坂上 宏

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/01 12:37
 
アバター
研究者氏名
坂上 宏
 
サカガミ ヒロシ
eメール
sakagamident.meikai.ac.jp
URL
http://www.meikai.ac.jp/dent/m-rio.html
所属
明海大学
部署
歯学部
職名
教授、M-RIO (Meikai University Research Institute of Odontology) 所長,明海大学理事、朝日大学理事
学位
薬学博士(東京大学), 医学博士(昭和大学)
その他の所属
朝日大学歯学部
科研費研究者番号
50138484

プロフィール

現在、8つの研究テーマを同時に進行させている。
(1) 神経細胞保護作用のある物質の探索
(2) 口腔扁平癌細胞を選択的に傷害する物質の探索、誘導される細胞死のタイプと作用点(メタボローム解析)
(3) 抗がん剤の副作用の緩和
(4) リグニン配糖体の薬理作用、作用部位の同定
(5) 唾液診断マーカーのメタボローム解析による検索と、口内炎治療効果のある第三類医薬品の効能の確認
(6) 歯肉炎モデルを用いた炎症マーカーおよび歯肉炎抑制物質の探索
(7) 酸化チタンナノ粒子の生態系に与える影響
(8) コミュニケーション学:組織の活性化と人材の育成、国際的コミュニケーション能力の重要性

趣味は、クラシック音楽、ジョギング、洋書(小説)、中国人研究者との共同執筆活動

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
明海大学歯学部 専任教授
 
2017年4月
 - 
現在
明海大学歯科医学総合研究所 所長
 
2016年4月
 - 
現在
ニューフードインダストリー アドバイザリボード
 
2014年4月
 - 
現在
明海大学 評議員・理事
 
2014年4月
 - 
現在
朝日大学 評議員・理事
 
1999年4月
 - 
2017年3月
明海大学歯学部 MPL(薬医学研究所) 室長
 
1998年4月
 - 
2014年3月
明海大学歯学部 国際交流委員長
 
2008年4月
 - 
2012年3月
明海大学歯学部 メディセンター長
 
2004年4月
 - 
2008年3月
明海大学歯学部 研究部長
 
1980年
 - 
1986年
- 昭和大学 助手
 
1982年
 - 
1985年
ロズウェルパーク研究所 研究員
 
1986年
 - 
1996年
昭和大学 講師
 
1996年
 - 
1997年
昭和大学 助教授
 
1997年4月
 - 
2017年3月
- 明海大学歯学部  病態診断治療学講座薬理学分野 主任教授
 

学歴

 
1975年4月
 - 
1980年3月
東京大学 大学院薬学系研究科 生理化学
 
1970年4月
 - 
1974年3月
東京大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
2018年3月
歯科基礎医学会  編集委員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
広島県産業科学技術研究所  知的クラスター専門部会・技術部会委員
 
