KIRA Fumitaka

J-GLOBAL         Last updated: May 8, 2019 at 02:45
 
Avatar
Name
KIRA Fumitaka
E-mail
kirachs.nihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of English Language and Literature
Job title
Professor
Degree
M.A.(Nihon University)
Research funding number
30225099

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1983
英文学, Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities), Nihon University
 
 
 - 
1990
英文学, Graduate School, Division of Letters, Nihon University
 

Published Papers

 
発話の瞬間同時性と否定、疑問化、条件化
吉良文孝
モダリティの意味論的・語用論的研究   3 101-117   Mar 2015
モダリティと単純現在時制の意味論
吉良文孝
モダリティの意味論的・語用論的研究   2 309-319   Mar 2015
Could と実現性の含意
吉良文孝
モダリティの意味論的・語用論的研究   2 57-71   Mar 2015
Two Kinds of 'Possibility' - Can and May
Fumitaka Kira
A Semantic and Pragmatic Study of Modality   1 407-420   Mar 2015
条件文帰結節における be going to の意味機能について
吉良文孝
モダリティの意味論的・語用論的研究   1 251-266   Mar 2015

Books etc

 
『21世紀英語研究の諸相ー言語と文化からの視点ー』(分担執筆)
井上亜衣・神崎高明ほか
開拓社   Sep 2012   ISBN:978-4-7589-2173-2
"Used to and Would"
『ひつじ意味論講座 モダリティⅡ:事例研究』(分担執筆)
澤田治美ほか
ひつじ書房   Jun 2012   ISBN:978-4-89476-504-7
論文題目:「未来性とモダリティ」
『ことばの意味と使用―日英語のダイナミズム』(分担執筆)
澤田治美ほか
鳳書房   Dec 2010   ISBN:978-4-902455-25-0
論文題目:「未来表現」
『英語研究の次世代に向けて』秋元実治教授定年退職記念論文集(分担執筆)
野村忠央ほか
ひつじ書房   May 2010   ISBN:978-4-89476-478-1
論文題目:「モダリティと否定」

Conference Activities & Talks

 
温故知新の英語語法研究
吉良文孝
第12回英語語法文法セミナー   8 Aug 2016   英語語法文法学会
認識的法助動詞の疑問化について
国際モダリティワークショップ―モダリティに関する意味論的・語用論的研究―   27 Aug 2015   
発話の瞬間同時性と否定、疑問化、条件化
国際モダリティワークショップ―モダリティに関する意味論的・語用論的研究―   27 Aug 2014   
Modality and the Simple Present Tense
国際モダリティワークショップ―モダリティに関する意味論的・語用論的研究―   14 Mar 2014   
Couldと実現性の含意
国際モダリティワークショップ―モダリティに関する意味論的・語用論的研究―   27 Aug 2013