船木 由喜彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 02:41
 
アバター
研究者氏名
船木 由喜彦
 
フナキ ユキヒコ
eメール
funakiwaseda.jp
URL
http://yukihikofunaki.blogspot.jp/
所属
早稲田大学
部署
政治経済学術院 政治経済学部
職名
教授
学位
理学博士(東京工業大学), 理学修士(東京工業大学)
科研費研究者番号
50181433

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1988年
東洋大学経済学部 専任講師
 
1988年
 - 
1995年
東洋大学経済学部 助教授
 
1992年
 - 
1993年
オランダTwente大学客員研究員
 
1995年
 - 
1998年
東洋大学経済学部 教授
 
1998年
   
 
早稲田大学政治経済学術院 教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
東京工業大学 総合理工学研究科 システム科学
 

論文

 
Yokote Koji, Yasushi Agatsuma and Yukihiko Funaki,
Mathematical Methods of Operations Research      2017年   [査読有り]
Yokote Koji and Yukihiko Funaki,
Social Choice and Welfare      2017年   [査読有り]
Takaaki Abe, and Yukihiko Funaki
International Journal of Game Theory      2016年11月   [査読有り]
Consistency, Population Solidarity, and Egalitarian Solutions for TU-games
Rene van den Brink, Youngsub Chun, Yukihiko Funaki and Boram Park
Theory and Decision   81(3) 427-447   2016年9月   [査読有り]
Duality and Anti-duality in TU Games Applied to Solutions, Axioms, and Axiomatizations
Takayuki Oishi, Mikio Nakayama, Toru Hokari and Yukihiko Funaki
Journal of Mathematical Economics   63 44-53   2016年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
はじめて学ぶゲーム理論
船木由喜彦
新世社   2014年4月   
ゲーム理論アプリケーションブック
船木由喜彦・武藤滋夫・中山幹夫(編著)
東洋経済新報社   2013年11月   
制度と認識の経済学
船木由喜彦・石川竜一郎(編著)
NTT出版   2013年9月   
政治経済学への数理的アプローチ
永田良、船木由喜彦(編集)
勁草書房   2013年3月   
ゲーム理論講義
船木由喜彦
新世社   2012年2月   

講演・口頭発表等

 
The Shapley value: Linear basis approach
船木 由喜彦
9th Spain-Italy-Netherlands Meeting on Game Theory   2013年7月8日   
Punishment in Public Goods Games in Japan
船木由喜彦
13th Public Economic Theory Annual Conference   2013年7月5日   
Consistency, monotonicity and implementation of alpha-Egalitarian Shapley values for cooperative game
SING3 conference、Madrid   2007年7月   
Sequentially Stable Coalition Structures
Public Economic Theory Conference 06, Hanoi, Vietnam   2006年7月   
Consistency and monotonicity of alpha-Egalitarian Shapley values for cooperative game
Social Choice and welfare、Istanbul   2006年6月   

競争的資金等の研究課題

 
情報の非対称性と多様な期待形成がもたらす金融市場への影響とその安定化政策について
研究期間: 2018年10月 - 2023年3月
協力ゲームにおける提携形成と利得分配の実験と新しい理論構築
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
Better foundations for better social institutions - theory and experiments
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
We have conducted a series of experiments related to the main goal of this research project, to test some of the key assumptions behind economic models by analyzing decentralized human interaction. Motivated by the lack of conclusive results on ba...
マーケットデザインの実践的理論の構築
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
平成29年度は主に,(a) TTCメカニズムの一般化,(b) 一般化受入保留メカニズムの代替メカニズムの提案,(c) 繰返しオークションにおける協調行動の解析,および (d) 均衡解析プログラムの拡張の4つの課題に関して研究を推進した.本年度の成果は,招待講演3件,論文出版10件,国際会議発表19件,および国際共同研究2件に上る.課題 (a) では,TTC の拡張に成功し,初期保有がある環境において下限制約を満足するマッチングメカニズムを提案した.提案メカニズムは耐戦略性とパレート効率性を...
「ナッジ」と「インセンティブ」効果による公共財自発的供給メカニズム:実験研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
今年度は、実験における公共財ゲームに関する先行研究を調べた。そのうえで我々独自の公共財ゲームを組み立て実験室で実験を実行し、その成果を論文としてまとめ、海外ジャーナルに投稿した。現在は、その海外ジャーナルのレフリーから頂いたフィードバックを基に論文を修正中である。今年度の基金は、主に上記の研究を遂行するための消耗品や旅行費の購入に当てられた。<BR>1.公共財ゲームにおいて、そのゲームを数回繰り返しているのも関わらず、被験者の公共財への投資額が高い水準を維持するための実験デザインを組み立て...