基本情報

所属
上智大学 外国語学部ドイツ語学科 教授
学位
文学士(上智大学)
文学修士(上智大学)
博士(言語学)(上智大学)

研究者番号
90138371
J-GLOBAL ID
200901087887842481

ドイツ語、ドイツ語学、言語学の教育ならびに研究

(研究テーマ)
レトリック研究
説教話のテキスト分析
世紀末ドイツ文学の言語的特徴


研究キーワード

  5

論文

  27

書籍等出版物

  16

共同研究・競争的資金等の研究課題

  2

その他

  9
  • 1985年4月
    学生ひとりひとりのニーズに応じた指導を心がけている。修士論文を指導した学生には、同時に専門誌への発表を促している。博士課程後期の授業では、ゼミの成果を自分との共著論文にまとめている。
  • ガブリエーレ・アンドレエ「シュニッツラーの描く女性たち」(翻訳)木村直司 編 『ウィーン世紀末の文化』東洋出版 1990
  • トーマス・ポイントナー「救いに満ちた死を迎える技法」上智大学中世思想研究所 編 木村直司 監修 『ドイツ神秘思想』平凡社 2001
  • マルガレータ・エーブナー「主の祈り」(翻訳)上智大学中世思想研究所 編 富原真弓 監修 『女性の神秘化』平凡社 2002
  • ユェルグ・マウツ「ある神秘家の生涯:ドイツ語を愛したハインリヒ・ゾイゼ」(翻訳)山本浩・高橋由美子編『ヨーロッパをつくる思想』上智大学出版会 2002