坂上 宏

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/28 16:10
 
アバター
研究者氏名
坂上 宏
 
サカガミ ヒロシ
eメール
sakagamident.meikai.ac.jp
URL
http://www.meikai.ac.jp/dent/m-rio.html
所属
明海大学
部署
歯学部
職名
教授、M-RIO (Meikai University Research Institute of Odontology) 所長,明海大学理事、朝日大学理事
学位
薬学博士(東京大学), 医学博士(昭和大学)
その他の所属
朝日大学歯学部
科研費研究者番号
50138484

プロフィール

現在、7つの研究テーマを同時に進行させている。
(1) 口腔扁平癌細胞を選択的に傷害する物質の探索、誘導される細胞死のタイプと作用点(メタボローム解析)
(2) 抗がん剤の副作用の緩和
(3) リグニン配糖体の薬理作用、作用部位の同定
(4) 唾液診断マーカーのメタボローム解析による検索と、口内炎治療効果のある第三類医薬品の効能の確認
(5) 歯肉炎モデルを用いた炎症マーカーおよび歯肉炎抑制物質の探索
(6) 酸化チタンナノ粒子の生態系に与える影響
(7) コミュニケーション学:組織の活性化と人材の育成、国際的コミュニケーション能力の重要性

趣味は、クラシック音楽、ジョギング、洋書(小説)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
明海大学歯学部 専任教授
 
2016年4月
 - 
現在
ニューフードインダストリー アドバイザリボード
 
2014年4月
 - 
現在
明海大学 評議員・理事
 
2014年4月
 - 
現在
朝日大学 評議員・理事
 
2017年4月
 - 
現在
明海大学歯学部 M-RIO(歯科医学総合研究所) 所長
 
1999年4月
 - 
2017年3月
明海大学歯学部 MPL(薬医学研究所) 室長
 
1998年4月
 - 
2014年3月
明海大学歯学部 国際交流委員長
 
2008年4月
 - 
2012年3月
明海大学歯学部 メディセンター長
 
2004年4月
 - 
2008年3月
明海大学歯学部 研究部長
 
1980年
 - 
1986年
- 昭和大学 助手
 
1982年
 - 
1985年
ロズウェルパーク研究所 研究員
 
1986年
 - 
1996年
昭和大学 講師
 
1996年
 - 
1997年
昭和大学 助教授
 
1997年4月
 - 
2017年3月
- 明海大学歯学部  病態診断治療学講座薬理学分野 主任教授
 

学歴

 
1975年4月
 - 
1980年3月
東京大学 大学院薬学系研究科 生理化学
 
1970年4月
 - 
1974年3月
東京大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
歯科基礎医学会  編集委員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
広島県産業科学技術研究所  知的クラスター専門部会・技術部会委員
 
