檜垣 祐子

J-GLOBALへ         更新日: 10/01/05 00:00
 
アバター
研究者氏名
檜垣 祐子
 
ヒガキ ユウコ
所属
東京女子医科大学
部署
医学部 女性生涯健康センター 皮膚科学
職名
教授、副所長
学位
医学博士, 医学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
   
 
東京女子医科大学 医学部 
 

委員歴

 
2008年4月
   
 
ホメオパシー心身医学研究会 世話人代表(2008年4月~)
 

Misc

 
美容師にみられた職業性接触皮膚炎について
東京女子医科大学雑誌   54(4)    1984年
頻回に再発した疱疹性湿疹の2例
皮膚病診療   9(2) 153-156   1987年
好酸球性筋膜炎 Diffuse fasciitis with eosinophiliaの1例
皮膚臨床   31(3) 446-447   1989年
臨皮   43(6) 565-569   1989年
ビスダームクリーム®による接触皮膚炎の1例-ステロイド外用剤の交叉反応について
皮膚   31(増6) 200-205   1989年

書籍等出版物

 
乳児期アトピー性皮膚炎(顔面):アレルギー性皮膚疾患診断と治療,アトピー性皮膚炎
臨床医薬研究協会:久木田淳,原田昭太郎編   1993年   
アレルギー性皮膚疾患、診断と治療、アトピー性皮膚炎 乳児期アトピー性皮膚炎
臨床医薬研究協会 久木田 淳、原田昭太郎編   1993年   
抗炎症剤ハンドブック-病態別処方の実際、皮膚科疾患-抗炎症剤としてのステロイド外用剤の用い方
医薬ジャーナル社 阿部 達、柏崎禎夫、斉藤輝信編   1995年   
最新内科学体系、第74巻 関節疾患「骨関節疾患2」、Ehlers Danlos 症候群
中山書店:井村裕夫、尾形悦郎、高久史麿、垂井清一郎編   1995年   
アトピー性皮膚炎 2保温性外用剤
実験医学別冊メディカル用語ライブラリー.アレルギー 羊土社   1996年   

講演・口頭発表等

 
職業が関与したと考えられたpigmented contact dermatitis.
第599回東京地方会   1983年   
美容師の職業性接触皮膚炎について
第141回日本産業衛生学会例会   1983年   
日光じんま疹の1例
第34回日本皮膚科学会中部支部学術大会   1983年   
瀉血療法を試みたPCTの1例
第611回東京地方会   1984年   
同側の半側肥大を伴ったangioblastoma,
第612回東京地方会   1984年   

競争的資金等の研究課題

 
アトピー性皮膚炎
精神皮膚科学