舘野 正美

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 05:38
 
アバター
研究者氏名
舘野 正美
 
タテノ マサミ
所属
日本大学
部署
文理学部中国語中国文化学科
職名
教授
学位
文学修士(日本大学), 博士(医学)(順天堂大学)
科研費研究者番号
20155104

研究分野

 

学歴

 
 
 - 
1977年
日本大学 文理学部(文科系) 中国文学科
 
 
 - 
1982年
日本大学 大学院 文学研究科 中国学専攻
 

委員歴

 
2013年12月
   
 
日本フットボール学会  理事
 
2012年1月
 - 
2015年9月
東亞医学協会  理事
 
2010年4月
 - 
2012年5月
日本総合人間学会  理事
 
2009年9月
   
 
日本生活文化史学会  理事
 
2008年6月
 - 
2011年1月
日本医史学会  評議員
 

受賞

 
2014年9月
東亞医学協会 第18回東亞医学協会賞
 

論文

 
YOSHIMASU Todo’s Philosophy of Medicine: In Comparison with that in Ancient China
日本東洋医学雑会、『日本東洋医学雑誌』   63(1) 41-48   2012年1月   [査読有り]
老子・<道(わたし)>・市中の隠者-道家思想の身心論的コンテキスト-
思想   (864) 51-72   1996年
吉益東洞『古書医言』の文献学的研究
東洋文化研究所紀要   (136) 1-47   1998年
<道>と夢―荘子における<道>の思想と夢の表象―
東方宗教   (98) 1-16   2001年
中神琴渓『生生堂論語説』」について―文献学・書誌学的、さらに医学思想の観点から―
日本医史学雑誌   52(4) 541-559   2006年12月   [査読有り]

Misc

 
荻野台州『吐方編』攷
舘野正美
『中国語中国文化』   (15) 1-8   2018年3月   [査読有り]
Human Nature [Hsing 性] and the Tao 道: Philosophy of Mencius孟子from the viewpoint of Laotzu’s 老子 Tao
舘野正美
『日本大学人文科学研究所 研究紀要』   (94) 1-10   2017年9月   [査読有り]
永富独嘯庵の吐方について―『吐方考』と『漫遊雑記』を中心に―
舘野正美
『中国語中国文化』   (14) 1-10   2017年3月   [査読有り]
中神琴渓『生生堂傷寒約言』引書攷―医学思想の観点から―
舘野正美
『漢方の臨床』   62(4) 13-38   2015年4月   [査読有り]
恵美三伯『恵美寧固先生遺言』攷―医学思想の観点から―
舘野正美
『漢方の臨床』   61(12) 13-27   2014年12月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
吉益東洞『古書医言』の研究-その書誌と医学思想-
舘野正美
汲古書院   2004年1月   
中国医学と日本漢方
舘野正美
岩波書店   2014年2月   
中国古代における人間と運命―苦悩と達観の思想史―
医聖社   2013年7月   
『中神琴渓医学思想の研究―文献学的・医学的概観―』
医聖社   2012年12月   
Globalization Dynamics: Psychological, Economic, Technological, and Cultural Intercourses
Kuangming Wu (担当:共著, 範囲:135-153)
Nova Science Publications Inc.   2012年6月