加茂 政晴

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/05 14:35
 
アバター
研究者氏名
加茂 政晴
 
カモ マサハル
URL
http://hitech-d.iwate-med.ac.jp/biochem/index.html
所属
岩手医科大学
部署
生化学講座・細胞情報科学分野
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
岩手医科大学 生化学講座・細胞情報科学分野 准教授
 
1999年4月
 - 
2011年3月
岩手医科大学 歯学部 助教授
 
1999年1月
 - 
1999年3月
東京理科大学 生命科学研究所 講師
 
1989年3月
 - 
1998年12月
東京理科大学 生命科学研究所 助手
 

学歴

 
 
 - 
1987年
東京理科大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1980年
東京理科大学 理学部 化学
 

論文

 
ヒト口腔扁平上皮癌細胞HSC-4における細胞遊走・浸潤能に関与するTGF-β1誘導性上皮間葉転換の分子機構
加茂政晴, 齋藤大嗣, 樋野雅文, 千葉高大, 山田浩之, 石崎明
岩手医科大学歯学雑誌   43(2) 107-121   2018年10月   [査読有り]
口腔癌細胞の浸潤の基礎をなしている分子機構は,依然として明らかでない.この総説では,ヒト口腔扁平上皮癌(hOSCC)細胞におけるTGF-β1により誘導された上皮間葉転換(EMT)と,EMT関連の遊走能と浸潤能に関する分子機構について解説する.まず TGF-βがhOSCC細胞の上皮間葉転換(EMT)を誘導し細胞遊走能および浸潤能を促進するかどうか調べた.6種類のhOSCC細胞の間で,Smad2リン酸化とTGF-βの標的遺伝子の発現からHSC-4細胞がTGF-β1に最も反応したことを示した.H...
Maiko Ohta, Naoyuki Chosa, Seiko Kyakumoto, Seiji Yokota, Naoto Okubo, Akira Nemoto, Masaharu Kamo, Shigeharu Joh, Kenichi Satoh, Akira Ishisaki
International Journal of Molecular Medicine   42(3) 1484-1494   2018年6月   [査読有り]
Mechanosensitive (MS) neurons in the periodontal ligament (PDL) pass information to the trigeminal ganglion when excited by mechanical stimulation of the tooth. During occlusal tooth trauma of PDL tissues, MS neurons are injured, resulting in atro...
Ohta, M., Nemoto, A., Chosa, N., Kyakumoto, S., Yokota, S., Kamo, M., Shibata, T., Joh, S., Sato, K. and Ishisaki, A.
岩手医科大学歯学雑誌   43(1) 61-73   2018年5月   [査読有り]
Sensory neurons in the periodontal ligament (PDL) transmit the impulses, which are generated by the mechanical stimulation of the tooth, into the trigeminal ganglion, resulting in the excitement of the nucleus ventralis posteromedialis of the thal...
Nemoto A, Chosa N, Kyakumoto S, Yokota S, Kamo M, Noda M, Ishisaki A
Molecular medicine reports   17(3) 3448-3454   2018年3月   [査読有り]
Surface pre-reacted glass‑ionomer (S‑PRG)-containing dental materials, including composite and coating resins have been used for the restoration and/or prevention of dental cavities. S‑PRG is known to have the ability to release aluminum, boron, f...
Ibi M, Horie S, Kyakumoto S, Chosa N, Yoshida M, Kamo M, Ohtsuka M, Ishisaki A.
Bioscience Reports   38(2)    2018年   [査読有り]
Many inflammatory cells are known to be home to inflamed temporomandibular joint (TMJ) tissues by stimulation with cytokines and chemokines produced by inflammatory lesions in the TMJ. However, how the inflammatory cells affect the progression of ...
Takizawa N, Okubo N, Kamo M, Chosa N, Mikami T, Suzuki K, Yokota S, Ibi M, Ohtsuka M, Taira M, Yaegashi T, Ishisaki A, Kyakumoto S
Experimental cell research   358(2) 411-420   2017年9月   [査読有り]
Immunosuppressive/anti-inflammatory macrophage (Mφ), M2-Mφ that expressed the typical M2-Mφs marker, CD206, and anti-inflammatory cytokine, interleukin (IL)-10, is beneficial and expected tool for the cytotherapy against inflammatory diseases. Her...
Yokota S, Chosa N, Kyakumoto S, Kimura H, Ibi M, Kamo M, Satoh K, Ishisaki A
International journal of molecular medicine   39(4) 799-808   2017年4月   [査読有り]
Malocclusion caused by abnormal jaw development or muscle overuse during mastication results in abnormal mechanical stress to the tissues surrounding the temporomandibular joint (TMJ). Excessive mechanical stress against soft and hard tissues arou...
Chiba T, Ishisaki A, Kyakumoto S, Shibata T, Yamada H, Kamo M
Oncology reports   37(2) 713-720   2017年2月   [査読有り]
Squamous cell carcinoma is the most common cancer in the oral cavity. We previously demonstrated that transforming growth factor-β1 (TGF-β1) promotes the epithelial-mesenchymal transition (EMT) of human oral squamous cell carcinoma (hOSCC) cells; ...
Komatsu Y, Ibi M, Chosa N, Kyakumoto S, Kamo M, Shibata T, Sugiyama Y, Ishisaki A
International journal of molecular medicine   38(1) 139-147   2016年7月   [査読有り]
Bisphosphonates (BPs) are analogues of pyrophosphate that are known to prevent bone resorption by inhibiting osteoclast activity. Nitrogen-containing BPs, such as zoledronic acid (ZA), are widely used in the treatment of osteoporosis and bone meta...
