論文

2010年4月

『虚栄の市』の主要人物の特徴 ―人物名の意味と言い換え表現を通じて―

学苑

834
開始ページ
70
終了ページ
91
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
昭和女子大学 近代文化研究所

この論文の目的は以下の3項目である。<br />
1.『虚栄の市』の作中人物名を意味深い名前と平凡な名前とに分類し,人名の使い方を解説すること。<br />
2.意味深い名前の人物と彼らの言動,言い換えれば性格との関係を明らかにすること。<br />
3.主要人物がどのような名詞で言い換えられているのかを検討し,各人物の特徴を解明すること。<br />
サッカリーの人名の使い方と性格描写の特徴をまとめると次のように言える。第1に,彼は多数の人物をその名前の意味によって印象的な性格にすることができた。大半の人物が,その巧みなネーミングのおかげで,性格が端的に理解できるように工夫されている。第2に,彼はさまざまな言い換えによって,主要人物の特徴を多角的に把握できるように描写できた。この小論で取り上げた主要人物について見れば,言い換え表現の多い上位4名の人物は,ベッキー(240個所),アミーリア(210個所),ドビン(150個所),ロードン(100個所)となる(数字は概数

エクスポート
BibTeX RIS