiko Tomino
NEPHROLOGY   19 49   2014年5月   [査読有り]
Suzui Masatoshi, Ichinose Masashi, Takeda Kazuyoshi, Yagita Hideo, Shek Pang N., Shephard Roy J., Okumura Ko
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   46(5) 917   2014年5月   [査読有り]
抗PD-1抗体と抗4-1BB抗体を併用した癌免疫療法
新藤 芳太郎, 吉村 清, 渡邊 裕策, 松井 洋人, 前田 祥成, 前田 訓子, 鈴木 伸明, 吉野 茂文, 硲 彰一, 八木田 秀雄, 岡 正朗
日本外科学会雑誌   115(臨増2) 459-459   2014年3月
McGrath Martina, Guleria Indira, Tripathi Sudipta, Yeung Melissa, Dakle Pranal, Chabtini Lola, Smith Brian, Najafian Nader, Akiba Hisaya, Yagita Hideo
AMERICAN JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNECOLOGY   210(1) S397   2014年1月   [査読有り]
Clostridium butyricum Induces Intestinal IL-10-Produincg Macrophages to Suppress Acute Colitis
Hayashi Atsushi, Kanai Takanori, Mikami Yohei, Sujino Tomohisa, Mizuno Shinta, Handa Tango, Matsumoto Atsuhiro, Matsuoka Katsuyoshi, Sato Toshiro, Hisamatsu Tadakazu, Yagita Hideo, Hibi Toshifumi
DIGESTION   89(1) 84-85   2014年   [査読有り]
Host Tissue PD-1 Pathway Contribute To Murine Chronic Graft-Versus-Host Disease Via Th1+Th17+Cells
Fujiwara Hideaki, Maeda Yoshinobu, Kobayashi Koichiro, Nishimori Hisakazu, Matsuoka Ken-ichi, Azuma Miyuki, Yagita Hideo, Chen Lieping, Tanimoto Mitsune
BLOOD   122(21)    2013年11月   [査読有り]
腫瘍内マクロファージにおけるTIM-4とAMPKα1相互作用を介したオートファジー活性は抗腫瘍免疫応答抑制に寄与する
地主 将久, バグダディー・ムハマド, 米田 明弘, 吉山 裕規, 八木田 秀雄
日本癌学会総会記事   72回 145-145   2013年10月
TIM-3とTIM-4の阻害は腫瘍に対するがんワクチンの治療効果を増強する
バグダーディ・ムハンマド, 吉山 裕規, 八木田 秀雄, 秋田 弘俊, 地主 将久
日本癌学会総会記事   72回 149-149   2013年10月
抗BTLA(B and T Lymphocyte Attenuator)抗体(3C10)によるマウス心臓移植片の生着延長効果とIL-10依存性CD4+制御性T細胞の誘導
内山 雅照, 金 相元, 下川 智樹, 場集田 寿, 八木田 秀雄, 新見 正則
脈管学   53(Suppl.) S192-S192   2013年9月
抗BTLA抗体(6B2)と抗PD-1抗体(PIM-2)の混合投与によるマウス心臓移植片の生着延長効果と制御性T細胞の誘導
内山 雅照, 金 相元, 下川 智樹, 場集田 寿, 八木田 秀雄, 新見 正則
脈管学   53(Suppl.) S192-S192   2013年9月
T細胞不活化経路の臨床的意義および新規消化器癌治療の可能性
庄 雅之, 赤堀 宇広, 野見 武男, 山戸 一郎, 西和田 敏, 安田 里司, 八木田 秀雄, 中島 祥介
日本癌治療学会誌   48(3) 911-911   2013年9月
Notch2 ameliorates nephrosis and glomerulosclerosis through Akt pathway
Tanaka Eriko, Asanuma Katsuhiko, Kim Eunhee, Oliva Trejo Juan Alejandro, Nonaka Kanae, Koyanagi Akemi, Takagi Msatoshi, Mizutani Shuki, Yagita Hideo, Tomino Yasuhiko
PEDIATRIC NEPHROLOGY   28(8) 1438-1439   2013年8月   [査読有り]
がん免疫の最前線(臨床的立場、橋渡し的立場、基礎研究) がんに対する免疫賦活化抗体療法
八木田 秀雄
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   29回 58-58   2013年8月
抗4-1BB抗体/抗PD-1抗体を用いた癌免疫療法
新藤 芳太郎, 吉村 清, 倉増 敦朗, 渡邊 裕策, 前田 祥成, 吉野 茂文, 硲 彰一, 八木田 秀雄, 玉田 耕治, 岡 正朗
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   17回 147-147   2013年7月
PD-1とVEGFR2の同時阻害による相乗的坑腫瘍効果
安田 里司, 庄 雅之, 山戸 一郎, 長井 美奈子, 木下 正一, 北東 大督, 赤堀 宇広, 野見 武男, 八木田 秀雄, 中島 祥介
日本消化器外科学会総会   68回 P-144   2013年7月
AOM/DSS誘発マウス大腸発癌モデルを用いた癌免疫抗体療法の基盤的研究
新藤 芳太郎, 吉村 清, 倉増 敦朗, 渡邊 裕策, 吉野 茂文, 硲 彰一, 八木田 秀雄, 玉田 耕治, 岡 正朗
