柴沼 質子

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/02 17:54
 
アバター
研究者氏名
柴沼 質子
 
シバヌマ モトコ
所属
昭和大学
部署
薬学部 腫瘍細胞生物学
職名
教授
学位
薬学博士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1992年
東京大学医科学研究所 文部技官
 
1992年
 - 
1995年
昭和大学薬学部 助手
 
1995年
   
 
- 昭和大学薬学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
京都大学 薬学研究科 薬品物理化学
 
 
 - 
1983年
京都大学 薬学部 薬品物理化学
 

受賞

 
1991年
日本組織培養学会奨励賞
 
1995年
上原研究奨励賞
 

論文

 
Mori K, Uchida T, Yoshie T, Mizote Y, Ishikawa F, Katsuyama M, Shibanuma M
The FEBS journal   286(3) 459-478   2018年10月   [査読有り]
Kuwata H, Nakatani E, Shimbara-Matsubayashi S, Ishikawa F, Shibanuma M, Sasaki Y, Yoda E, Nakatani Y, Hara S
Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids   1864(11) 1606-1618   2019年11月   [査読有り]
Arai T, Ohno A, Mori K, Kuwata H, Mizuno M, Imai K, Hara S, Shibanuma M, Kurihara M, Miyata N, Nakagawa H, Fukuhara K
Bioorganic & medicinal chemistry letters   26(22) 5468-5471   2016年11月   [査読有り]
Mizuno M, Mori K, Misawa T, Takaki T, Demizu Y, Shibanuma M, Fukuhara K
Bioorganic & medicinal chemistry letters   29(18) 2659-2663   2019年9月   [査読有り]
Arai T, Ohno A, Kazunori M, Kakizawa T, Kuwata H, Ozawa T, Shibanuma M, Hara S, Ishida S, Kurihara M, Miyata N, Nakagawa H, Fukuhara K
Bioorganic & medicinal chemistry   24(18) 4138-4143   2016年9月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
細胞接着斑-核両局在性蛋白質HIC-5複合体による細胞増殖の足場依存性制御機構と癌の悪性化(転移)に関する研究(細胞内レドックスとの関わり)
科学研究費補助金
上皮-間充織細胞転換(epithelial mesenchymal transition)を含む細胞の悪性化形質に特異的なTGFβ1シグナルの解析(TGFβシグナルとしての活性酸素種の役割)
遺伝子科学研究
ミトコンドリア機能変化と細胞悪性化、幹細胞形質発現との関連
研究期間: 2009年