広瀬 弘忠

J-GLOBALへ         更新日: 10/09/01 00:00
 
アバター
研究者氏名
広瀬 弘忠
 
ヒロセ ヒロタダ
URL
http://www.justmystage.com/home/hiroseh/index.html
所属
東京女子大学
部署
現代教養学部 人間科学科
職名
教授
学位
文学博士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1971年
 - 
1976年
東京大学 助手
 
1976年
 - 
1983年
東京女子大学 助教授
 
1983年
   
 
- 東京女子大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1971年
東京大学 人文科学研究科 心理学
 
 
 - 
1968年
東京大学 文学部 心理学
 

委員歴

 
2011年
 - 
2015年
The International Research Committee on Disaster  Board Member
 
1996年
 - 
1998年
日本リスク研究学会  副会長, 会長, Risk Research Editional Board
 
1981年
 - 
1988年
Research Committee on Disasters  評議員
 
1991年
 - 
1993年
日本社会心理学会  学会誌編集委員
 
1998年
 - 
2009年
Journal of Risk Research  編集委員,副編集者
 

受賞

 
1987年
日本心理学会研究奨励賞
 
2000年
日本リスク研究学会賞
 

Misc

 
中嶋励子と共著
日本リスク研究学会誌   19(4) 55-62   2009年
人の行動と心理からみるシミュレーションの効用と限界
科学 岩波書店   78(10) 1126-1128   2008年
災害弾力性と受動的安全性
日本リスク研究学会誌   17(3) 1-3   2008年
弾んで撥ね返す
青春と読書 集英社   42(12) 16-19   2007年
2004年新潟県中越地震被災者の行動と意識の変化についてのパネル分析
中嶋励子と共著
日本リスク研究学会誌   17(2) 101-108   2007年

書籍等出版物

 
どんな災害も免れる処方箋-疑似体験「知的ワクチン」の効能
講談社   2009年   
災害防衛論
集英社新書   2007年   
生と死の極限心理―サバイバルの限界を考察する
講談社   2006年   
無防備な日本人
ちくま新書   2006年   
人はなぜ危険に近づくのか
講談社新書   2006年   

Works

 
平成19年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(S)) 「巨大複合災害とその減災戦略」
1999年 - 2012年
平成12年度環境庁リスクレベル研究班「環境と健康に関する調査」
2000年 - 2001年
平成11年度環境庁リスクレベル研究班「環境と健康に関する調査」
1999年 - 2000年
平成10年度環境庁リスクレベル研究班「環境と健康に関する調査」
1998年 - 1999年
平成10年度厚生省厚生科学研究エイズ対策研究事業「HIV感染症の疫学研究」班 行動科学研究
1998年 - 1999年

競争的資金等の研究課題

 
パンデミック・テロリズムに対する社会的弾力性の形成
リスク認知の比較研究
自然災害時の人間行動
日本人の危機意識