2000年4月
 - 
2006年3月
日本歯科医師会  器材薬剤室・薬剤部会委員
 
1998年4月
 - 
現在
薬理学会  評議員
 
2003年
 - 
現在
歯科基礎医学会  評議員
 

論文

 
Kadokura H, Yamazaki T, Masuda Y, Kato Y, Hasegawa A, Sakagami H, Yokose S
In Vivo   33(2) 349-352   2019年3月   [査読有り]
Watanabe S, Toyama T, Sato T, Suzuki M, Morozumi A, Sakagami H and Hamada N
Medicines   6(1)    2019年2月   [査読有り]
Hara Y, Shiratsuchi H, Kaneko T and Sakagami H
Medicines   6(1)    2019年1月   [査読有り]
Ozmen Ozgun D, Gul HI, Yamali C, Sakagami H, Gulcin I, Sukuroglu M, Supuran CT.
Bioorg Chem   84 511-517   2018年12月   [査読有り]
Sakagami H, Watanabe T, Hoshino T, Suda N, Mori K, Yasui T, Yamauchi N, Kashiwagi H, Gomi T, Oizumi T, Nagai J, Uesawa Y, Takao K, Sugita Y.
Medicines   6(1)    2018年12月   [査読有り]
Sakagami H, Sugimoto M, Kanda Y, Murakami Y, Amano O, Saitoh J and Kochi A
Medicines   5    2018年11月   [査読有り]
Sano A, Shi H, Suzuki R, Shirataki Y and Sakagami H
In Vivo   32(6) 1403-1408   2018年11月   [査読有り]
Gul HI, Yamali C, Gunesacar G, Sakagami H, Okudaira N, Uesawa Y and Kagaya H
Medicinal Chemistry Research   27(10) 2366-2378   2018年10月   [査読有り]
Tugrak M, Gul HI, Sakagami H, Gulcin I, Claudiu T and Supuran CT
Bioorganic Chemistry   81 433-439   2018年9月   [査読有り]
Nagai J, Shi H, Kubota Y, Bandow K, Okudaira N, Uesawa Y, Sakagami H, Tomomura M, Tomomura A, Takao K and Sugita Y
Anticancer Research   38(8) 4449-4457   2018年8月   [査読有り]
Shi H, Nagai J, Sakatsume T, Bandow K, Okudaira N, Uesawa Y, Sakagami H, Tomomura M, Tomomura A, Takao K and Sugita Y
Anticancer Resarch   38(8) 4459-4467   2018年8月   [査読有り]
Sakagami H, Shi H, Bandow K, Tomomura M, Tomomura A, Horiuchi M, Fujisawa T and Oizmi T
Molecules   23(8)    2018年7月   [査読有り]
Shi H, Nagai J, Sakatsume T, Bandow K, Okudaira N, Sakagami H, Tomomura M, Tomomura A, Uesawa Y, Takao K and Sugita Y
Anticancer Research   38(7) 3897-3906   2018年7月   [査読有り]
Masuda Y, Sakagami H, Horiike M, Kadokura H, Yamasaki T, Klokkevold P, Takei H and Yokose S
In Vivo   32(4) 707-712   2018年7月   [査読有り]
Sakagami H, Hara Y, Shi H, Iwama S, Nakagawa M, Suzuki H, Tanaka K, Abe T, Tamura N. Takeshima H, Horie N, Kaneko T, Shiratsuchi H and Kaneko T
In Vivo   32(4) 765-770   2018年7月   [査読有り]
Hara Y, Sakagami H, Shi H, Abe T, Tamura N, Takeshima H, Horie N, Kaneko T, Shiratsuchi H and Kaneko T
In Vivo   32(4) 745-752   2018年7月   [査読有り]
Uesawa Y, Sakagami H, Shi H, Hirose M, Takao K and Sugita Y
Anticancer Research   38(6) 3283-3290   2018年6月   [査読有り]
BACKGROUND/AIM:

The furo[2,3-b]chromone derivatives are natural products that have been used as folklore medicines for various diseases. Here, the cytotoxicity of 12 synthesized furo[2,3-b]chromone derivatives was investigated and subjected to q...
Gul HI, Tugrak M, Gul M, Sakagami H, Umemura N and Anil B
Anticancer Agents Med Chem      2018年5月   [査読有り]
In this study, new azafluorenones, 4-(4-fluorophenyl)-2-(4-substitutedphenyl)-5H-indeno[1,2-b]pyridin-5-one, I1-I8 were synthesized and chemical structures were elucidated by spectral analysis. All compounds were reported for the first time here. ...
Uehara M, Minemura H, Ohno T, Hashimoto M, Wakabayashi H, Okudaira N, Sakagami H
In Vivo   32(3) 541-547   2018年5月   [査読有り]
BACKGROUND/AIM:

Guaiazulene (1,4-dimethyl-7-isopropylazulene) is present in several essential oils of medicinal and aromatic plants. There exist few studies that investigated the anticancer activity of guaiazulenes. We investigated the relative ...
Wada T, Maruyama R, Irie Y, Hashimoto M, Wakabayashi H, Okudaira N, Uesawa Y, Kagaya H, Sakagami H
In Vivo   32(3) 479-487   2018年5月   [査読有り]
BACKGROUND/AIM:

There exist few research articles regarding the anticancer activity of azulene-related compounds. We investigated here the relative cytotoxicity of 10 azulene amide derivatives against cancer and normal cells.

