小田 哲子

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/21 17:47
 
アバター
研究者氏名
小田 哲子
 
オダ サトコ
ハンドル
handle0027509
URL
http://toho-funatolab.jp/
所属
東邦大学
部署
医学部 医学科 解剖学講座
職名
講師
学位
医科学修士(筑波大学), 博士(医学)(東邦大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1992年
福島県立医科大学 助手
 
1992年
 - 
2005年
東邦大学医学部  助手
 
2005年
   
 
- 東邦大学医学部  講師
 

学歴

 
 
 - 
1990年
筑波大学 医科学研究科 医科学
 
 
 - 
1984年
山口大学 理学部 生物学科
 

論文

 
Oda S, Tsuneoka Y, Yoshida S, Adachi-Akahane S, Ito M, Kuroda M, Funato H
The Journal of comparative neurology   526(8) 1329-1350   2018年6月   [査読有り]
Tsuneoka Y, Yoshida S, Takase K, Oda S, Kuroda M, Funato H
Scientific reports   7(1) 9809   2017年8月   [査読有り]
Yang J, Litscher G, Sun Z, Tang Q, Kishi K, Oda S, Takayanagi M, Sheng Z, Liu Y, Guo W, Zhang T, Wang L, Gaischek I, Litscher D, Lippe IT, Kuroda M
BMC neuroscience   18(1) 25   2017年2月   [査読有り]
Tsuneoka Y, Tsukahara S, Yoshida S, Takase K, Oda S, Kuroda M, Funato H
Frontiers in neuroanatomy   11 26   2017年   [査読有り]
Takase K, Tsuneoka Y, Oda S, Kuroda M, Funato H
Obesity (Silver Spring, Md.)   24(4) 886-894   2016年4月   [査読有り]
Oda S, Funato H,Sato F, Adachi-Akahane S, Ito M, Takase K, Kuroda M
J Comp Neurol   522(9) 2089-2106   2014年6月   [査読有り]
Takase K, Kikuchi K, Tsuneoka Y, Oda S, Kuroda M, Funato H
PLoS ONE   9(6) e99961   2014年5月   [査読有り]
Ito M, Yamanashi Y, Toyoda Y, Izumi-Nakaseko H, Oda S, Sugiyama A, Kuroda M,
Biochim Biophys Acta   1831(2) 459-468   2013年2月   [査読有り]
Takase K, Oda S, Kuroda M, Funato H 
Plos ONE   8(3) e58473   2013年   [査読有り]

Misc

 
角田 幸子, 小田 哲子, 竹井 仁, 後藤 保正, Quraish Afraz, 楊 俊麗, 椎野 瑞穂, 岸 清
日本解剖学会 総会・全国学術集会 抄録号   107(0) 76-76   2002年
石川 陽一, 角田 幸子, 酒井 真, Quraish Afraz, 楊 俊麗, 小田 哲子, 岸 清
日本解剖学会 総会・全国学術集会 抄録号   107(0) 73-73   2002年
椎野 瑞穂, 小田 哲子, 角田 幸子, 楊 俊麗, ウルクレイシ アフラズ, 高柳 雅朗, 岸 清
Connective tissue   32(2)    2000年

書籍等出版物

 
細田 多穂, 五味 敏昭, 浅井 友詞, 佐藤 二美
南江堂   2015年   ISBN:9784524262038
コ・メディカル版 ステッドマン医学辞典 第1版
高久史麿、佐藤二美、小田哲子他 (担当:共編者)
メジカルビュー社   2010年   
ステッドマン ポケット医学略語辞典 第1版
高久史麿、佐藤二美、小田哲子他 (担当:共編者)
メジカルビュー社   2009年   
ステッドマン医学大辞典 改訂第6版(分担翻訳)
メジカルビュー社   2008年   
解剖学 第2版(共著)
医歯薬出版   2008年   

講演・口頭発表等

 
辺縁系視床核へ投射する上行性コリン作動性システムの投射様式の解析:超微形態レベルでのシナプス構築を用いて.
日本解剖学会第14回関東支部学術集会懇話会   2004年   
上行性コリン作動性システムの辺縁系視床核への投射様式の解析-超微形態レベルでのシナプス構築を用いて-.
第36回神経解剖懇話会   2004年   

Works

 
上行性コリンシステムに関する研究
2002年
視床皮質路に関する研究
2003年

競争的資金等の研究課題

 
遺伝薬理学を用いた前頭前皮質へのコリン作動性神経入力の解明
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 小田 哲子
肥満誘発性行動変容の分子機構解明
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 高瀬 堅吉
作業記憶神経回路におけるドーパミン作動性入力の分布とシナプス形態
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 黒田 優
視床網様核におけるムスカリン受容体サブタイプの局在分布パターンの解析
東邦大学: プロジェクト研究
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 小田 哲子
作業記憶神経回路を制御する腹側被蓋野の投射様式
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 黒田 優
単一神経細胞染色法による視床皮質路の軸索投射パターンの形態学的 解析
東邦大学: プロジェクト研究
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月
辺縁系視床核へ投射するコリン作動性上行投射線維の形態学的解析
東邦大学: プロジェクト研究
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月
ラット視床核におけるムスカリン受容体サブタイプm2, m3の局在 分布パターンの解析
東邦大学: プロジェクト研究
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月
ラット視床網様核におけるNerve Growth Factor receptor 含有 神経線維終末の形態
東邦大学: プロジェクト研究
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月
梨状葉皮質における抑制性ニューロンの軸索分布パターン
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 岸 清