論文

1991年3月

アジア諸国における農業生産多様化の展開

「開発学研究」日本国際地域開発学会
  • 板垣 啓四郎

記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)

アジア諸国では、主穀の米の消費量が、ほぼ飽和的水準に達し、より付加価値の高い農産物に対する需要が拡大する機運にある。農民もまた、高い所得水準を求めて、これに対応しようとする。本論文では、米の需要分析と需要の今後の予測を行う一方で、生産多様化が拡大していく条件とその可能性を検討する。
担当部分:17-30 B5判 全頁数58

担当部分:pp.17-30 B5判 全頁数58p

エクスポート
BibTeX RIS