Hino M, Kamo M, Saito D, Kyakumoto S, Shibata T, Mizuki H, Ishisaki A
Journal of biochemistry   159(6) 631-640   2016年2月   [査読有り]
Molecular mechanism underlying the invasion of oral cancer cells remains to be clarified. We previously demonstrated that transforming growth factor-β1 (TGF-β1) induces the expression of mesenchymal markers in human oral squamous cell carcinoma HS...
Kuramitsu-Fujimoto S, Ariyoshi W, Saito N, Okinaga T, Kamo M, Ishisaki A, Takata T, Yamaguchi K, Nishihara T
Journal of applied oral science : revista FOB   23(1) 49-55   2015年1月   [査読有り]
Objective: Enamel matrix derivative (EMD) is used clinically to promote periodontal tissue regeneration. However, the effects of EMD on gingival epithelial cells during regeneration of periodontal tissues are unclear. In this in vitro study, we pu...
Asano T, Taoka M, Yamauchi Y, Craig Everroad R, Seto Y, Isobe T, Kamo M, Chosa N
Insect biochemistry and molecular biology   55 61-69   2014年10月   [査読有り]
The laccase in the pupal cuticle of the silkworm, Bombyx mori, is thought to accumulate as an inactive precursor that can be activated stage-dependently. In this study we isolated an 81-kDa laccase from cuticular extract of B. mori that was prepar...
Saito D, Kyakumoto S, Chosa N, Ibi M, Takahashi N, Okubo N, Sawada S, Ishisaki A, Kamo M
Journal of biochemistry   153(3) 303-315   2013年3月   [査読有り]
We investigated whether transforming growth factor-β1 (TGF-β1) promoted the epithelial-mesenchymal transition (EMT) and migration of human oral squamous cell carcinoma (hOSCC) cells. Among the 6 hOSCC cell lines investigated, Smad2 phosphorylation...
Kimura H, Okubo N, Chosa N, Kyakumoto S, Kamo M, Miura H, Ishisaki A
Cellular physiology and biochemistry : international journal of experimental cellular physiology, biochemistry, and pharmacology   32(4) 899-914   2013年   [査読有り]
Background/Aims: Remodeling of fibrous and vascular tissues in the periodontal ligament (PDL) around the tooth root was observed during tooth movement by orthodontic force application. We previously demonstrated that a single cell-derived culture ...
Takahashi M, Okubo N, Chosa N, Takahashi N, Ibi M, Kamo M, Mizuki H, Ishisaki A, Kyakumoto S
International journal of molecular medicine   29(3) 357-364   2012年3月   [査読有り]
The periodontal ligament (PDL) is a fibrous connective tissue located between the tooth root and the alveolar bone. We previously demonstrated that a single cell-derived culture of primarily cultured PDL fibroblasts has the potential to construct ...
Shenton MR, Berberich T, Kamo M, Yamashita T, Taira H, Terauchi R
Journal of plant research   125(2) 311-316   2012年3月   [査読有り]
Early interactions between invading penetration hyphae of the pathogenic fungus Magnaporthe oryzae and rice cells occur at the apoplast, the free diffusional space outside the plasma membrane of leaves. After initial colonization, intercellular hy...
Yoshida M, Okubo N, Chosa N, Hasegawa T, Ibi M, Kamo M, Kyakumoto S, Ishisaki A
International journal of biological sciences   8(7) 1062-1074   2012年   [査読有り]
高橋 大輔, 古戸 あかり, 南 杏鶴, 加茂 政晴, 山下 哲郎, 上村 松生
低温生物工学会誌   57(1) 95-99   2011年4月
Cold acclimation (CA) results in alterations of plasma membrane (PM) lipid and protein compositions in plants, which is critical to increase their freezing tolerance. Recent studies indicate that PM is considered not homogeneous and contains stero...
Yoshida Y, Ito S, Kamo M, Kezuka Y, Tamura H, Kunimatsu K, Kato H
Microbiology (Reading, England)   156(7) 2260-2269   2010年7月   [査読有り]
Fusobacterium nucleatum produces a large amount of the toxic metabolite hydrogen sulfide in the oral cavity. Here, we report the molecular basis of F. nucleatum H(2)S production, which is associated with two different enzymes: the previously repor...
Minami A, Fujiwara M, Furuto A, Fukao Y, Yamashita T, Kamo M, Kawamura Y, Uemura M
Plant & cell physiology   50(2) 341-359   2009年2月   [査読有り]
Microdomains in the plasma membrane (PM) have been proposed to be involved in many important cellular events in plant cells. To understand the role of PM microdomains in plant cold acclimation, we isolated the microdomains as detergent-resistant p...