2000年4月
 - 
2006年3月
日本歯科医師会  器材薬剤室・薬剤部会委員
 
1998年4月
 - 
現在
薬理学会  評議員
 
2003年
 - 
現在
歯科基礎医学会  評議員
 

論文

 
Nanbu T, Umemura N, Ohkoshi E, Nanbu K, Sakagami H and Shimada J
Oncol Rep   39(1) 367-375   2018年1月   [査読有り]
The aim of the present study was to search for an effective regimen among existing chemotherapies for head and neck squamous cell carcinoma (HNSCC). Among the tested drugs, we focused on combined SN-38, which is the active metabolite produced from...
ポビドンヨード液を規準にしたOTCの口臭・口腔内細菌・口腔細胞に与える影響の検討
小島百代、坂上 宏
New Food Industry   59(12) 71-76   2017年12月   [査読有り]
薬局で販売されているOTC医薬品の口腔機能改善効果を判断するためには、適切な基準薬を選択し、基準薬との相対的な強さを測定することが必要であるが、これまでの研究ではこの点の配慮がなされていなかった。
 第3類薬品に属するポビドンヨード液(以下PIと略)は、高い抗菌性と抗ウイルス性を有するため、多くの人が使用しており、基準薬として妥当である。PIの口臭予防効果、抗菌効果および細胞傷害性を定量化できればOTCの効果を客観的に測定できるという仮説を立てた。口臭、口腔内細菌数、細胞傷害性は、それぞれ...
Matsuo Y, Shinoda D, Nakamaru A, Kamohara K, Sakagami H and Mimaki Y
Int J Mol Sci   18(11)    2017年11月   [査読有り]
Abstract: Phytochemical examination of Convallaria majalis (Liliaceae) whole plants yielded 15 steroidal glycosides (1–15), including nine new compounds (4–6, 10–15) with a lycotetrose unit. The structures of the new compounds were determined usi...
Sakagami H, Suzuki R, Shirataki Y, Iwama S, Nakagawa M, , Suzuki H, Tanaka K, Tamura N and Takeshima H
In Vivo   31(6) 1089-1095   2017年11月   [査読有り]
Abstract
BACKGROUND/AIM:
Most of the previous investigators have used various types of media for the culture of nerve cells. In order to optimize the culture conditions, we compared the growth rate and amino acid consumption by two popular neuron ...
クマザサ葉抽出液は骨芽細胞と破骨細胞を相反的に制御することで骨形成を促進する
友村美根子、友村明人、大泉高明、安井利一、坂上宏
New Food Industry   59(11) 41-45   2017年11月   [査読有り]
国際的コミュニケーション能力の重要性(5), どのようにしたら時代に取り残されないか?
坂上宏、肖黎、戴秋娟、大石隆介、神崎龍志、土田幸広
New Food Industry   59(11) 69-81   2017年11月   [査読有り]
Uesawa Y, Sakagami H, Ikezoe N, Takao K, Kagaya H and Sugita Y
Anticancer Res   37(11) 6169-6176   2017年11月   [査読有り]
Abstract
BACKGROUND/AIM:
Seventeen aurones were subjected to quantitative structure-activity relationship (QSAR) analysis based on their cytotoxicity and tumor-specificity, in order to find their new biological activities.
MATERIALS AND METHODS:
C...
Sakagami H, Uesawa Y, Masuda Y, Tomomura M, Yokose S, Miyashiro T, Murai J, Takao K, Kanamoto T, Terakubo S, Kagaya H, Nakashima H, and Sugita Y
Anticancer Res   37(11) 6161-6168   2017年11月   [査読有り]
Abstract
BACKGROUND/AIM:
Eleven piperic acid esters were subjected to quantitative structure-activity relationship (QSAR) analysis based on their cytotoxicity and tumor-specificity, in order to find their new biological activities.
MATERIALS AND M...
Sugita Y, Takao K, Uesawa Y and Sakagami H
Anticancer Res   37(11) 5159-5924   2017年11月   [査読有り]
Abstract
Most current anticancer drugs have shown excellent therapeutic effects on human oral squamous cell carcinoma (OSCC), but they also produce potent cytotoxicity in normal oral keratinocytes. This review article summarizes our extensive rese...
クマイザサの葉の抽出物はMC3T3-E1骨芽細胞の分化を促進する
友村美根子、友村明人、大泉高明、安井利一、坂上宏
明海歯学   46(2) 111-116   2017年9月   [査読有り]
解説書  マスティック抽出画分の薬理作用
坂上 宏、天野滋、増田宜子、横瀬敏志、友村美根子、友村明人、鈴木龍一郎、須永克佳、白瀧義明、福地邦彦、金本大成、寺久保繁美、中島秀喜、渡邉博文、大川原正喜、又平芳春
New Food Industry   59(9) 67-76   2017年9月
Ethyl acetate extraction following the removal of cytotoxic substances by n-hexane can enhance antitumor and antibacterial activity of mastic.
Sasaki A, Hasegawa N, Adachi K, Sakagami H, Suda N
J Neurophysiol.      2017年7月   [査読有り]
The impairment of orofacial motor function during orthodontic treatment is need to be addressed, since most of orthodontic patients experience pain and motor excitability would be affected by pain. In the present study, the temporal alteration of ...
美味しく食べるための歯の根管治療―根管形態―
増田宜子、横瀬敏志、坂上宏
New Food Industry   59(7) 52-54   2017年7月   [査読有り]
人体への寄生虫感染を警戒すべき食材(16)-新鮮な獣肉から感染する旋毛虫
牧純、関谷洋志、中村円香、畑昌之、玉井栄治、坂上宏
New Food Industry   59(7) 33-38   2017年7月   [査読有り]
Suzuki R, Sakagami H, Amano S, Fukuchi K, Sunaga K, Kanamoto T, Terakubo S, Nakashima H, Shirataki Y, Tomomura M, Masuda Y, Yokose S, Tomomura A, Watanabe H, Okawara M and Matahira Y
In Vivo   31(4) 591-598   2017年7月   [査読有り]
BACKGROUND:
Most previous mastic investigators have not considered its potent cytotoxicity that may significantly affect the interpretation of obtained data. In the present study, we re-evaluated several biological activities of mastic extracts, b...
変貌する中国料理~南国酒家のこだわりと創造の原点
宮田佳明 (translated into English by Hiroshi Sakagami)
New Food Industry   59(7) 69-75   2017年7月
南国酒家は、祖父の築いた遺産を引き継ぎ、天然の素材を最大限生かした、身体にやさしい、中国料理を創造して行く。
国際的コミュニケーション能力の重要性(4)―「中国料理」に見られる日本と中国における嗜好の相違
坂上宏、肖黎、戴秋娟、大石隆介、神崎龍志
New Food Industry   59(6) 71-93   2017年6月   [査読有り]
中国から伝わった中国料理は、日本人の好みに応じてアレンジされ、全く異なる「中華料理」を作り上げてきた。中国から豊富な天然資源や食材を輸入し、日本の伝統な料理と融合させることにより、健康的で味わい深いメニューを生み出すことが可能である。
Yamali C, Ozgun DO, Gul HI, Sakagami H, Kazaz C and Okudaira N
Med Chem Res      2017年5月   [査読有り]
Abstract The compounds titled 1-(2,5/3,5-difluorophenyl)-
3-(2,3/2,4/2,5/3,4-dimethoxyphenyl)-2-propen-1-ones (1–8)
were synthesized via Claisen-Schmidt condensation under
basic condition. The chemical structure of the compounds
were identified us...
人体への寄生虫感染を警戒すべき食材(15)虫卵・幼虫の付着した食材からも感染する小形条虫
牧純、関谷洋志、畑畠之、玉井栄治、坂上宏
New Food Industry   59(5) 49-54   2017年5月
Saijo R, Sekiya H, Tamai E, Kurihara K, Maki J, Sakagami H and Kawase M
Chem Pharm Bull   65(4) 365-372   2017年4月   [査読有り]
In this report, we describe a new method for the synthesis of densely functionalized 2(1H)-pyrazinones. Treatment of mesoionic 1,3-oxazolium-5-olates with carbanions derived from activated methylene isocyanides (p-toluenesulfonylmethyl isocyanide ...
進化する南国酒家―新しいメニューをめざして- From “Shark’s fin with crab egg” to “Happy abalone”- Searching for next hit menu- (Translated into English by Hiroshi Sakagami)
Junji Miyata
New Food Industry   59(4) 53-59   2017年4月
南国酒家は、全国の県と提携した様々な食材、また四季折々の食材をふんだんに取り入れた新しい料理を
創造し、日本に合う、美味しい中国料理を提供する。
コミュニケーションによる人生開花
坂上 宏
コミュニケーション教育学会研究誌   6 37-45   2017年3月   [査読有り]
国際的競争が激化した時代を生き抜くためには、島国根性を忘れ、近隣諸国とのコミュニケーションをとることが重要である。アイスブレークから自然にコミュニケーションに入って行くようにする。コミュニケーションによるリラックス感は、抗加齢効果を生む可能性もある。コミュニケ‐シン能力を磨くには、自分のアイデンティティを確立し、自分のスキルを生かせる職業に就くことである。毎日、体力作り、朝の時間の活用、英語力の強化などを励行するなら、やがて強靭な人脈が形成され、競争社会を勝ち抜くことが可能となろう。