日本消化器外科学会総会   68回 RS-62   2013年7月
Dual functions of PD-1 in CD4+T cell responses by sublingual mucosa-mediated antigen application
Ohno Tatsukuni, Zhang Chenyang, Yagita Hideo, Azuma Miyuki
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   190    2013年5月   [査読有り]
Clostridium Butyricum Regulates IL-10 Production in Normal and Inflammatory Conditions Through Different Target Cells
Hayashi Atsushi, Kanai Takanori, Sato Toshiro, Mikami Yohei, Matsuoka Katsuyoshi, Hisamatsu Tadakazu, Yoshimura Akihiko, Kamada Nobuhiko, Yagita Hideo, Hibi Toshifumi
GASTROENTEROLOGY   144(5) S895   2013年5月   [査読有り]
Effect Of OLL 1073R-1 Yogurt Intake On NK Cell Receptors During Intense Training
Suzui Masatoshi, Takeda Kazuyoshi, Nagatomi Ryoichi, Yagita Hideo, Okumura Ko, Ikegami Shuji, Ito Hiroyuki, Shek Pang N., Shephard Roy J.
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   45(5) 469   2013年5月   [査読有り]
Notch2アゴニスト抗体による糸球体硬化改善効果の検討
田中 絵里子, 淺沼 克彦, 佐々木 有, 関 卓人, Alejandro Oliva Trejo Juan, 野中 香苗, 浅尾 りん, 細江 佳子, 日高 輝夫, 水谷 修紀, 八木田 秀雄, 富野 康日己
日本腎臓学会誌   55(3) 321-321   2013年4月
膵癌の治療成績向上を目指した最新の基礎研究 膵癌におけるT細胞Negative Pathwayの意義と新規癌免疫治療の可能性
庄 雅之, 野見 武男, 山戸 一郎, 西和田 敏, 赤堀 宇広, 安田 里司, 八木田 秀雄, 中島 祥介
日本外科学会雑誌   114(臨増2) 329-329   2013年3月
Bransi Ali, Yagita Hideo, Knuth Alexander, van den Broek Maries
CANCER RESEARCH   73    2013年1月   [査読有り]
Gupta Anurag K., Probst Hans Christian, Van Vuong, Landshammer Alexandro, Muth Sabine, Yagita Hideo, Schwendener Reto, Pruschy Martin, Knuth Alexander, van den Broek Maries
CANCER RESEARCH   73    2013年1月   [査読有り]
Radiotherapy combined with multiple immune-modulatory antibodies ('radio-immunotherapy') cures mice bearing established mammary tumours
Verbrugge Inge, Hagekyriakou Jim, Sharp Leslie L., Galli Mara, West Alison, McLaughlin Nicole M., Duret Helene, Yagita Hideo, Johnstone Ricky W., Smyth Mark J., Haynes Nicole M.
INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   32 S19   2013年   [査読有り]
Notch Signaling by Delta-Like 4 In Macrophages Contributes to Lesion Formation after Vascular Injury
Fukuda Daiju, Yagita Hideo, Aikawa Masanori
CIRCULATION   126(21)    2012年11月   [査読有り]
Identification of Previously Uncharacterized Delta 4-Positive Inflammatory Plasmacytoid Dendritic Cells That Play Important Roles in Eliciting Graft-Versus-Host Disease in Mice
Mochizuki Kazuhiro, Xie Fang, He Shan, Tong Qing, Liu Yongnian, Guo Yajun, Kato Koji, Yagita Hideo, Mineishi Shin, Zhang Yi
BLOOD   120(21)    2012年11月   [査読有り]
Regulatory T Cells and Myeloid-derived Suppressor Cells in the Tumor Microenvironment Undergo FAS-dependent Cell Death During IL-2/ACD40 Therapy
Weiss Jonathan M., Subleski Jeff J., Back Tim, Chen Xin, Watkins Stephanie K., Yagita Hideo, Sayers Thomas J., Murphy William J., Wiltrout Robert H.
