長崎 幸夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/14 02:53
 
アバター
研究者氏名
長崎 幸夫
所属
筑波大学
部署
数理物質系
職名
教授
学位
工学博士(東京理科大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2016年
   
 
高分子学会  理事
 
2016年
   
 
高分子学会  関東支部長
 
 
   
 
評議員
 
2002年
   
 
日本バイオマテリアル学会  評議員
 
 
   
 
日本光力学学会  運営委員
 

受賞

 
2017年5月
高分子学会賞
 
2015年7月
日本DDS学会 永井賞
 
2014年11月
日本バイオマテリアル学会賞
 
2014年11月
日本潰瘍学会賞
 
2010年10月
社団法人高分子学会 2010年度高分子学会三菱化学賞
 
ポリエチレングリコール密生層界面の構築と機能

論文

 
Nakagawa, Hiroyuki; Matsumoto, Yoko; Matsumoto, Yu; Miwa, Yoshihiro; Nagasaki, Yukio
BIOMATERIALS   69 165-173   2015年11月   [査読有り]
Halupka-Bryl, Magdalena; Bednarowicz, Magdalena; Dobosz, Bernadeta; Krzyminiewski, Ryszard; Zalewski, Tomasz; Wereszczynska, Beata; Nowaczyk, Grzegorz; Jarek, Marcin; Nagasaki, Yukio
JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   384 320-327   2015年6月
Yoshitomi, Toru; Nagasaki, Yukio
ADVANCED HEALTHCARE MATERIALS   3(8:::SI) 1149-1161   2014年8月
Hossain, Md. Amran; Yamashita, Mayo; Vong, Long Binh; Ikeda, Yutaka; Nagasaki, Yukio
JOURNAL OF DRUG TARGETING   22(7) 638-647   2014年8月
Lakshmipriya, Thangavel; Horiguchi, Yukichi; Nagasaki, Yukio
ANALYST   139(16) 3977-3985   2014年8月

書籍等出版物

 
バイオチップの最新技術と応用
内田勝美;長崎幸夫
(株)シーエムシー出版   2004年1月   
金・半導体ナノ粒子の調製とバイオセンシングへの応用”、“金属ナノ粒子の合成・調製、コントロール技術と応用展開、ナノ粒子の実用化に向けた湿式法による調製、分散・凝集、サイズ・粒径の制御技術
長崎幸夫
技術情報協会   2004年1月   
”金コロイドとその修飾体“、”ナノ粒子・マイクロ粒子の最先端技術 (ファインケミカルシリーズ)“
佐倉, 武司;長崎幸夫
シーエムシー出版   2004年1月   
アンチセンス法による遺伝子治療、ナノ粒子による遺伝子デリバリー”、“RNAi法とアンチセンス法 ~新しいRNAの科学と応用~“
大石, 基;長崎幸夫;片岡一則
講談社   2005年1月   
“Functional PEG for Drug Delivery Chapter 2” In “Polymeric Drug Delivery Systems”
Motoi, Oishi;Yukio, Nagasaki;and, Kazunori Kataoka
Taylor & Francis Group   2005年1月   

講演・口頭発表等

 
ガス分子を操るナノメディシン「パッシブからアクティブへ、ものを言うマテリアルへのアプローチ」 [招待有り]
長崎,幸夫
第38回日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016   2016年11月21日   
Site-specific antioxidative therapy for kidney diseases
Hirayama, Aki; Yoshitomi, Toru; Nagasaki, Yukio
86th Annual Meeting of the Japanese-Pharmacological-Society   2013年3月21日   
Novel Redox Polymer Drug-Oral Nanotherapy for Inflammatory Bowel Diseases
Nagasaki, Yukio;Long Binh Vong;Yoshitomi, Toru;Matsui, Hirofumi
85th Annual Meeting of the Japanese-Pharmacological-Society   2014年3月   
生体高分子足場として活用した新規超分子不斉光反応系の構築-2 ‐ PEG修飾による新規キラル反 応場構築 ‐
長崎,幸夫
第62回高分子討論会   2013年9月13日   
抗酸化ストレスとレドックス高分子型治療
長崎,幸夫
第62回高分子討論会   2013年9月12日   

競争的資金等の研究課題

 
免疫診断粒子
国際共同研究
研究期間: 2008年1月 - 2009年12月
PEG密生層と抗体の成すバイオインターフェースをナノ粒子表面に構築し、高感度免疫診断方を開発する。
革新的ナノバイオマテリアルの創成
物質・材料研究機構: 出資金による受託研究
研究期間: 2007年10月 - 2011年3月    代表者: 長崎幸夫
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点における主任研究員として革新的ナノバイオマテリアルの創成を目指す新研究を行う。
新しい機能性高分子の合成
(選択しない)
研究期間: 1986年4月   
新しい重合反応を追究し、新規材料の創出をねらう。
pH応答性高分子ゲルの設計と評価
研究期間: 1986年   
pHに応答して相転移(親疎水性や堅さ)する材料の設計、合成、評価を行う。新しいDDSやアクチュエーターを目指す。
インテリジェントドラッグデリバリーシステムを目指したバイオナノ粒子の設計と評価
研究期間: 1995年   
薬物を安定に埋入し生体内の疾患部位に運び、機能させるインテリジェント型DDSキャリアの設計を行う。

特許

 
特願2006-49567/PCT/JP2006-303368 : 腫瘍組織で選択的に分解性を示す血中滞留性素子
秋田英万;畠山浩人;長崎幸夫;大石, 基;菊池, 寛;小林英夫;原島秀吉
2006-239213 : バイオセンサ用表面
矢島博文;内田勝美;長崎幸夫;藤縄義明
2006-165525 : 腫瘍選択的分解性を示す血中滞留性素子
秋田英万;畠山浩人;長崎幸夫;大石, 基;菊池, 寛;小林英夫;原島秀吉
2006090813 : Element Retained in Blood Showing Degradability Selectively in Tumor Tissues
Hidetaka, Akita;Hiroto, Htakeyama;Yukio, Nagasaki;Hiroshi, Kikuchi;Hideo, Kobayashi;Hideyoshi, Harashima;and, Motoi Oishi
WO 2006090813, Hidetaka Akita, Hiroto Htakeyama, Yukio Nagasaki, Hiroshi Kikuchi, Hideo Kobayashi, Hideyoshi Harashima, and Motoi Oishi “Element Retained in Blood Showing Degradability Selectively in Tumor Tissues” PCT Int. Appl. (2006)
2006025419 , : Preparation of Double-Stranded Nucleic Acid Conjugate of Poly(ethylene oxide) and Its Use for Drug Delivery
Yukio, Nagasaki;Kazunori, Kataoka;and, Motoi Oishi
WO 2006025419 , Yukio Nagasaki, Kazunori Kataoka, and Motoi Oishi “Preparation of Double-Stranded Nucleic Acid Conjugate of Poly(ethylene oxide) and Its Use for Drug Delivery” PCT Int. Appl. (2006)