K...
Yamali C, Gul HI, Ozgun DO, Sakagami H, Umemura N, Kazaz C and Gul M
Anticancer Agents Med Chem      2017年3月   [査読有り]
Abstract
A series of chalcones, (2,4/2,6-difluorophenyl)-3-(2,3/2,4/2,5/3,4-dimethoxyphenyl)-2-propen-1-ones, 1-8) were synthesized and evaluated against human OSCC cell lines and human oral normal cells. While all compounds had higher cytotoxicit...
Sakagami H, Okudaira N, Masuda Y, Amano O, Yokose S, Kanda Y, Suguro M, Natori T, Oizumi H and Oizumi T:
Anticancer Research   37(3) 1023-1030   2017年3月   [査読有り]
Abstract. Background/Aim: We have previously reported that
doxorubicin (DXR) showed much higher cytotoxicity against
human oral squamous cell carcinoma cell lines compared to
normal human mesenchymal normal oral cells (gingival
fibroblast, periodo...
Shimozu Y, Kimura Y, Esumi A, Aoyama H, Kuroda T, Sakagami H, Hatano T.
Molecules   22(3)    2017年3月   [査読有り]
Abstract
We isolated a new ellagitannin, davicratinic acid A (5), together with four known ellagitannins, davidiin (1), granatin A (2), pedunculagin (3), and 3-O-galloylgranatin A (4), from an aqueous acetone extract of dried Davidia involucrata l...
Sakagami H, Masuda Y, Tomomura M, Yokose S, Uesawa Y, Ikezoe N, Asahara D, Takao K, Kanamoto T, Terakubo S, Kagaya H, Nakashima H and Sugita Y
Anticancer Research   37(3) 1091-1098   2017年3月   [査読有り]
Abstract
BACKGROUND:
Fifteen chalcones were subjected to quantitative structure-activity relationship (QSAR) analysis based on their cytotoxicity and tumor specificity, in order to find their new biological activities.
MATERIALS AND METHODS:
Cytot...
中国料理に魅せられてー南国酒家の創業に至るまでの道程
宮田了 (英文訳:坂上宏)
New Food Industry   59(3) 71-74   2017年3月   [査読有り]
中国の料理をベースにして、日本的な要素を取り入れた新しい食文化を追及している中国料理レストラン「南国酒家」の創業の歴史に迫る
Panda AK, Das U, Umemura N, Sakagami H, Kawase M, Balzarini J, De Clercq E, Dimmock SG, Roayapalley PK, Dimmock JR
Bioorg Med Chem Lett.      2017年2月   [査読有り]
食材による幼若永久歯破折と再生歯内治療
増田 宜子、 横瀬 敏志、坂上 宏
New Food Industry   59(2) 73-77   2017年2月   [査読有り]
食材の形や大きさ,硬さが様々に現代人の健康に影響を及ぼしている。ほっそりした下顎の小さい顔
貌は好まれるが歯並びはあまり良くない。こうした下顎骨の縮小も現代人の食生活の変化に伴うもので
あろうと考えられている1, 2)。どのような食材を日頃よく食べるかは唾液の分泌量や脳への刺激におい
て大変重要である3)。噛むことは脳機能の活性化に寄与すると考えられる。噛み応えのある食材によっ
て歯根膜からの刺激が脳へ伝わることは良く知られている。歯周病で歯が欠損すると認知機能低下が起
こるという報告があ...
甘草フラボノイドの抗ヘルペスウイルス活性は,構造的・物理化学的特徴に依存する
植沢 芳広 、福地 邦彦、大野 裕和、山本 正次、加賀谷 肇、坂上 宏
New Food Industry   59(2) 47-52   2017年2月   [査読有り]
要旨
 甘草由来のフラボノイド,中でも,liquiritin apioside, isoliquiritin apioside, lucurzid は高い
抗ヘルペスウイルス(HSV) 活性を示した。QSAR 解析により,甘草含有成分を含む19 種類のフラボ
ノイドの抗HSV 活性は,分子の極性,イオン化ポテンシャル,分子サイズおよび環構造数に関連する
記述子と良好な相関を示すことが明らかになった(r2 > 0.6, p < 0.0001)。この結果は,フラボノイド
類の抗HSV 活性が,...
Gul HI, Yamali C, Yesilyurt F, Sakagami H, Kucukoglu K, Gulcin I, Gul M and Supuran CT
J Enzyme Inhib Med Chem   32(1) 369-374   2017年1月   [査読有り]
In this study, 4-[5-(4-hydroxyphenyl)-3-aryl-4,5-dihydro-1H-pyrazol-1-yl]benzenesulfonamide derivatives (8-14) were synthesized for the first time by microwave irradiation and their chemical structures were confirmed by 1H NMR, 13C NMR and HRMS. C...
Masuda Y, Yokose S and Sakagami H
In Vivo   59(1) 51-54   2017年1月   [査読有り]
Abstract. Endothelial cells and dental pulp cells enhance
osteo-/odontogenic and angiogenic differentiation. In our
previous study, rat pulp cells migrated to Nd:YAG laserirradiated
endothelial cells in an insert cell culture system.
The purpose o...
クマザサ葉アルカリ抽出液(ササヘルス®)の卓越した紫外線防護効果
坂上 宏、勝呂まどか、名取威德、大泉浩史、大泉高明
New Food Industry   59(1) 55-62   2017年1月   [査読有り]
要約
濃度未知の被験物質の紫外線防護効果を簡便に測定できる方法を開発した。この方法を用いることにより、クマザサ葉アルカリ抽出液(ササヘルス)が、低分子ポリフェノール類、漢方製剤・構成生薬、茶葉抽出物よりも1~2桁高い抗UV活性を示すことが明らかになった。ササヘルスの抗UV活性はビタミンCの添加により増強された。ササヘルスの抗UV活性は、UV吸収活性から予想される数値よりも数倍高かった。ササヘルスの化粧品産業への応用によるQOLの改善が期待される。
ササヘルスの卓越した抗ウイルス活性
福地邦彦、坂上宏、安井利一、金本大成、寺久保繁美、中島秀喜、勝呂まどか、名取威徳、大泉浩史、大泉高明
New Food Industry   58(12) 23-32   2016年12月   [査読有り]
要約  クマザサ葉アルカリ抽出液(ササヘルス ®)は,ポリメトキシフラボノイド類,低分子性ポリフェノー ル類や茶葉抽出物と比較して,高い抗ウイルス活性を示した。ササヘルス ® はアジドチミジン,ジオキ シシチジン,デキストラン硫酸,カードラン硫酸の抗ヒト免疫不全ウイルス活性や,アシクロビルの抗 単純ヘルペスウイルス活性を相乗的に促進した。ササヘルスの卓越した抗ウイルス活性は,ウイルスが 関与する様々な口腔疾患に有効である可能性が示唆された.
