SAKAGUCHI Akira

J-GLOBAL         Last updated: Jul 11, 2019 at 09:44
 
Avatar
Name
SAKAGUCHI Akira
E-mail
sakagutichs.nihon-u.ac.jp
Research funding number
10153876

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Nihon University College of Humanities and Sciences, Department of History
 

Education

 
 
 - 
1971
Western History, Faculty of Literature, The University of Tokyo
 
 
 - 
1978
Western History, Graduate School, Division of Humanities, The University of Tokyo
 

Published Papers

 
ポンペイの組合
史叢   (99) 1-15   Sep 2018   [Refereed]
Akira SAKAGUCHI
オスティアとポンペイ      2014
戦略としての教養―ローマ帝国の社会における「教養」の機能―
人文科学研究所共同研究A報告書(日本大学文理学部)   (1) 127-140   Mar 2007
組合に関するユリウス法について
西洋史学   (218) 21-36   2005   [Refereed]
翻訳 R.ギュンター「ローマ共和政末期における精神的対決の証言としての前兆と予兆」
躍動する古代ローマ世界   163-172   2002

Misc

 
歴史学の方法を考える
21世紀の学問方法論   171-187   Apr 2013   [Invited]
古代世界の中のローマ奴隷制社会
社会的最下層に対する比較史的考察   43-46   Mar 2012   [Invited]

Books etc

 
編著 古代ローマの港町オスティア・アンティカ研究の最前線
勉誠出版   Feb 2018   ISBN:978-4-585-22174-6
編著Report of the Investigation of Ostia antica 2008-2010
Japanese Research Group of Ostia antica (Part:Editor)
Nihon University   Mar 2012   
編著Report of the Investigation of Ostia Antica in 2009
Nihon University   Mar 2010   
編著 Report of the Investigation of Ostia Antica in 2008
坂口 明 (Part:Joint Work)
Nihon University   Mar 2009   
共著 ヨーロッパ名家101
新書館   Dec 2004   ISBN:4-403-25080-7

Conference Activities & Talks

 
古代世界の中のローマ奴隷制社会
第11回日韓歴史家会議   29 Oct 2011   国際歴史学韓国委員会
日本の研究グループによるオスティア・アンティカ調査
シンポジウム「ポンペイとオスティア:古代ローマ都市発掘の最前線」   21 Nov 2010   
いわゆる「葬儀組合」について
日本西洋古典学会第52回大会   May 2001   
The Roman Slave Society reconsidered
The Fifth Korean-Japanese Symposium on Ancient History of Europe   Oct 1997   
ローマ帝政前半期における小アジアの農民
日本西洋古典学会第38回大会   Jun 1987