Misc

 
TGF-β1とBMP-2はヒト扁平上皮癌細胞HSC-4の上皮間葉転換に対して相反的に作用する
加茂 政晴, 平野 大輔, 松本 識野, 相原 恵子, 横田 聖司, 帖佐 直幸, 客本 齊子, 石崎 明
口腔組織培養学会誌   27(1) 39-40   2018年3月
歯周靱帯由来細胞における神経栄養因子の発現メカニズムに関する研究
太田 麻衣子, 帖佐 直幸, 横田 聖司, 客本 齊子, 加茂 政晴, 深見 秀之, 成田 欣弥, 佐原 資謹, 石崎 明
口腔組織培養学会誌   27(1) 37-38   2018年3月
歯科材料からの溶出成分がヒト間葉系幹細胞の骨芽細胞分化に与える影響
根本 章, 清水 峻介, 青木 貴晃, 横田 聖司, 帖佐 直幸, 客本 齊子, 加茂 政晴, 櫻井 秀人, 志賀 華絵, 岡田 伸男, 浅野 明子, 野田 守, 石崎 明
口腔組織培養学会誌   27(1) 35-36   2018年3月
横田聖司, 帖佐直幸, 客本齊子, 加茂政晴, 佐藤和朗, 石崎明
岩手医科大学歯学雑誌   42(2) 80   2017年10月
太田麻衣子, 佐藤健一, 石崎明, 帖佐直幸, 客本齊子, 加茂政晴, 城茂治
岩手医科大学歯学雑誌   42(1) 49‐50   2017年6月
根本章, 帖佐直幸, 客本齊子, 加茂政晴, 石崎明, 野田守
岩手医科大学歯学雑誌   42(1) 47‐48   2017年6月
客本斉子, 滝沢尚希, 大久保直登, 加茂政晴, 帖佐直幸, 横田聖司, 大塚正人, 衣斐美歩, 石崎明
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.2LBA‐091 (WEB ONLY)-091]   2017年12月
根本章, 根本章, 帖佐直幸, 客本齊子, 横田聖司, 加茂政晴, 野田守, 石崎明
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.2P‐0785 (WEB ONLY)-0785]   2017年12月
太田麻衣子, 太田麻衣子, 帖佐直幸, 横田聖司, 客本斎子, 加茂政晴, 佐藤健一, 城茂治, 石崎明
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.2P‐0453 (WEB ONLY)   2017年
松本識野, 松本識野, 横田聖司, 帖佐直幸, 菊池恵美子, 木村仁迪, 加茂政晴, 佐藤和朗, 石崎明
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.2P‐0454 (WEB ONLY)-0454]   2017年12月

