富野 康日己

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/05 11:16
 
アバター
研究者氏名
富野 康日己
 
トミノ ヤスヒコ
所属
医療法人社団松和会
職名
常務理事
学位
医学博士(北海道大学)
その他の所属
順天堂大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1974年
順天堂大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本腎臓学会  評議員
 
 
   
 
日本成人病学会  評議員
 
 
   
 
日本結合組織学会  評議員
 

受賞

 
1992年
順天堂大学医学部同窓会学術奨励賞
 
1993年
腎研究会大島賞
 

論文

 
Case Studies on Kidney Diseases -20 Typical Cases- (2nd revised edition)
富野 康日己
Karger      2017年   [査読有り]
Sasatomi Y., Ogahara S., Ueda S., Kataoka Y., Maruyama S., Koyama A., Imai E., Nangaku M., Tomino Y., Matsuo S., The Refractory Nephrotic Syndrome Study Group, Saito T., Matsumoto K., Iwano M., Yokoyama H., Mitarai T., Nishi S., Yorioka N., Sato H., Yoshimura A.
Clinical and Experimental Nephrology   1-10   2016年10月   [査読有り]
富野 康日己
Springer      2016年   [査読有り]
Yoshio Shimizu, Takashi Kobayashi, Hitoshi Suzuki, Yusuke Suzuki, Satoshi Horikoshi , Yasuhiko Tomino
JBR Journal of Clinical Diagnosis and Research   4(1)    2016年   [査読有り]
Mayumi Idei, Yoko Tabe, Chieko Hamada, Kazunori Miyake, Hiroyuki Takemura, Hiroaki Ito, Mitsuru Wakita, Takashi Horii, Yasuhiko Tomino, Akimichi Ohsaka, Takashi Miida
Clinica Chimica Acta   462 65-70   2016年   [査読有り]
Yuzo Watanabe, Tadao Akizawa, Akira Saito, Fumitake Gejyo, Masashi Suzuki, Yoshiki Nishizawa, Yasuhiko Tomino, Yoshiharu Tsubakihara, Takashi Akiba, Hideki Hirakata, Hideki Kawanishi, Masami Bessho, Yukio Udagawa, Kotonari Aoki, Yukari Uemura, Yasuo Ohashi, the Co-JET Study Group
Therapeutic Apheresis and Dialysis   1-10   2016年   [査読有り]
Masahiro Muto, Benoit Manfroi, Hitoshi Suzuki, Kensuke Joh, Masaaki Nagai, Sachiko Wakai, Christian Righini, Masayuki Maiguma, Shozo Izui, Yasuhiko Tomino, Bertrand Huard, Yusuke Suzuki
J am Soc Nephrol   28    2016年   [査読有り]
Cathepsin D in Podocytes Is Important in the Pathogenesis of Proteinuria and CKD
J am Soc Nephrol   27 2685-2700   2016年   [査読有り]
shuntaro Maruyama, Tomihito Gohda, Yusuke Suzuki, Hitoshi Suzuki, Yuji Sonoda, Saki Ichikawa, Zi Li, Maki Murakoshi, Satoshi Horikoshi, Yasuhiko Tomino
Kidney Research and Clinical Practice   35(4) 233-236   2016年   [査読有り]
Nakata J., Watanabe T., Io H., Makita Y., Sasaki Y., Yanagawa H., Aoki T., Tomino Y., Kanda R.
SpringerPlus   5(1)    2016年   [査読有り]

Misc

 
B細胞異常
腎と透析   34(1) 25-29   1993年
糖尿病の微量元素
治療   75(3) 41-47   1993年
IgA腎症
現代医療   25(6) 81-86   1993年
急性腎不全2.腎不全を示すネフローゼ-病態、治療と予後-
日内会誌   82(11) 1786-1790   1993年
Association of gene polymorphism of polymeric immunoglobulin receptor and IgA nephropathy
Int. Med.   40(847-848)    2001年
KURUSU A, SUZUKI Y, HORIKOSHI S, SHIRATO I, TOMINO Y
Nephron   89(4) 391-397   2001年
Association of the DD genotype and development of Japanese type2 diabetic nephropathy
Clin Nephrol   56(475-480) 
FcRn-mediate dranscytosis of immunoglobulin G in human renal proximal tubla epithelial cells
Am J Physiol Renal Physol.   282(F358-F365)    2002年
ASANUMA K, SHIRATO I, ISHIDOH K, KOMINAMI E, TOMINO Y
Kidney Int.   62(3) 822-831   2002年
SHIMIZU-TOKIWA A, KOBATA M, IO H, KOBAYASHI N, SHOU I, FUNABIKI K, FUKUI M, HORIKOSHI S, SHIRATO I, SAITO K, TOMINO Y
Nephron   92(1) 224-226   2002年