Fukuchi K, Okudaira N, Adachi K, Odai-Ide R, Watanabe S, Ohno H, Yamamoto M, Kanamoto T, Terakubo S, Nakashima H, Uesawa Y, Kagaya H and Salagami H
In Vivo   30(6) 777-785   2016年11月   [査読有り]
Abstract
BACKGROUND:
In the search for anti-viral and antitumor substances from natural resources, antiviral and antitumor activities of licorice root extract and purified ingredients were investigated.
MATERIALS AND METHODS:
Viability of cells wa...
Uesawa Y, Sakagami H, Kagaya H, Yamashita M, Takao K and Sugita Y
Anticancer Res   36(11) 5803-5812   2016年11月   [査読有り]
Abstract
AIM:
Sixteen 3-benzylidenechromanones were subjected to quantitative structure-activity relationship (QSAR) analysis based on their cytotoxicity and tumor-specificity, in order to examine their new biological activities.
MATERIALS AND MET...
Suzuki R, Matsushima Y, Okudaira N, Sakagami H and Shirataki Y
Anticancer Res   36(11) 5931-5935   2016年11月   [査読有り]
Abstract
BACKGROUND:
The 5-year survival rate of patients with oral cancer has remained approximately 50% during the past 30 years, possibly due to the poor tumor selectivity of conventional anticancer drugs. This prompted us to search for new can...
国際的コミュニケーション能力の重要性(3)―日中関係の改善を目指して
坂上宏、儲慶、戴秋娟、大石隆介、神崎龍志
New Food Industry   58(11) 59-74   2016年11月   [査読有り]
日中関係の改善は、相手国とは言語、歴史と文化、価値観など多くの点で異なることを理解した上で、交流を積極的にすることにより達成されると思われる。
Gul HI, Mete E, Eren SE, Sakagami H, Yamali C, Supuran CT
J Enzyme Inhib Med Chem.   32(1) 169-175   2016年10月   [査読有り]
In this study, 4-[3-(4-hydroxyphenyl)-5-aryl-4,5-dihydro-pyrazol-1-yl]benzenesulfonamide (1-9) types compounds were synthesized and their chemical structures were confirmed by 1H NMR, 13C NMR and HRMS spectra. Cytotoxic and carbonic anhydrase (CA)...
Umemura N, Ohkoshi E, Tajima M, Kikuchi H, Katayama T and Sakagami H
Stem Cell Res Ther   7(1)    2016年9月   [査読有り]
Abstract
BACKGROUND:
Dental pulp tissue contains many undifferentiated mesenchymal cells, which retain the ability to differentiate into mature cells. Induced pluripotent stem cells have been developed from various cell sources, including dental p...
Yamali C, Gul HI, Sakagami H and Supuran CT
J Enzyme Inhib Med Chem   31(sup4) 125-131   2016年9月   [査読有り]
Phenolic bis Mannich bases having the chemical structure of 1-[3,5-bis-aminomethyl-4-hydroxyphenyl]-3-(4-halogenophenyl)-2-propen-1-ones (1a-c, 2a-c, 3a-c) were synthesized (Numbers 1, 2, and 3 represent fluorine, chlorine, and bromine bearing com...
Tomikoshi Y, Nomura M, Okudaira N, Sakagami H, Wakabayashi H
In Vivo   30(5) 645-650   2016年9月   [査読有り]
Tumor-specificity (TS) and anti-inflammatory activity of benzo[b]cyclohept[e][1,4]oxazin-6(11H)-one, generally known as benzoxazinotropone (BOT), have been reported. In order to find a new biological activity, the combination effect of BOT and thr...
Kucukoglu K, Oral F, Aydin T, Yamali C, Algul O, Sakagami H, Gulcin I, Supuran CT, Gul HI.
J Enzyme Inhib Med Chem   31(sup4) 20-24   2016年8月   [査読有り]
A series of polymethoxylated-pyrazoline benzene sulfonamides were synthesized, investigated for their cytotoxic activities on tumor and non-tumor cell lines and inhibitory effects on carbonic anhydrase isoenzymes (hCA I and hCA II). Although tumor...
国際的コミュニケーション能力の重要性(2) ―外向き志向への切り替え―
大石隆介、坂上 宏
New Food Industry   58(8) 72-79   2016年8月
Japan is confronting with economic deflation and inward-oriented attitude of its citizen. In order to keep leadership in the Asian world, our nation has to provide new strategy by which turns our attitude to be outward-oriented.
Sakagami H, Fukuchi K, Kanamoto T, Terakubo S, Nakashima H, Natori T, Suguro-Kitajima M, Oizumi H, Yasui T, Oizumi T
In Vivo   30(4) 421-426   2016年7月   [査読有り]
Sakagami H, Sheng H, Okudaira N, Yasui T, Wakabayashi H, Jia J, Natori T, Suguro-Kitajima M, Oizumi H, Oizumi T
In Vivo   30(4) 331-339   2016年7月   [査読有り]
国際的コミュニケーション能力の重要性―語学力は強力な武器になる
坂上 宏、生宏、大石隆介
New Food Industry   58(7) 81-94   2016年7月
After the economic development, the motivation of young generation plummeted year by year, in contrast to the dramatic increase of world-wide competition. It is urgent to stop this trend by brushing up the international communication capability. ...