JOURNAL OF IMMUNOTHERAPY   35(9) 753   2012年11月   [査読有り]
B前駆細胞型リンパ性白血病におけるCD9発現を指標とした白血病幹細胞のTRAIL感受性の解析
三上 学, 犬飼 岳史, 杣津 晋平, 渡邊 敦, 大城 浩子, 合井 久美子, 加賀美 恵子, 山崎 裕人, 森本 幾夫, 八木田 秀雄, 杉田 完爾
日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号   54回・10回・17回 326-326   2012年11月
ROR gamma t-dependent Pathological NKT Cells and Protective Innate Lymphoid Cells Regulate Hepatic Immune Responses in the Development of the Acute Hepatitis
Matsumoto Atsuhiro, Kanai Takanori, Mikami Yohei, Nakamoto Nobuhiro, Chu Po-sung, Ebinuma Hirotoshi, Sato Toshiro, Yagita Hideo, Hibi Toshifumi
HEPATOLOGY   56 245A-246A   2012年10月   [査読有り]
Notchシグナルによって成熟が誘導された粘膜型マスト細胞の形質と機能
中野 信浩, 西山 千春, 八木田 秀雄, 奥村 康, 小川 秀興
アレルギー   61(43353) 1436-1436   2012年10月
抗4-1BB抗体/抗PD-1抗体を用いた癌免疫療法
新藤 芳太郎, 吉村 清, 倉増 敦朗, 渡邊 裕策, 前田 祥成, 鈴木 伸明, 吉野 茂文, 硲 彰一, 八木田 秀雄, 岡 正朗
日本癌治療学会誌   47(3) 2511-2511   2012年10月
新薬開発 抗αv integrin抗体によるタイラーウイルス誘導性免疫性脱髄疾患の抑制
冨木 大基, 兼山 友輝, 津金 さやか, 中嶋 郁美, 八木田 秀雄, Kim Byung S., 高 昌星
日本神経免疫学会学術集会抄録集   24回 61-61   2012年9月
神経免疫実験モデル タイラー脳脊髄炎ウイルス誘導による免疫性脱髄性疾患におけるTIM-3の役割に関する検討
兼山 友輝, 冨木 大基, 津金 さやか, 市川 元基, 八木田 秀雄, Kim Byung S., 高 昌星
日本神経免疫学会学術集会抄録集   24回 86-86   2012年9月
CONTEXT- AND CELL-DEPENDENT DLL4 BLOCKADE EFFECTS IN THE BONE MARROW MICROENVIRONMENT
Remedio Leonor, Carvalho Tania, Caiado Francisco, Bastos Ana, Duarte Antonio, Yagita Hideo, Dias Sergio
EXPERIMENTAL HEMATOLOGY   40(8) S96   2012年8月   [査読有り]
TIM4阻害は免疫介在性メカニズムによって化学療法の治療効果を増強する
Haghdadi Muhammad, 千葉 殖幹, 吉山 裕規, 秋葉 久弥, 八木田 秀雄, 地主 将久
日本癌学会総会記事   71回 112-112   2012年8月
腫瘍浸潤性樹状細胞上のTIM-3は、核酸に対する自然免疫応答を阻害する
千葉 殖幹, ムハンマド・バグダーディー, 秋葉 久弥, 吉山 裕規, 上出 利光, 高岡 晃教, 八木田 秀雄, 地主 将久
日本癌学会総会記事   71回 113-113   2012年8月
PD-1とVEGFR2の同時阻害による相乗的抗腫瘍効果
安田 里司, 庄 雅之, 山戸 一郎, 八木田 秀雄, 中島 祥介
日本癌学会総会記事   71回 147-147   2012年8月
細胞傷害性抗HLA-DP、DQ、DRモノクローナル抗体によるホジキン病、非ホジキン悪性リンパ腫、成人T細胞白血病の治療効果
松岡 周二, 石井 保之, 八木田 秀雄, 増谷 弘, 前田 道之, 杉本 耕一, 荒瀬 尚, 大辻 奈穂美, 阿部 雅明, 樋野 興夫
日本癌学会総会記事   71回 300-300   2012年8月
Impact of Acute Exercise on Natural Killer Cell Subset Distributions in Selected Mouse Tissues
Suzui Masatoshi, Takeda Kazuyoshi, Hayakawa Yoshihiro, Yagita Hideo, Okumura Ko, Shek Pang N., Shephard Roy J.
