論文

1998年9月

アジア諸国における農産物流通システムの現状と課題ーフィリピンを事例として

「農村研究」東京農業大学農業経済学会
  • 板垣 啓四郎

記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)

東南アジア諸国では、食品・農産物流通インフラの整備、流通システムの整備とその近代化が緊急の課題となりつつあり、これに対する情報の収集・分析と具体的な提案が強く求められている。しかしながら、これに関する情報や知識、文献はきわめて乏しいのが実態であり、 地道な調査・研究に基づく情報と知識の積み重ねが必要性を増している。本論文では、その一環として、効率的な流通システムのニーズ、農産物流通の問題領域を整理する一方で、フィリピンを事例として、流通の現状と当面している課題を指摘し、有効な解決策についていくつか提示した。
担当部分:93-105 A4判 全頁数137

エクスポート
BibTeX RIS