書籍等出版物

 
医療スタッフのためのマナー なるほどブック
富野 康日己
中外医学社   2018年3月   
ステージ別 腎臓病の治療とケア
富野 康日己
法研   2017年11月   
専門医が伝える 腎臓病診療基本レクチャー
富野 康日己
中外医学社   2017年4月   
メディカルスタッフのための腎臓病学(改訂2版)
富野 康日己
中外医学社   2017年4月   
内科外来診断navi
富野 康日己 (担当:監修)
中外医学社   2017年4月   
ポケット版 治療薬 UP-TO-DATE(2017年版)
富野 康日己 (担当:分担執筆, 範囲:透析用潅流用剤)
メディカルレビュー社   2017年1月   ISBN:477921792X
今日の治療指針 私はこう治療している2017年版
富野 康日己 (担当:分担執筆, 範囲:IgA腎症)
医学書院   2016年12月   ISBN:426002809X
腎臓病Q&A50 腎臓病になったら知っておくべき基礎知識(電子書籍版)
富野 康日己
株式会社ボイジャー   2016年11月   
最新版 計算入らず 腎臓病のおいしいレシピ
富野 康日己 (担当:監修)
学研プラス   2016年11月   ISBN:4058006781
栄養士と看護師、薬剤師のための生活習慣病ケースファイル
富野 康日己
中外医学社   2016年8月   ISBN:4498076842
これだけは知っておきたい 透析療法
富野 康日己 (担当:編者)
中外医学社   2016年4月   ISBN:4498224264
学研実用BEST 腎臓病の人のためのひと目でよくわかる食品成分表
富野 康日己 (担当:監修)
学研プラス   2016年4月   ISBN:4058006021
内科診断学 第3版
医学書院   2016年2月   ISBN:9784260020640
ウルトラ図鑑 高血圧・動脈硬化ー病気を悪化させないための血圧管理と生活処方
富野 康日己 (担当:監修)
法研   2015年10月   ISBN:9784865131680
自分でできる!腎臓病カンタン療法80
富野 康日己 (担当:監修)
学研パブリッシング   2015年8月   ISBN:4058005165
毎日おいしい高血圧の減塩レシピーはじめての食事療法ー
富野 康日己 (担当:監修)
成美堂出版   2015年6月   ISBN:4415319742
New エッセンシャル腎臓内科学 第2版
富野 康日己 (担当:編者)
医歯薬出版   2015年6月   ISBN:9784263207994
南山堂医学大辞典 第20版
南山堂   2015年3月   ISBN:9784525010805
日東書院本社   2014年11月   ISBN:4528010747
フジメディカル出版   2014年10月   ISBN:4862702090
中外医学社   2014年10月   ISBN:4498224140
青柳一正, 富野康日己 (担当:共著)
東京医学社   2014年10月   ISBN:4885632390
富野 康日己
医歯薬出版   2014年9月   ISBN:4263209982
中外医学社   2014年8月   ISBN:4498224124
フジメディカル出版   2014年7月   ISBN:4862702082
Yasuhiko Tomino(富野康日己)
保健同人社   2014年5月   ISBN:4832704400
牧野 直子 (担当:監修)
学研パブリッシング   2014年5月   ISBN:4058002581
富野 康日己
中外医学社   2013年3月   ISBN:4498124928
光山勝慶 (担当:共編者)
フジメディカル出版   2013年1月   ISBN:4862702023
中外医学社   2013年1月   ISBN:4498124839
富野 康日己
フジメディカル出版   2012年10月   ISBN:4862702015
中外医学社   2012年1月   ISBN:4498020642
富野康日己, 柏原直樹 (担当:共著)
中外医学社   2012年1月   ISBN:4498124820
診断と治療社   2011年9月   ISBN:4787818465
南江堂   2011年8月   ISBN:4524263144
中外医学社   2011年8月   ISBN:4498011384
富野 康日己
中外医学社   2011年6月   ISBN:4498124804
富野康日己
エクスナレッジ   2011年5月   ISBN:4767811465
医歯薬出版   2011年4月   ISBN:426320994X
中外医学社   2011年1月   ISBN:4498124723
富野 康日己
医学書院   2010年10月   ISBN:4260008889
富野康日己
メディカルレビュー社   2010年6月   ISBN:4779205549
富野 康日己
中外医学社   2010年5月   ISBN:4498124391
医薬ジャーナル社   2010年4月   ISBN:4753223604
富野 康日己
中外医学社   2010年1月   ISBN:4498124642
中外医学社   2009年11月   ISBN:4498031679
保健同人社   2009年8月   ISBN:4832714759