JOURNAL OF GENERAL INTERNAL MEDICINE   27 684-685   2012年7月   [査読有り]
アジュバント関連の基礎研究の最前線 アジュバントとしての免疫賦活化抗体
八木田 秀雄
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   16回 48-48   2012年7月
腫瘍関連樹状細胞におけるTIM-3とHMGB1相互作用は核酸依存性自然免疫応答の抑制に寄与する
千葉 殖幹, ムハンマド・バグダーディー, 八木田 秀雄, 地主 将久
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   16回 75-75   2012年7月
抗4-1BB抗体/抗PD-1抗体を用いたマウス大腸癌モデルにおける癌免疫療法の開発
新藤 芳太郎, 吉村 清, 倉増 敦朗, 渡邊 裕策, 前田 祥成, 鈴木 伸明, 吉野 茂文, 硲 彰一, 八木田 秀雄, 岡 正朗
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   16回 76-76   2012年7月
喘息モデルマウスの肺胞マクロファージにおける補助シグナル分子B7-DCの役割
桂 蓉子, 原田 紀宏, 八木田 秀雄
順天堂医学   58(3) 268-268   2012年6月
RANK-ligand activates stroma in postnatal lymph node growth
Mueller Christopher, Hess Estelle, Golub Rachel, Choi Yongwon, Hideo Yagita
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   188    2012年5月   [査読有り]
Enhanced CD8 T cell expansion and protective immunity during VSV infection by agonistic anti-CD40 is dependent on CD70 and accessory signals
Zickovich Julianne, Yagita Hideo, Obar Joshua
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   188    2012年5月   [査読有り]
The role of ICOS co-stimulation on CD8 T cell differentiation during infection.
Mouries Juliette, Yagita Hideo, Lefrancois Leo
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   188    2012年5月   [査読有り]
Rival Claudia, Samy Eileen, Setiady Yulius, Sun Yuefang, Sparks Joshua, Yagita Hideo, Tung Kenneth
JOURNAL OF IMMUNOLOGY   188    2012年5月   [査読有り]
Effects of Acute Exercise on Expressions of Natural Killer Cell Receptors
Suzui Masatoshi, Takeda Kazuyoshi, Yagita Hideo, Okumura Ko, Shek Pang N., Shephard Roy J.
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   44 822   2012年5月   [査読有り]
ポドサイト障害におけるNotch2 pathway再活性化は糸球体硬化を抑制する
田中 絵里子, 淺沼 克彦, 関 卓人, 野中 香苗, 浅尾 りん, 細江 佳子, 高木 美幸, 水谷 修紀, 八木田 秀雄, 富野 康日己
日本小児腎臓病学会雑誌   25(1Suppl.) 152-152   2012年5月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 八木田 秀雄
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 八木田 秀雄
(1)TWEAKの受容体であるFn14が種々のヒトがん細胞に高発現していることを見出した。さらに、ヒト及びマウスFn14に対する抗体(ITEM-4)にゲロニン毒素を結合し、ヒト膀胱がんT-24を移植したヌードマウスにおいて毒性無く強い抗腫瘍効果を認めた。(2)ヒト中皮腫や肺がんにおいて、DNA脱メチル化剤(5-aza-dC)によってIL-13Rαn2の発現が増強され、抗IL-13Rα2抗体の抗腫瘍効果が高まることを見出した。(3)抗がん剤耐性のがん細胞においてはαVβ3インテグリンの発現が...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2009年    代表者: 八木田 秀雄