Unluer E, Gul HI, Demirtas A, Sakagami H, Umemura N, Tanc M, Kazaz C, Supuran CT
J Enzyme Inhib Med Chem   31(sup3) 105-109   2016年7月   [査読有り]
A series of Mannich bases having piperidine moiety were reacted with 2-mercaptoethanol, leading to 1-aryl-3-piperidine-4-yl-1-propanone hydrochlorides. The cytotoxicity and carbonic anhydrase inhibitory activities of these new compounds were evalu...
Panda AK, Das U, Roayapalley PK, Sakagami H, Kawase M, Balzarini J, De Clercq E and Dimmock JR
J Enzyme Inhib Med Chem   31(6) 1451-1456   2016年6月   [査読有り]
Novel series of niacin esters of chalcones 2, 4 and 6 were designed as antineoplastic agents that have the potential to release the chemoprotectant niacin. These enones are cytotoxic to human CD4+ T-lymphocyte Molt 4/C8 and CEM and murine leukemia...
Hossain M, Das U, Umemura N, Sakagami H, Balzarini J, De Clercq E, Kawase M and Dimmock JR
Bioorg Med Chem   24(10) 2206-2214   2016年5月   [査読有り]
A series of 1-acyl-3,5-bis(benzylidene)-4-piperidones 3-7 were designed and synthesized as novel cytotoxic agents. These compounds displayed potent cytotoxic properties towards human Molt4/C8, CEM, HSC-2, HSC-3 and HSC-4 neoplasms and also to muri...
Kato T, Segami N and Sakagami H
In Vivo   30 257-264   2016年5月   [査読有り]
Although a large number of Kampo, Japanese traditional medicines, have been used for the treatment of oral diseases, little is known on their relative potency and endotoxin contamination. In order to obtain basic data for clinical applications, 10...
Gul HI, Tuğrak M, Sakagami H, Taslimi P and Gulcin I
J Enzyme Inhib Med Chem   31(6) 1619-1624   2016年3月   [査読有り]
A series of new 4-(3-(4-substitutedphenyl)-3a,4-dihydro-3H-indeno[1,2-c]pyrazol-2-yl) benzenesulfonamides (7-12) was synthesized starting from 2-(4-substitutedbenzylidene)-2,3-dihydro-1H-inden-1-one (1-6) and 4-hydrazinobenzenesulfonamide. The sub...
Orabi MA, Taniguchi S, Sakagami H, Yoshimura M, Amakura Y and Hatano T
J Nat Prod      2016年3月   [査読有り]
Partially unacylated new oligomeric hydrolyzable tannins, nilotinin T2 (1, trimer) and nilotinin Q1 (2, tetramer), together with four known trimers, nilotinin T1 (3) and hirtellins T1-T3 (4-6), and a dimer, tamarixinin B (7), were isolated from th...
OkudairaN, Ishizaka Y, Nishio H and Sakagami H
In Vivo   30(2) 113-118   2016年3月   [査読有り]
The retroelement long interspersed element-1 (LINE-1 or L1) comprises about 17% of the human genome. A single human cell has 80 to 100 copies of retrotransposition-competent L1, approximately 10% of which are 'hot' and actively 'jump' around the g...
Sakagami H, Sheng H, Ono K, Komine Y, Miyadai T, Terada Y, Nakada D, Tanaka S, Matsumoto M, Yasui T, Watanabe K, Junye J, Natori T, Suguro-Kitajima M, Oizumi H and Oizumi T
In Vivo   30(2) 107-111   2016年3月   [査読有り]
Hino S, Nishiyama A, Matsuta T, Horie N, Shimoyama T, Tanaka S and Sakagami H
In Vivo   30(2) 91-97   2016年3月   [査読有り]
We have previously reported that salivary glycine and proline levels are increased to nearly butanoate level in elderly people. In order to identify the source of glycine and proline, we performed high-performance liquid chromatography analysis of...
Gul IH, Yamali C, Yasa TA, Unluer E, Sakagami H, Tanc M and Supuran CT
J Enzyme Inhib Med Chem   31(6) 1375-1380   2016年2月   [査読有り]
Mannich bases of thymol were synthesized. The aminomethylation reaction was realised in the ortho position of the phenol for compounds 2 (dipropylamine), 3 (benzylamine), and 4 (dibenzylamine) while it was from para position for 1 (dimethylamine),...
Karki S, Das U, Umemura N, Sakagami H, Iwamoto S, Kawase M, Balzarini J, De Clercq E, Dimmock S,Dimmock J
J Med Chem      2016年1月   [査読有り]
A preliminary trial to the historical survey and view of the present authors’ fundamental research for effects of plant-origin drugs on infectious diseases with special attention to Chagas disease caused by the obstinate protozoa, Trypanosoma cruzi in Gua
Maki J, Sakagami H, Caceres A and Tada I
Matsuyama University Review   27(5) 169-196   2015年12月   [査読有り]
