高倉 公朋

J-GLOBALへ         更新日: 12/07/21 11:59
 
アバター
研究者氏名
高倉 公朋
 
タカクラ キントモ
所属
東京女子医科大学
部署
先端生命医科学研究所
職名
顧問
学位
医学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
1986年
   
 
日本脳神経外科学会  会長,名誉会員
 
1982年
   
 
日本脳神経外科コングレス  会長
 
1988年
   
 
日本脳卒中学会  理事
 
1989年
 - 
1998年
日本癌治療学会  理事,現在名誉会員
 
1989年
   
 
日本脳循環代謝学会  理事
 

受賞

 
1982年10月
第18回日本翻訳文化賞 Metastatic Tumors of the Central Nervous System
受賞者: 高倉 公朋他3名
 
2000年
日経BP賞
 

Misc

 
頭蓋内胚細胞性腫瘍
32    1985年
形質細胞腫発生抑制に対する肥胖細胞と下垂体糖蛋白ホルモンの役割
26    1966年
形質細胞腫とリンパ肉腫の成長に対する成長ホルモンの影響
27    1967年
幼児・小児悪性脳腫瘍に対する補助免疫療法
1    1975年
悪性脳腫瘍に対する補助免疫療法
2    1972年

書籍等出版物

 
中枢神経系への転移性腫瘍
医学書院   1982年   
神経腫瘍のウィルス発癌
1987年   
くも膜下出血に随伴する特殊問題
1989年   
神経線維腫瘍
1988年   
脳・神経系のMRI診断 編集
朝倉書店   1991年   

Works

 
脳腫瘍の診断と治療に関する総合的研究
1970年 - 2001年
脳磁図に関する研究
1970年 - 1992年
痛みの発症機構と治療に関する研究
1980年 - 1992年

競争的資金等の研究課題

 
脳腫瘍の診断・治療に関する研究
補助金
脳血管障害の治療に関する研究
補助金
コンピュータ支援外科装置の開発
医療福祉機器技術研究開発制度
国際統合医療研究人材育成拠点の創成
科学技術振興調整費による中核的研究拠点(COE)育成
研究期間: 2005年   
がんの局所放射線治療