MATERIALS AND METH...

Misc

 
解説:クマ笹歯アルカリ抽出液およびポリフェノール類の神経保護作用とホルメシス効果の再評価 ― 簡易調製法(オーバーレイ法)により調製されたPC12神経分化細胞モデルを用いた解析
坂上宏、史海霞、堀内美咲、藤澤智弘、勝呂まどか、大泉浩史、大泉高明
New Food Industry   61(2) 99-106   2019年2月   [査読有り]
クロモン誘導体の新規抗癌剤としての可能性
坂上 宏、史海霞、永井純子、植沢芳広、高尾浩一、杉田義昭
New Food Industry 61(1): 11-18, 2019   61(1) 11-18   2019年1月   [査読有り]
漢方の効能 (1) 自然の恩恵
坂上 宏、白瀧義明、史 海霞
New Food Industry   60(10) 69-73   2018年10月   [査読有り]
 
世界の学食(3) ―上海交通大学
史海霞, 阎泽昆, 韦博森, 坂上 宏
New Food Industry   60(9) 43-49   2018年9月   [査読有り]
世界の学食(2)- メキシコ国立自治大学レオン(UNAM)
872 ガルシア-コントレアス レネ、アルバラード-ヌニェス アレハンドラ、坂上 宏
New Food Indusstry   60(8) 73-79   2018年8月   [査読有り]
イヌトウキの神経保護作用と臨床効果
斎田圭子、斎田悟、八幡由花紫、三間修、青木晃、Zhangentkhan Abylaiuly、Bolshakova SB、Bogenbayeva GA、Dalenov ED、福地邦彦、坂上 宏
New Food Industry   60(7) 39-48   2018年7月   [査読有り]
国際的コミュニケーション能力の重要性(6)―ストレス社会における健康管理法―
坂上宏、戴秋娟、肖黎、郑燕、大石隆介、神崎龍志、土田幸広、中井延美、ガルシア-コントレラス レネ
New Food Industry   60(6) 57-69   2018年6月
味噌の神経保護作用
小島百代、佐野愛子、鈴木龍一郎、白瀧義明、坂上宏
New Food Industry   60(5) 79-83   2018年5月
ササヘルスによるホルメシスおよび細胞保護効果の誘導
坂上 宏、友村美根子、増田宜子、岩間聡一、中川美香、鈴木隼人、田中健大、阿部智之、田村暢章、竹島浩、安井利一、辻まゆみ、木内祐二、小口勝司、堀内美咲、藤澤知弘、勝呂まどか、大泉浩史、大泉高明
New Food Industry   60(4) 39-48   2018年4月
世界の学食(1)―北京大学
郑燕、坂上宏
New Food Industry   60(3) 65-71   2018年3月

書籍等出版物

 
Temas selectos de biomedicina en Ciencias de la Salud
Garcia-Contreras R, Scougall-Vilchis RJ, Contreras-Bulnes R, Sakagami H and Nakajima H (担当:共著, 範囲:Capitulo I Area Odontologia, Efecto citotoxico de las nanoparticulas de TiO2 en cultivo de celulas orales, p31-42, 2017)
Capitulo I Area Odontologia, Efecto citotoxico de las nanoparticulas de TiO2 en cultivo de celulas orales, p31-42, 2017   2017年8月   ISBN:978-607-9426-99-6
Biological Activities and Action Mechanisms of Licorice Ingredients
坂上 宏 (担当:編者, 範囲:Chapter 1. Introductory Chapter: Future Prospect of Licorice, Popular Crude Drug and Food Sweetener. pp3-12;Chapter 6. Applicability of Licorice Extracts for Treatment of Oral Diseases, Evaluated by Simplified In Vitro Assay Systems. pp91-106)
INTECH   2017年4月   ISBN:978-953-51-5195-1
Therapeutic potential of solubilized nanolignin against oral diseases.
Sakagami H, Sheng H, Yasui T, Fukuchi K, Oizumi T, Ohno H, Yamamoto M, Fukuda T, Kotohda K, Yoshida H, Kanamoto T, Terakubo S and Nakashima H (担当:分担執筆, 範囲:In Nanostructures for Oral Medicicne (Nanostructures in Therapeutic Medicine Series),)
Elsevier   2017年4月   ISBN:978-0-323-47720-8
シンプル歯科薬理学
編者、大浦清、坂上 宏、戸苅彰史、二藤彰、山崎純 (担当:共著, 範囲:17章、消毒に用いる薬物)
永末書店   2017年1月   ISBN:978-4-8160-1319-5
Volume XI: NanoBioMaterials in Dentistry. Applications of Nanobiomaterials Volume 11.
Garcia-Contreras R, Scougall-Vilchis RJ, Contreras-Bulnes R, Masahiro Sugimoto M, Nakajima H and Sakagami H (担当:共著, 範囲:Chapter 3. Effect of titanium dioxide nanoparticle on proliferation, drug-sensitivity, inflammation and metabolomic profiling of human oral cells.)
Elsevier   2016年7月   ISBN:978-0-323-42867-5