書籍等出版物

 
歯科国試KEY WORDS A 基礎系歯科医学 第7版
榎本昭二 監修/DES歯学教育スクール 編 (担当:分担執筆, 範囲:生化学 遺伝子/結合組織)
医学評論社   2015年4月   
2-D Proteome Analysis Protocols
Andrew J. Link (担当:分担執筆, 範囲:2-D Electrophoresis of Plant Proteins/2-D Electrophoresis of Plant Proteins)
Humana Press   1999年   
Proceedings of 5th International Symposium on Rice Molecular Biology
Jpng-Ching Su (担当:分担執筆, 範囲:World wide web of two-dimensional electrophoresis database/Separation and identification of rice and Arabidopsis proteins by two-dimensional electrophoresis)
Yi Hsien Publishing Co. Ltd.   1997年6月   
Proceeding of 15th International CODATA Conference
Akira Tsugita (担当:分担執筆, 範囲:Protein map image-text type databases of two-dimensional electrophoresis for two plant proteins, rice and Arabidopsis/Improvement of the protein superfamily database(PROSUP) : Detection of the similarity of a short peptide)
1996年   
Methods in Protein Structure Analysis
M. Zouhair Attssi, Store Appella (担当:分担執筆, 範囲:A novel C-terminal sequencing methods using perfluoroacyl anhydrides)
Plenum Press   1995年   

