KUBOKI Masaru

J-GLOBAL         Last updated: May 8, 2019 at 02:45
 
Avatar
Name
KUBOKI Masaru
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of Physical Education
Job title
Professor
Research funding number
60060240

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1971
経済, Faculty of Economics, Nihon University
 

Published Papers

 
文部(科学)省の指示からみた中学校における剣道の推移:各期における剣道の取扱い内容に着目して
桜門体育学研究   53 47-58   Sep 2018   [Refereed]
剣道選手における視覚性選択反応課題時の脳活動
桜門体育学研究   第46(2)    Mar 2012   [Refereed]
剣道選手における視覚性反応課題時における脳活動
久保木優
日本大学文理学部人文科学研究所   79 29-35   Mar 2010   [Refereed]
国内トップレベルにおけるクロール泳者の泳動作に関する研究
佐藤淳一,野口智博,杉本誠二,鈴木淳也,久保木優,吉本俊明
桜門体育学研究   43(2) 36-44   Mar 2009   [Refereed]
剣道の段位差による心拍数と活動量との関係
桜門体育学研究   42    2008   [Refereed]

Misc

 
剣道選手の自然呼吸時におけるθ波帯域の出現様式
桜門体育学研究   49(2) 57-62   Mar 2015   [Refereed]
剣道選手における視覚性反応課題時における脳活動―非利き手と非利き足による反応の検討―
桜門体育学研究   48(2) 21-27   Mar 2014   [Refereed]

Books etc

 
剣道昇段審査合格の秘密
体育とスポーツ出版社   Oct 2011   
八段合格の秘密
体育とスポーツ出版社   Dec 2001   
組織柔道人口の地域格差
―講道館昇段者10ヵ年の動向分析から―   Dec 1976   
剣道の楽しい指導法
新体育 第42号第6号   Jun 1972   

Conference Activities & Talks

 
剣道選手と非剣道選手の呼吸位相による脳活動の活動様式
日本健康行動科学会第14回大会   15 Sep 2015   
剣道における素振り動作について―竹刀重量の変化が身体的・心理的に与える即時効果について―
桜門体育学研究第4回   25 Jan 2014   
剣道の段位差がパフォーマンスに及ぼす影響
日本トレーニング科学会第21回大会   21 Dec 2008   
国内トップレベルクロール泳者のストロークパラメータと泳速度との関わりについて
日本体育学会第59回大会   11 Sep 2008   
けのび移動における視覚の遮蔽が直進性及び動作に与える影響について
日本体育学会第58回大会   5 Sep 2007