古川 純

J-GLOBALへ         更新日: 12/04/11 10:49
 
アバター
研究者氏名
古川 純
 
フルカワ アツシ

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
専修大学 法務研究科 法務研究科 教授
 
 
   
 
東京大学 助手 (法学部)東京経済大学 専任講師東京経済大学 助教授東京経済大学 教授専修大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1966年
東京大学 法学部 第2類(公法コース)
 

委員歴

 
1999年
   
 
日本公法学会  理事
 
2003年
   
 
全国憲法研究会  運営委員
 

Misc

 
雑誌「改造」にみる占領下検閲の実態(1)
古川 純
東京経済大学 学会誌116・117合併号      1980年9月
ドイツ近代国制史研究序説
古川 純
東京経済大学 学会誌 93号      1975年11月
明治国家の構成原理序説
古川 純
東京経済大学 学会誌 94号      1976年1月
日米関係のなかの自衛隊30年
古川 純
日本評論社 法学セミナー 1980.12      1980年12月
明治期法思想における「国家」と「社会」の問題
古川 純
東京経済大学 学会誌 95号      1976年3月

書籍等出版物

 
現代国家と法Ⅰ
法律文化社   1972年5月   
現代日本の法思想 (明治憲法制定をめぐる法思想)
有斐閣   1976年1月   
判例コンメンタール 憲法Ⅱ (憲法33条、34条)
三省堂   1977年1月   
憲法入門2
有斐閣   1977年6月   
憲法判例の研究 (平和的生存権-長沼訴訟)
敬文堂   1982年11月   

講演・口頭発表等

 
平和意識の実態(全国)
日本法社会学会   1984年   
国家秘密と自由な言論
日本平和学会 於立命館大学   1988年   
軍拡の新構図-行政改革と防衛問題
全国憲法研究会   1982年   
明治憲法制定期の天皇制
全国憲法研究会「日本社会の特質と天皇制-明治憲法史を中心に」   1989年   

競争的資金等の研究課題

 
憲法訴訟の理論と技術の研究
東北アジアの法と政治に関する研究
憲法第9条と総合的平和保障の研究
国家の戦争責任と戦後補償の研究
占領下の出版・報道検閲に関する研究