講演・口頭発表等

 
天然物資源の口腔疾患治療への応用 [招待有り]
坂上 宏
第30回日本小児口腔外科学会総会・学術大会   2018年11月24日   
明海大学歯科医学総合研究所(M-RIO)の設立 -有害作用の少ない口腔疾患治療薬の開発をめざして
坂上 宏、友村美根子、増田宜子
歯科基礎医学会   2017年9月18日   
Search for Anti-HIV and Anti-Oral Disease Substances from Natural Resources [招待有り]
Hiroshi Sakagami
The 3rd SAJU Forum   2017年7月15日   SAJU フォーラム実行委員会 日本側幹事校:筑波大学、長崎大学
坂上教授退任記念誌~これまでの歩んできた道筋、将来展望、次世代へのメッセージ
坂上 宏
2017年4月15日   
教授退任最終講義
坂上 宏
口腔疾患治療薬の開発をめざして   2017年3月23日   

競争的資金等の研究課題

 
矯正治療による歯の移動時の疼痛に対する末梢と中枢からのアプローチ
文部省科学研究費助成事業: 基盤研究(C) (一般)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 須田直人
水中運動による身体機能改善と唾液老化マーカーへの影響
文部省科学研究費助成事業: 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 田村暢章
新規3-スチリルクロモン誘導体の口腔癌治療薬としての可能性に関する基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 坂上 宏
植物性食品および生薬中の抗腫瘍性物質としての高分子ポリフェノール研究の展開
文部科学省: 科学研究費助成事業(学術研究助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 波多野力
コラーゲン代謝物に着目した唾液老化マーカーの開発
文部科学省: 科学研究費挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 坂上 宏

特許

 
特願2011-016195 : 新規タンニン誘導体
波多野 力、竹内靖男、坂上 宏
抗腫瘍性多糖
第2519461号
ウイルス感染予防剤
第2923660号
リグニンの新規用途
公開番号:特開2003-40792
ポリカフェノールの新規用途
公開番号:特開2003-40786

社会貢献活動

 
明海大学・城西大学・日本医療科学大学・明治薬科大学との共同研究・連携活動
【編集, 情報提供, 報告書執筆】  明海大学歯科医学総合研究所  2018年10月20日 - 現在
上海交通大学との共同研究
【編集, 情報提供, 企画, 報告書執筆】  明海大学歯科医学総合研究所(M-RIO)  2018年2月25日 - 現在
国際的コミュニケーション能力および日中友好関係の推進を目指す日中共同執筆活動
【編集, 企画】  2014年 - 現在
明海大学浦安キャンパスメディアセンター新着小説(洋書)のあらすじの紹介
【情報提供, 寄稿】  2013年7月29日 - 現在
論文リスト(1977~現在)
【情報提供】  1977年 - 現在
MPL創立18年記念誌~天然物(生薬)や化学合成した化合物から人類の健康に役立つ物質の探索を目指して
【編集, 企画, 報告書執筆】  リュウワ印刷  2017年1月