講演・口頭発表等

 
ヒト口腔扁平上皮癌細胞の上皮間葉転換におけるHippo経路の関与
平野 大輔, 齋藤 大嗣, 小松 祐子, 千葉 高大, 樋野 雅文, 横田 聖司, 客本齊子, 帖佐 直幸, 山田浩之, 石崎 明, 加茂 政晴
日本生化学会平成30年度東北支部例会   2018年5月19日   
変形性顎関節症に伴う下顎頭の骨吸収機構を分子レベルで明らかにする研究
松本識野、横田聖司、帖佐直幸、菊池 恵美子、木村仁迪、加茂政晴、佐藤和朗、石崎 明
生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017   2017年12月7日   
歯周靭帯由来細胞における神経栄養因子NGFの発現機構に関する研究
太田麻衣子、帖佐直幸、横田聖司、客本斎子、加茂政晴、佐藤健一、城茂治、石崎明
生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017   2017年12月7日   
歯科材料からの溶出成分がヒト間葉系幹細胞の骨芽細胞分化に与える影響
根本章、帖佐直幸、客本齊子、横田聖司、加茂政晴、野田守、石崎 明
生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017   2017年12月7日   
低酸素培養下においてマウス骨髄由来間葉系幹細胞は細胞間接着依存的ならびに非依存的に免疫抑制(抗炎症)性マクロファージ(M2-Mφ)を誘導する
客本斉子、滝沢尚希、大久保直登、加茂政晴、帖佐直幸、横田聖司、大塚正人、衣斐美歩、石崎明
生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017   2017年12月7日   
歯科材料からの溶出成分がヒト間葉系幹細胞の骨芽細胞分化に与える影響
根本章、清水峻介、青木貴晃、横田聖司、帖佐直幸、客本齊子、 加茂政晴、櫻井秀人、志賀華絵、岡田伸男、浅野明子、野田守、石崎明
第54回日本口腔組織培養学会   2017年11月4日   
歯周靱帯由来細胞における神経栄養因子の発現メカニズムに関する研究
太田麻衣子、帖佐直幸、横田聖司、客本齊子、加茂政晴、深見秀之、成田欣弥、佐原資謹、石崎明
第54回日本口腔組織培養学会   2017年11月4日   
TGF-β1とBMP-2はヒト扁平上皮癌細胞HSC-4の上皮間葉転換に対して相反的に作用する
加茂政晴、平野大輔、松本識野、相原恵子、横田聖司、帖佐直幸、客本齊子、石崎明
第54回日本口腔組織培養学会   2017年11月4日   
ヒト扁平上皮癌細胞HSC-4においてTGF-β1はBMP-2シグナルの減弱によりBMP-2誘導性間葉上皮転換を抑制する
加茂政晴、客本齊子、石崎明
第59回歯科基礎医学会学術大会   2017年9月18日   
ROCK/actin/MRTF シグナル伝達系は顎関節における顎関節滑膜細胞の線維化を促進する
横田聖司, 帖佐直幸, 客本齊子, 加茂政晴, 佐藤和朗, 石崎明
岩手医大歯学会第43回総会   2017年7月1日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
口腔扁平上皮癌細胞における上皮間葉転換―間葉上皮転換を介した浸潤・転移機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 加茂 政晴
癌の転移においては、上皮間葉転換(EMT)により癌細胞の組織浸潤が可能になった後、転移先での癌細胞の定着と再増殖が重要であり、再び上皮様細胞の性質を持つ必要がある。この性質を誘導する因子として間葉上皮転換(MET)の関与が示されている。ヒト口腔扁平上皮癌細胞(hOSCC)であるHSC-4細胞株はTGF-β1によりEMTが誘導されることを我々は報告している。BMPは、METに関与することが示唆されているが、その機構は明らかではない。これまでhOSCCにおけるBMPに対する応答の研究は少なく、...
筋線維芽細胞と血管内皮前駆細胞の創傷治癒作用に着目した難治性顎骨壊死の治療法開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 石崎 明
歯肉線維芽細胞(HGF)の機能の発現に重要な受容体やシグナル伝達分子の細胞内局在を制御する分子のうち、ゾレドロン酸(ZA)によりその機能が阻害される細胞内輸送分子を捉えるための研究基盤整備を実施した。ZA によりその細胞内局在が影響されるTGF-β受容体輸送体であるRabファミリーを制御するAddicsinとArl6ip1の細胞内動態を観察するための実験基盤の樹立を試みた。ZAが細胞内輸送分子の局在を変化させるのに適した刺激時間や刺激濃度設定のためには、ZAでその細胞内局在の変化させる分子...
口腔扁平上皮癌細胞におけるガレクチン-1のアノイキス抑制機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 加茂 政晴
上皮由来の腫瘍細胞が転移を起こすには、アノイキスを回避する必要がある。ヒト口腔扁平上皮癌細胞(hOSCC)HSC-3では、ガレクチン-1が、アノイキスを抑制する因子であり、上皮成長因子受容体に結合して細胞の生存のシグナルを増強させて、アノイキスを抑制することが示された。一方、アノイキスの回避は上皮間葉転換により間葉系細胞の性質を得ることにより可能となる。 hOSCC細胞ではTGF-βへの反応性と上皮間葉転換の程度との間に相関性が認められた。最も顕著にTGF-βに反応したHSC-4細胞では、...
口腔癌細胞における癌転移抑制遺伝子Nm23と分子シャペロンの相互作用の解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 加茂 政晴
1.上皮細胞において癌転移抑制遺伝子がその癌の転移能に関与していることが知られているが、Nm23の機能については十分理解されていないため相互作用するタンパク質の網羅的な解析を行った。2.発現ベクターを作製し、大腸菌およびHEK293細胞に導入させてそれぞれのタンパク質を発現させた。このNm23タンパク質を精製後、HEK293細胞を用いたpull-down assayを行い、相互作用タンパク質の精製を行った。これらのタンパク質についてSDS-PAGEにより分離した後、in-gel diges...
胚における血管網形成因子の同定と再生医学への応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 人見 次郎
本研究では,脈管新生から血管新生に至る分子機構解析のモデルとして,トランスジェニック・ゼブラフィッシュTg(fli1:EGEP)を用い,胚の脳血管網形成過程の詳細を時間的空間的に明らかにするとともに,その分子機構について遺伝子発現解析と遺伝子発現操作により解明すること,さらに,二次動静脈形成のモデルとしてラット後腎の血管支配の過程の詳細を形態学的,分子生物学的に明らかにすることを目的とした,結果,
1.脳血管系の起源となる血管芽細胞とその発生母地を発見した.すなわち,脳血管網が3つの血管床...

特許

 
Method for Obtaining Peptide Fragments
European Patent 97310175.1-2116
タンパク質の切断方法
特開平11-228569
タンパク質の識別方法及びタンパク質の検出方法
特開平10-239319
ペプチド断片を決定する方法
特開平10-175995
アミノ酸配列を決定する方法
特開平07-063766