MAKINO Mitsunori

J-GLOBAL         Last updated: Jul 4, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
MAKINO Mitsunori
URL
https://sites.google.com/g.chuo-u.ac.jp/makinolab/
Affiliation
Chuo University
Section
Faculty of Science and Engineering
Job title
Professor
Research funding number
90238890
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-2689-3738

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1991
 - 
Mar 1992
早稲田大学理工学部助手
 
Apr 1992
 - 
Mar 1995
中央大学理工学部電気・電子工学科専任講師
 
Apr 1995
 - 
Mar 1996
中央大学理工学部電気・電子工学科助教授
 
Apr 1996
 - 
Mar 1999
中央大学大学院理工学研究科情報工学専攻修士課程担当
 
Apr 1996
 - 
Mar 2004
中央大学理工学部情報工学科助教授
 

Education

 
Apr 1989
 - 
Mar 1992
電気工学専攻, Graduate School, Division of Science and Engineering, Waseda University
 

Awards & Honors

 
Jun 2017
段階別コンピテンシーによる教育の実践・評価, Distinguished Educational Practitioners Award, IEICE
Winner: Mitsunori Makino
 
Mar 2014
画像・映像コンテンツ演習 (段階別コンピテンシー育成教育プログラム情報工学科主対応科目群), 社会人基礎力を育成する授業30選, 経済産業省
Winner: 牧野光則、鈴木寿、趙晋輝、鳥海重喜、高松瑞代、森口昌樹
 
Aug 2013
段階別コンピテンシー育成システム, 第17回工学教育賞, 日本工学教育協会
Winner: 牧野光則、鈴木寿、田口東、鳥海重喜、高松瑞代
 
Mar 2008
学術奨励賞, 中央大学
 
Nov 2007
視覚特性を利用した詳細度制御による没入型システムでの高速表示, 第23回NICOGRAPH論文コンテスト審査員特別賞, 芸術科学会
Winner: 松本茂、牧野光則
 

Published Papers

 
CRAYON - A 3D Solid Modeling System on the CAVE
Mikiko Koike, Mitsunori Makino
Proceedings of 2009 International Conference on Image and Graphics (ICIG2009)   634-639   Sep 2009   [Refereed]
An AR-based Support System for Self-Study of Solar Orbit
Moe Kadosawa, Mitsunori Makino
Proceedings of 2018 International Conference on Electronics, Information, and Communication      Jan 2018   [Refereed]
An AR-based Support System for Learning Chemical Reaction Formula in Science of Junior High School
Rina Ashida, Mitsunori Makino
Proceedings of 2018 International Conference on Electronics, Information, and Communication      Jan 2018   [Refereed]
A flexibly projected AR system of wall-mounted buttons
Daiki Masaki, Mitsunori Makino
Proceedings of 2018 International Conference on Electronics, Information, and Communication      Jan 2018   [Refereed]
Single visual output determination using multiple input in consideration of immersion
Kota Nishimura, Mitsunori Makino
Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2017 (IWAIT 2017)      Jan 2017   [Refereed]

Misc

 
可触性により主体的な学びを促すAR天体学習システム
門澤萌、牧野光則
第77回CG・可視化研究会資料      Mar 2017
タブレット端末を用いた拡張現実感による履歴書の手書き支援システム
長谷川力,牧野光則
情報処理学会第79回全国大会論文集   第4分冊(3X) 5   Mar 2017
PBF による粒子の状態変化計算を用いた炭酸水のSSF による実時間描画
箭内一樹,牧野光則
情報処理学会第79回全国大会論文集   第4分冊(7X) 6   Jan 2017
A Study on Tangible Interface Suitable for Presenting a Virtual Space
Makoto Washino, Mitsunori Makino
IPSJ SIG Technical Reports on HCI   2016-HCI-167(19) 1-8   Mar 2016
近年登場している VR 向けハードウェアやコンテンツでは,視覚から没入感を高める傾向が強い.しかし,今後の市場成長を大きくするためには,ユーザの操作に焦点を当てたシステムの普及が必要である.そこで本研究では利用者の没入感を向上するために,入出力画面を分離した仮想現実感システムにおける UI を設計し,その有用性を検証した.提案UIは入力デバイスであるディスプレイ上での利用者の操作を取得し,かつ,利用者が操作する有形オブジェクトを認識する.それにより,ユーザの動作と仮想空間におけるオブジェク...
A Support System of Clothes Selection with Projection of Real Scene onto a Virtual Space Represented on Video See-Through HMD
Kei Katoh, Mitsunori Makino
IPSJ SIG Technical Reports on CHI   2016-HCI-167(13) 1-6   Mar 2016
近年,衣料品市場が伸び悩んでいる原因として,衣料品市場の e コマース (EC) 化の縮小が考えられる.衣料品市場の EC 化縮小の一因は消費者がネット通販では衣料品を試着できないことであり,自宅で試着できるシステムの普及が必要である.それは消費者が自宅で手軽に行える必要があり,AR を用いた仮想的な試着システムが適している.既存システムに大型ディスプレイにユーザの全身を映すものがある.しかし,これは大型ディスプレイを使用するため自宅用としての普及に適していない.そこで本研究では,手軽に大...

Books etc

 
グラフィックス(188p.)全体を通して共同執筆
大石進一、牧野光則
日本評論社   Jul 1994   

Conference Activities & Talks

 
VR環境における手腕動作の学習支援システム
Yoshie Doshi
第82回CG・可視化研究会(CAVE研究会)   Mar 2018   
Oculus Riftを用いたVRでの没入感の向上
蘆田璃奈, 牧野光則
第72回CG・可視化研究会   Mar 2016   
Computer Graphics and Visualization Technology in Big Data and Cloud Computing
18th International Computer Science and Engineering Conference (ICSEC2014)   Jul 2014   
Recent trends on big data and cloud computing encourages computer graphics (CG) and visualization (Vis) technology represent more fruitful information on generating images/movies. On the other hand, displays, especially in mobile environments, hav...
体験する技術-バーチャルリアリティからの発想
日本デザイン学会平成21年度秋季企画大会   Nov 2010   
高周波電磁波伝搬の対話的可視化による無線通信システムの信頼性提示
曹暁逸, 中野宏亮, 牧野光則, 白井宏, 篠田庄司
日本セキュリティ・マネジメント学会第2回情報セキュリティ学際シンポジウム2005論文概要集,日本セキュリティ・マネジメント学会   Dec 2005   

Research Grants & Projects

 
CG技術による視認性の数値化・可視化に関する研究
本学研究所からの研究費
Project Year: Apr 2007 - Mar 2010
対話性を考慮した情報の立体視を含む高品質可視化技法に関する研究
中央大学: 中央大学特定課題研究費
Project Year: Apr 2005 - Mar 2007
大域的な収束性と汎化能力を保証する多層人工神経網の新しい学習方式に関する研究
Chuo University: 
Investigator(s): 趙 晋輝
安定性と大域収束性を保証する新しいIIR型適応信号処理アルゴリズムに関する研究
Chuo University: 
Investigator(s): 趙 晋輝
Representation, recognition and synthesis of 3D images using Lie algebra surace model
CHUO UNIVERSITY: 
Investigator(s): 趙 晋輝

Patents

 
PCT/JP2006/313202 : 視認性評価方法および視認性評価装置
特開2006-185270 : 視認対象物の視認性評価方法および評価装置

Social Contribution

 
平成14年度社団法人日本技術士会技術試験委員(電気技術分科会)
[]  Nov 2002 - Mar 2003