Sakagami H, Shimada C, Kanda Y, Amano O, Sugimoto M, Ota S, Soga T, Tomita M, Sato A, Tanuma S, Takao K and Sugita Y
Toxocology Reports   2 1281-1290   2015年12月   [査読有り]
中国の食材 食効・薬効NO. 3、秋の養生 百合根(Bǎi hé gēn)
生宏、坂上 宏
New Food Industry   57(11)    2015年11月   [査読有り]
中国の食材 食効・薬効 No.2 夏バテに効く 緑(リョク)豆(トウ)湯
生宏、坂上宏、白瀧義明
New Food Industry   57(10)    2015年10月   [査読有り]
日本では夏バテ防止の食べ物はうなぎや梅干しなどですが、中国では、昔から「緑豆湯」を食べる習慣があります。夏バテは中国語で「中暑」(zhòng shǔ)と書き、日本語では暑さに当たるという意味です。緑豆は、どの家庭でも常備食材で、特に、夏場には不可欠な食材となっています。緑豆で作ったものは「緑豆湯」のみならず、緑豆の豆乳、もやし、あずきバーのような棒付きの緑豆アイスキャンデーや緑豆春雨などもあります。台湾では、緑豆茶と緑豆洗顔料もあります。
私(生宏)が小さい頃、猛暑の日に限らず、夏以外の時...
Sakagami H, Uesawa Y, Ishihara M, Kagaya H, Kanamoto T, Terakubo S, Nakashima H, Takao K and Sugita Y. Quantitative structure–cytotoxicity relationship of oleoylamides
Anticancer Res   35(10) 5341-5355   2015年10月   [査読有り]
Eighteen oleoylamides were subjected to quantitative structure-activity relationship analysis based on their cytotoxicity, tumor selectivity and anti-HIV activity, in order to assess their biological activities. Cytotoxicity against four human ora...
Uesawa Y, Sakagami H, Ishihara M, Kagaya H, Kanamoto T, Terakubo S, Nakashima H, Yahagi H, Takao K and Sugita Y
Anticancer Res   35(10) 5299-5308   2015年10月   [査読有り]
Abstract
BACKGROUND:
Sixteen 3-styryl-2H-chromenes were subjected to quantitative structure-activity relationship analysis based on their cytotoxicity, tumor selectivity and anti-HIV activity, in order to find their new biological activities.
MATE...
対談、広がるクマ笹の可能性―最新研究から見る未来の可能性―
北嶋まどか、賈 俊業、名取 威德、大泉浩史、大泉高明、渡邊康一、安井利一、坂上 宏
New Food Industry   57(9) 73-86   2015年9月
中国の食材 食効・薬効NO. 1 --薏苡仁赤小豆湯
生宏、坂上 宏
New Food Industry   57(9) 54   2015年9月
縮小条虫の感染で予測される社会・経済損失の軽減と一次・二次予防に関する基礎研究
牧 純、関谷 洋志、相良 英憲、畑 晶之、山口 巧、玉井 栄治、坂上 宏
松山大学論集   27(4-2) 201-222   2015年8月   [査読有り]
マンソン住血吸虫感染の概要と予測される社会・経済損失の軽減・予防対策に関する基礎研究
牧 純、関谷 洋志、相良 英憲、畑 晶之、山口 巧、玉井 栄治、坂上 宏
松山大学論集   27(4-3) 85-108   2015年8月   [査読有り]
史的世界にみるマラリア、その感染による社会・経済損失の軽減および一次・二次・三次予防に関する基礎研究
牧 純、関谷 洋志、相良 英憲、畑 晶之、山口 巧、玉井 栄治、坂上 宏
松山大学論集   27(4-1) 249-276   2015年8月   [査読有り]
Tugrak M, Yamali C, Sakagami H and Gul HI
J Enzyme Inhib Med Chem   31(5) 818-823   2015年8月   [査読有り]
Chalcones and Mannich bases are a group of compounds known for their cytotoxicities. In this study restricted chalcone analogue, compound 2-(4-hydroxybenzylidene)-2,3-dihydroinden-1-one MT1, was used as a starting compound to synthesize new mono M...
人体への寄生虫感染を警戒すべき食材(14)―水生の食用植物、生の牛レバーから感染する肝蛭、
牧 純、田邊知孝、畑 晶之、関谷洋志、玉井栄治 、坂上 宏、舟橋達也
New Food Industry   57(7) 45-49   2015年7月   [査読有り]
肝蛭の感染による社会・経済損失の軽減と予防を目指す基礎研究(研究ノート)
牧 純、田邊知孝、関谷洋志、玉井栄治、坂上 宏、舟橋達也
松山大学論集   27(2) 93-109   2015年6月   [査読有り]
Garcia-Contreras1 R, Scougall-Vilchis RJ, Contreras-Bulnes R, Sakagami H, Mora RA and Nakajima H
J Appl Oral Sci   23(3) 321-328   2015年6月   [査読有り]
Tomomura M, Suzuki R, Shirataki Y, Sakagami H and Tomomura A
PLOS ONE      2015年6月   [査読有り]
血液寄生の吸虫類のひとつ日本住血吸虫に関する概要、その感染がもたらす社会・経済損失および予防対策に関する基礎研究(研究ノート)
牧 純、田邊知孝、関谷洋志、畑 晶之、玉井栄治、坂上 宏、舟橋達也
松山大学論集   27(1) 168-177   2015年5月   [査読有り]
Sparganum mansoni幼虫感染の危険性、社会・経済損失および予防対策に関する基礎研究
牧 純、田邊知孝、関谷洋志、玉井栄治、坂上 宏、舟橋達也
松山大学論集   27(1) 145-165   2015年5月   [査読有り]
イヌトウキの生物活性と今後の展望
坂上 宏、佐藤和恵、金本大成、寺久保繁美、中島秀喜、牧純、白瀧義明、三間修、斎田圭子
New Food Industry   57(5) 35-39   2015年5月   [査読有り]
人体への寄生虫感染を警戒すべき食材(13)-刺身・寿司からの感染が怖いアニサキスの予防策の背景となる基本的知見
牧 純、田邊知孝、畑 晶之、坂上 宏、中村円香、大西俊輔、関谷洋志、玉井栄治、舟橋達也
New Food Industry   57(5) 61-69   2015年5月
宮崎肺吸虫に関する概要とその感染がもたらす社会・経済損失、予防対策に関する基礎研究(ノート)
牧 純、田邊知孝、畑 晶之、関谷洋志、玉井栄治、坂上 宏、舟橋達也
松山大学論集   26(6) 389-402   2015年4月   [査読有り]
迷信的な動物性“生薬”等が原因となる広東住血線虫感染の概要と予測される社会・経済損失、予防対策に関する基礎研究
牧 純、田邊知孝、関谷洋志、畑 晶之、玉井栄治 、坂上 宏、舟橋達也
松山大学論集   26(6) 332-342   2015年4月   [査読有り]
Comparative study of the marginal adaptation of three retro-filling materials
Jimenez-Bueno I, Kobayashi K, Nakamura Y, Kotani Y, Sakagami H and Nakajma H
Rev Endod Actua   9(9) 4-11   2015年4月   [査読有り]
Suzuki R, Sakagami H and Shirataki Y
Heterocycles   91(5) 1036-1041   2015年4月   [査読有り]
新たなスタートを迎えるにあたって
坂上 宏
New Food Industry   57(4) 83-88   2015年4月   [査読有り]
これからの競争社会に立ち向かうには
坂上 宏
日薬理誌   145 171-172   2015年4月   [招待有り]
