Works(作品等)

1989年9月

『十二夜』における笑い-その特質と機能-


作品分類
その他
発表場所
現代英米文化学会第7回大会

『十二夜』にみられる笑いの種類を分析しつつ、これを4つに大別し、次にそれぞれの笑いの機能を説明し、続いて、シェイクスピアの初期の喜劇から『間違いの喜劇』と『恋の骨折り損』とにおける笑いに触れることにより、『十二夜』の笑いの特質を論じた。