キラーT細胞やナチュラルキラー細胞によるがん細胞の認識と破壊の分子機序を明らかにし、これを模倣してがん細胞を破壊する抗DR5抗体療法を開発した。また、がんに対する免疫応答を増強する経路(CD40, CD27, 4-1BBなど)、及び、逆に抑制する経路(CTLA-4, PD-1, B7-H3など)を明らかにし、それらに対する活性化抗体あるいは阻害抗体を用いて、がんに対する免疫応答の新たな増強法を開発した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 八木田 秀雄
(1)TNFによる細胞死を抑制する新たな転写因子BSACを見出した。また、TNF受容体下流のTRAFを介したNF-κBの活性化は、JNKの長期活性化を引き起こすROSの集積を抑制することにより細胞死を阻害することを示した。(2)FasLが大量の抗原投与やトリパノソーマ感染に伴う免疫抑制に関わることを示した。また、FasLが腸炎や肺炎の発症に関わることを示した。さらに、サルのFasLを同定し、その測定系を樹立した。(3)TRAILが腫瘍の発生や転移に対する免疫監視機構の重要なエフェクター分子...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C), 特定領域研究)
研究期間: 2001年 - 2004年    代表者: 八木田 秀雄
(1)NKT細胞を特異的に活性化するα-GalCerの抗転移効果は、NKT細胞自身の細胞傷害活性によらず、産生されるIFN-γ及びそれによって2次的に活性化されるNK細胞由来のIFN-γによって担われることを示した。また、IFN-γ依存性の最終的な抗腫瘍エフェクター機序として、TRAIL及び腫瘍血管新生阻害の関与を明らかにした。(2)NK細胞上のCD27及びCD28を介した腫瘍細胞上のCD70及びCD80の認識は、NK細胞による腫瘍の拒絶を増強するのみならず、IFN-γ産生を介して腫瘍特異...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 2000年 - 2000年    代表者: 八木田 秀雄
(1)マウスOX40リガンド(OX40L)に対するmAbを作製し、マウスのLeishmania major感染系でTh2細胞の分化にOX40Lが重要な役割を果たすことを明らかにした。また、抗OX40L抗体の投与が骨髄移植後の急性GVHD及びコラーゲン誘発性関節炎の抑止に有効であることを示した。(2)ラットOX40Lに対するmAbを作製し、その樹状細胞(DC)における発現と機能を明らかにした。(3)マウスCD27リガンド(CD70)に対するmAbを作製し、実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1996年 - 1998年    代表者: 八木田 秀雄
1, 同種移植心に対する寛容は、抗LFA-1/ICAM-1投与では主にアロクラスI反応性CD8陽性T細胞の不活化によるのに対し、抗CD80/CD86抗体投与の場合にはアロクラスII反応性CD4陽性T細胞の不活化及びTh2偏向によることが示された。2, 抗LFA-1/ICAM-1あるいは抗CD80/CD86の投与により導入された同種移植心に対する寛容は、IL-2,IL-12あるいはCD80遺伝子を発現させたドナー型腫瘍の移植によっても解除されずかなり安定であることが示された。3, 抗CD80...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 八木田 秀雄, 朝倉 伸司
接着系凝固因子の1つである活性型高分子キニノーゲン(HKa)が血漿中に存在する最も強力な癌細胞接着抑制因子であることを申請者らは見出した(Asakura,S.et al.,J.Cell.Biol.116 : 465-476,1992).その作用機作として癌細胞接着に最も重要と考えられているβ_3-integrin receptor-ligand相互作用の抑制であることが判明した.またHKのreceptorの1つが,2年前にクローニングされたgC1q結合蛋白質(gC1q-R,分子量33KDa...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1994年 - 1996年    代表者: 八木田 秀雄
1.Fasリガンド(FasL)を種々のFas陰性のマウス可移植性腫瘍に発現させて同系マウスの皮下あるいは腹腔内に移植すると速やかに拒絶された。同様なFasL産生腫瘍の拒絶はヌードマウスやSCIDマウスでも認められ、好中球を中心とする炎症反応によることが示された。可溶性FasLは好中球に対し直接的に遊走活性を有し、また好中球の細胞傷害活性を惹起することが示された。FasL産生腫瘍を拒絶した同系マウスにはその腫瘍に特異的な免疫応答が成立し、その後の同一腫瘍の移植を拒絶した。以上の結果から、腫瘍...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1993年 - 1995年    代表者: 八木田 秀雄
(1)抗マウスCD48(CD2リガンド)、CD80(B7-1)、CD86(B7-2)、CD29(β1)、CD49a(α1)、CD49b(α2)、CD49e(α5)、CD49f(α6)、CD40、CD40リガンド、Fas リガンド抗体、抗ラットCD86抗体、及び抗ヒトCD86、Fas リガンド抗体の作製に成功した。(2)抗LFA-1/ICAM-1、VLA-4/VCAM-1、CD2/CD48、あるいはCD80/CD86抗体の投与により、同種移植心、小腸、膵ラ島に対する寛容の導入が可能であった。...

担当経験のある科目

 

Works

 
NK細胞による腫瘍監視の分子機序
2001年 - 2003年