Garcia-Contreras1 R, Susigmoto M, Umemura N, Kaneko M, Hatakeyama Y, Soga T, Tomita M, Scougall-Vilchis RJ, Contreras-Bulnes R, Nakajima H and Sakagami H
Biomaterials   57 33-40   2015年4月   [査読有り]
Comparative study of the marginal adaptation of three retro-filling materials
Jimenez-Bueno I, Kobayashi K, Nakamura Y, Kotani Y, Sakagami H and Nakajma H
Rev Endod Actua   9(3) 4-11   2015年3月   [査読有り]
Constituents of the leaves of Odontioda Marie Noel 'Verano' with inhibitory activity on RANKL-induced osteoclast differentiation
Watanabe M, Suzuki R, Tomomura M, Sakagami H, Tomomura A and Shirataki Y
Shoyakugaku Zasshi   69(1) 20-21   2015年2月   [査読有り]
Gul HI, Tugrak M and Sakagami H: Synthesis of some acrylophenones with N-methylpeperazine and evaluation of their cytotoxicities.
J Enzyme Inhib Med Chem   31(1) 147-151   2015年2月   [査読有り]
Amurensiosides L-P, five new cardenolide glycosides from the roots of Adonis amurensis.
Kubo S, Kuroda M, Yokosuka A, Sakagami H and Mimaki Y
Natural Product Communications   10(1) 27-32   2015年1月   [査読有り]
松の実殻アルカリ抽出液(SPN)の生物活性と今後の展望
742 坂上 宏、佐藤和恵、加藤崇雄、下山哲夫、金本大成、寺久保繁美、中島秀喜、須永克佳、津田 整、牧 純、吉原正晶
New Food Industry   57(1) 19-26   2015年1月
Kuroda M, Ori K, Takayama H, Sakagami H and Mimaki Y
Steroids   93 96-104   2015年1月   [査読有り]
We have analyzed the steroidal glycosides in Allium karataviense bulbs, and isolated five new bisdesmosidic steroidal glycosides: karataviosides G-K (1-5). The structures were elucidated by extensive spectroscopic analysis, including 2D NMR and en...
Matsuo Y, Sakagami H and Mimaki Y
Chem Pharm Bull (Tokyo)   62(12) 1192-1199   2014年12月   [査読有り]
A rare type of sesquiterpene with a spiro bicyclic system (1) and seven new (2-8) and four known (9-12) β-santalol derivatives were isolated from the heartwood of Santalum album (Santalaceae). The structures of these new compounds were determined ...
A comparative in vitro efficacy of conventional rotatory and chemomechanical caries removal: Influence on cariogenic flora, microhardness, and residual composition
Rene Garcia-Contreras, Rogelio Jose Scougall-Vilchis, Rosalia Contreras Bulnes, HIroshi Sakagami, Raul Alberto Morales-Luckie, Hiroshi Nakajima
J Conserv Dent   17(6) 536-540   2014年11月   [査読有り]
口腔扁平上皮癌細胞死誘導における代謝物変動の網羅的メタボローム解析
坂上 宏、杉本昌弘
口腔組織培養学会誌   23(2) 9-17   2014年10月   [査読有り]
Shimada C, Uesawa Y, Ishii-Nozawa R, Ishihara M, Kagaya H, Kanamoto T, Terakubo S, Nakashima H, Takao K, Sugita Y and Sakagami H
Anticancer Res   34(10) 5405-5412   2014年10月   [査読有り]
Abstract
BACKGROUND:
Fifteen 3-styrylchromones were subjected to quantitative structure-activity relationship (QSAR) analysis based on their cytotoxicity, tumor selectivity and anti-HIV activity, in order to explore their biological activities.
MA...
薬学・科学用語を中心とした頭字語のAからZ(ミニレヴュー)(総説)
牧 純、畑 晶之、田邊知孝、関谷洋志、玉井栄治、坂上 宏、舟橋達也
愛媛県病薬会誌   115 11-14   2014年9月   [査読有り]
Sakagami H
J Pharmacol Sci   126 92-106   2014年9月   [査読有り]
The present article reviewed the biological activities and possible dental application of three major polyphenols, i.e., lignin-carbohydrate complexes, tannins, and flavonoids, citing mostly our in vitro studies together with those from other grou...
Shimada C, Uesawa Y, Ishihara M, Kagaya H, Kanamto T, Terakubo S, Nakashima H, Takao K, Miyashiro T, Sugita Y and Sakagami H
Anticancer Res   34(9) 4877-4884   2014年9月   [査読有り]
Abstract
BACKGROUND:
A total of 12 piperic acid amides, including piperine, were subjected to quantitative structure-activity relationship (QSAR) analysis, based on their cytotoxicity, tumor selectivity and anti-HIV activity, in order to find new ...
GefitinibとSN-38の併用による口腔扁平上皮癌細胞株の増殖抑制効果
南部 久美、富田至保、坂上 宏、嶋田 淳
明海歯科医学   43(2) 131-139   2014年9月   [査読有り]
Garcia-Contreras R, Scougall-Vilchis RJ, Contreras-Bulnes R, Kanda Y, Nakajima H and Sakagami H
In Vivo   28(5) 895-907   2014年9月   [査読有り]
Abstract
BACKGROUND/AIM:
Incorporation of nanoparticles (NPs) into the glass ionomer cements (GICs) is known to improve their mechanical and antibacterial properties. The present study aimed to investigate the possible cytotoxicity and pro-inflamm...

