古川 安

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/02 03:14
 
アバター
研究者氏名
古川 安
 
フルカワ ヤス
eメール
furukawa.yasunihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
生物資源科学部一般教養
職名
教授
学位
Ph.D.
科研費研究者番号
60181450

研究分野

 
 

経歴

 
1971年4月
 - 
1977年6月
帝人株式会社
 
1978年1月
 - 
1983年7月
オクラホマ大学助手
 
1985年4月
 - 
1988年3月
横浜商科大学助教授
 
1988年4月
 - 
1991年9月
東京電機大学工学部助教授
 
1991年10月
 - 
2004年3月
東京電機大学工学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
オクラホマ大学大学院 科学史課程 科学史
 

委員歴

 
2011年1月
   
 
化学史学会  会長
 
2003年9月
 - 
2007年7月
日本科学史学会  欧文誌編集委員長
 
1999年6月
   
 
化学史学会  副会長
 
1999年1月
 - 
2004年12月
化学史学会  編集委員長
 

受賞

 
2013年7月
化学史学会 化学史学会論文賞 喜多源逸と京都学派の形成
 
2005年3月
日本大学生物資源科学部学部長賞
 
2004年6月
化学史学会学術賞
 
2001年6月
日本産業技術史学会賞
 
1994年
東京電機大学論文賞
 

論文

 
燃料化学から量子化学へ:福井謙一と京都学派のもう一つの展開
古川安
化学史研究   第41(第4) 181-233   2014年12月   [査読有り]
フィッシャー・トロプシュ法による人造石油製造に関わる資料
第7回化学遺産市民公開講座講演資料   11-14   2013年3月
化学大家422 喜多源逸
和光純薬時報   80(3) 24-27   2012年7月
福井謙一に見る「逆方向の学び」と創造性
化学   67(7) 11   2012年7月   [査読有り]
繊維化学から高分子化学へ:桜田一郎と京都学派の展開
化学史研究   39(1) 1-40   2012年3月   [査読有り]

Misc

 
「未知なる元素を求めて」ー化学史教材としてのDVDー
古川安
化学史研究   44(2) 93-93   2017年6月   [依頼有り]
梶雅範の日本化学史研究
古川安
日本科学史学会年会・総会 研究発表講演要旨集   第64回 87-87   2017年6月   [査読有り][依頼有り]
学問としての「高分子」誕生前夜
古川安
高分子   66 154-157   2017年4月   [査読有り][依頼有り]
梶雅範さんの思い出
古川安
化学史研究   43(4) 228-229   2016年12月   [依頼有り]
現代科学史研究と史料探しの記
古川安
科学史研究   53(270) 161-167   2014年7月

書籍等出版物

 
化学史事典
化学史学会編 (担当:共著, 範囲:17項目)
化学同人   2017年3月   ISBN:978-4-7598-1839-0
明治時代史大辞典 第3巻
古川安
吉川弘文館   2013年1月   ISBN:987-4-642-01463-2
明治時代史大辞典 第2巻
宮地正人ほか (担当:共著)
吉川弘文館   2012年7月   
明治時代史大辞典 第1巻
吉川弘文館   2011年11月   
化学辞典 第2版
吉村壽次 (担当:共著, 範囲:218, 304, 653-654, 1286,)
森北出版   2009年12月   ISBN:978-4-627-24012-4

講演・口頭発表等

 
梶雅範の日本化学史研究 [招待有り]
古川安
日本科学史学会年会   2017年6月4日   日本科学史学会
人物でたどる高分子化学史ーStaudinger, Carothers, 桜田一郎 [招待有り]
古川安
トクヤマ・リベラルアーツ講演会   2017年3月16日   株式会社トクヤマ
燃料化学から量子化学へー福井謙一と創造性ー [招待有り]
古川安
名古屋工業大学シンポジウム「ノーベル賞と産業」   2016年11月2日   名古屋工業大学
日本の高分子化学の創成時代ー喜多源逸と京都学派 [招待有り]
古川安
日本ゴム協会関西支部特別講演会   2016年6月9日   日本ゴム協会関西支部
分子科学への道ーー物理学と化学の界面ーー [招待有り]
古川安
2015年度化学史研究発表会   2015年7月5日   化学史学会

担当経験のある科目