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 堀越 哲
我々はこれまでの基礎的な検討から本症モデルマウスにおいてIgA腎症と粘膜免疫が深く関与していることを確認している。Mucosa-Bone marrow axisの見地から粘膜には異常な感作を受けた責任細胞が存在し、それは粘膜で感作を受けた後、骨髄・リンパ組織間を選択的に移動し免疫記憶細胞として留まっていることが病因として推測される。この責任細胞の臓器選択的ホーミングは、ケモカインレセプターや接着分子などの発現パターンに規定されており、本症に特異的な発現パターンが存在している可能性が高く、"...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 富野 康日己
糖尿病腎症患者数は年々増えてきており、我が国においては1999年より透析導入原因疾患の第1位となっている。糖尿病および腎症の発症には、何らかの遺伝因子が関与していると考えられている。我々は、これまで自然発症2型糖尿病モデルマウスであるKK/TaマウスとコントロールマウスであるBALB/cマウスを用いて、糖尿病関連疾患感受性遺伝子座をQTL解析により明らかにした。本研究ではKK/Taマウスと比較し、より重度の糖尿病、腎症(アルブミン尿)を呈するKK-A^y/Taマウスを用いて同様のQTL解析...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 鈴木 祐介
マウスIgA腎症では、それぞれ粘膜上のDCとB細胞のTLR9を介した活性化が血清中のIgAやIgA-IgG免疫複合体の組成の変化、腎組織でのマクロファージのサブセットの変化などの違いをもたらし、異なったタイプの腎組織障害を誘導する。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 城 謙輔
1:わが国での後向き多施設共同研究:全国大学病院腎専門施設を中心とした厚生労働科学研究費進行性腎障害に関する調査研究班と全国の国立病院機構腎専門施設を中心とした政策医療費ネットワークを母体とし、倫理委員会の承諾書に同意した内科・小児科287症例を対象に解析した.臨床情報として腎生検時の蛋白尿と腎機能、そして、その臨床予後と治療情報に着目した。臨床と病理情報の相関性ならびに各病変の臨床予後への影響を後向きに統計解析し、IgA腎症を構成する病理パラメータの予後予測因子としての役割に関する実証的...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 松尾 清一
1. 本研究メンバーは、日本腎臓学会の糸球体濾過量(glomerular filtration rate;GFR)推算式作成プロジェクトの中心として、GFR推算式を作成した。日本全国80施設の協力を得て、921例のイヌリンクリアランス(Cin)検査結果を集め、このうち413例より、年齢、性別、血清クレアチニン(Cr)濃度の3項目あるいはBUNとA1bを加えた5項目によるGFR推算式を作成し、350例により検証を行った。このうち、本研究メンバーは名古屋大学、大阪大学、順天堂大学で合計95例を...

特許

 
鈴木 仁, 富野 康日己, 鈴木 祐介, 柳川 宏之
田中 絵里子, 八木田 秀雄, 淺沼 克彦, 富野 康日己
原 正則, 斎藤 亮彦, 富野 康日己, 淺沼 克彦, 黒澤 寛之, 小笠原 真也, 平山 吉朗
原 正則, 斎藤 亮彦, 富野 康日己, 淺沼 克彦, 黒澤 寛之, 小笠原 真也, 平山 吉朗
斎藤 亮彦, 富野 康日己, 淺沼 克彦, 小笠原 真也, 黒澤 寛之, 平山 吉朗