書籍等出版物

 
Temas selectos de biomedicina en Ciencias de la Salud
Garcia-Contreras R, Scougall-Vilchis RJ, Contreras-Bulnes R, Sakagami H and Nakajima H (担当:共著, 範囲:Capitulo I Area Odontologia, Efecto citotoxico de las nanoparticulas de TiO2 en cultivo de celulas orales, p31-42, 2017)
Capitulo I Area Odontologia, Efecto citotoxico de las nanoparticulas de TiO2 en cultivo de celulas orales, p31-42, 2017   2017年8月   ISBN:978-607-9426-99-6
Biological Activities and Action Mechanisms of Licorice Ingredients
坂上 宏 (担当:編者, 範囲:Chapter 1. Introductory Chapter: Future Prospect of Licorice, Popular Crude Drug and Food Sweetener. pp3-12;Chapter 6. Applicability of Licorice Extracts for Treatment of Oral Diseases, Evaluated by Simplified In Vitro Assay Systems. pp91-106)
INTECH   2017年4月   ISBN:978-953-51-5195-1
Drugs are classified into “over‐the‐counter (OTC) drugs” that are sold in drug stores and “medicinal (or ethical) drugs” that are prescribed by doctors [1] (Figure 1). “Herbal drug materials” and “Kampo (Japanese Traditional Medicines)” belong to ...
Therapeutic potential of solubilized nanolignin against oral diseases.
Sakagami H, Sheng H, Yasui T, Fukuchi K, Oizumi T, Ohno H, Yamamoto M, Fukuda T, Kotohda K, Yoshida H, Kanamoto T, Terakubo S and Nakashima H (担当:分担執筆, 範囲:In Nanostructures for Oral Medicicne (Nanostructures in Therapeutic Medicine Series),)
Elsevier   2017年4月   ISBN:978-0-323-47720-8
There are three representative polyphenols in the natural kingdom: lignin, tannin, and flavonoid. Lignin is linked to polysaccharides to form lignin–carbohydrate complex (LCC). Due to the structural complexity, compete structural determination of ...
シンプル歯科薬理学
編者、大浦清、坂上 宏、戸苅彰史、二藤彰、山崎純 (担当:共著, 範囲:17章、消毒に用いる薬物)
永末書店   2017年1月   ISBN:978-4-8160-1319-5
Volume XI: NanoBioMaterials in Dentistry. Applications of Nanobiomaterials Volume 11.
Garcia-Contreras R, Scougall-Vilchis RJ, Contreras-Bulnes R, Masahiro Sugimoto M, Nakajima H and Sakagami H (担当:共著, 範囲:Chapter 3. Effect of titanium dioxide nanoparticle on proliferation, drug-sensitivity, inflammation and metabolomic profiling of human oral cells.)
Elsevier   2016年7月   ISBN:978-0-323-42867-5
Titanium dioxide nanoparticle (TiO2 NP) is known to improve mechanical and antibacterial properties of conventional glass ionomer cements (GIC); however, its biocompatibility is still controversial. Most of previous studies related to TiO2 NP toxi...

講演・口頭発表等

 
明海大学歯科医学総合研究所(M-RIO)の設立 -有害作用の少ない口腔疾患治療薬の開発をめざして
坂上 宏、友村美根子、増田宜子
歯科基礎医学会   2017年9月18日   
Search for Anti-HIV and Anti-Oral Disease Substances from Natural Resources [招待有り]
Hiroshi Sakagami
The 3rd SAJU Forum   2017年7月15日   SAJU フォーラム実行委員会 日本側幹事校:筑波大学、長崎大学
2017年7月15日(土)、16日(日)第3回SAJUフォーラムが東京国際交流館で開催され、本大学からは安井学長、坂上教授らが出席しました。
 このフォーラムは日本と南アフリカ両国の科学技術分野での共同研究や発展のため、南アフリカ大使館科学技術部http://www.dst.tokyo/ が催したものであり、これまで第1回(広島・2007年)、第2回(ケープタウン・2008年)フォーラムが開催され、本フォーラムは筑波大学と長崎大学が主幹を務めました。
 両国の代表と7名のゲストスピーカーか...
坂上教授退任記念誌~これまでの歩んできた道筋、将来展望、次世代へのメッセージ
坂上 宏
2017年4月15日   
教授退任最終講義
坂上 宏
口腔疾患治療薬の開発をめざして   2017年3月23日   

競争的資金等の研究課題

 
水中運動による身体機能改善と唾液老化マーカーへの影響
文部省科学研究費助成事業: 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 田村暢章
新規3-スチリルクロモン誘導体の口腔癌治療薬としての可能性に関する基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 坂上 宏
我々は、新規ハイブリッド化合物である(E)-3-(4-hydroxystyryl)-6-methoxy-4H-chromen-4-oneが抗癌剤に匹敵する腫瘍選択性を示すことを発見した。本研究は、このリード化合物のクロモン環の5~7位に種々の置換基を導入し、半経験的分子軌道法による活性構造の予測と検証を繰り返し、口腔扁平上皮癌細胞をより選択的に傷害する化合物を合成する。さらに、置換基導入化合物により誘導される細胞死のタイプを特定するとともに、細胞死誘導過程において変動する低分子代謝物を網羅...
植物性食品および生薬中の抗腫瘍性物質としての高分子ポリフェノール研究の展開
文部科学省: 科学研究費助成事業(学術研究助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 波多野力
コラーゲン代謝物に着目した唾液老化マーカーの開発
文部科学省: 科学研究費挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 坂上 宏
ヒト歯髄細胞を用いた硬組織再生の試み
文部科学省: 科学研究費一般研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 片山直

特許

 
特願2011-016195 : 新規タンニン誘導体
波多野 力、竹内靖男、坂上 宏
抗腫瘍性多糖
第2519461号
ウイルス感染予防剤
第2923660号
リグニンの新規用途
公開番号:特開2003-40792
ポリカフェノールの新規用途
公開番号:特開2003-40786

社会貢献活動

 
国際的コミュニケーション能力および日中友好関係の推進を目指す日中共同執筆活動
【編集, 企画】  2014年 - 現在
明海大学浦安キャンパスメディアセンター新着小説(洋書)のあらすじの紹介
【情報提供】  2013年7月29日 - 現在
論文リスト(1977~現在)
【情報提供】  1977年 - 現在
MPL創立18年記念誌~天然物(生薬)や化学合成した化合物から人類の健康に役立つ物質の探索を目指して
【編集, 企画, 報告書執筆】  リュウワ印刷  2017年1月