共同研究・競争的資金等の研究課題

2006年 - 2009年

西洋中世における「美」の概念--新プラトン主義の受容と変容の史的解明

日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

課題番号
18320011
体系的課題番号
JP18320011
配分額
(総額)
8,250,000円
(直接経費)
6,900,000円
(間接経費)
1,350,000円

本研究は、平成18年度から21年度にわたる4年間の研究計画により、西洋中世における「美」の概念を、とくに新プラトン主義の受容と変容という課題に絞って、歴史研究を行うものである。本研究の独創性は「美」の概念について、古代末期思想家プロティノスに始まる新プラトン主義美学思想が、西洋中世キリスト教思想にどのような影響を与えたのかを解明する点にある。その思想の影響系列は、「美」を「光」と関係づけるキリスト教の伝統的な形而上学思想の原型をつくりだし、また典礼芸術等の芸術現象に展開する文化的基礎となる概念形成にも展開している。さらに中世の神学思想における超越概念にも影響を与える基本思想にもなっていることから、美学研究のみならず西洋中世思想研究の基礎研究にとって、本研究課題は思想史研究上の大きな意義を有するものとなる。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-18320011
ID情報
  • 課題番号 : 18320011
  • 体系的課題番号 : JP18320011