落合 康浩

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/10 02:50
 
アバター
研究者氏名
落合 康浩
 
オチアイ ヤスヒロ
eメール
ochiaichs.nihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
文理学部地理学科
職名
教授
学位
博士(理学)(日本大学)
科研費研究者番号
40246799

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1985年
日本大学 文理学部(理科系) 地理学
 
 
 - 
1992年
日本大学 大学院 理工学研究科 地理学
 

論文

 
カンボジア王国シェムリアップ州の観光地化と農村の変容
落合康浩
日本大学文理学部自然科学研究所「研究紀要」   (54) 1-13   2019年3月   [査読有り]
パミール・カラコラムに居住するワヒの生活実態にみる地域差
落合康浩
日本大学文理学部自然科学研究所「研究紀要」   (52) 1-15   2017年3月   [査読有り]
大学生の地図利用と都市位置把握の実態
落合康浩
平成27年度日本地図学会定期大会発表論文・資料集      2015年7月
大学生の地図利用と観光地認知の実態
落合康浩
平成26年度日本地図学会定期大会発表論文・資料集      2014年7月
今帰仁村謝名区における「豊年祭」の地域社会に果たす役割
落合康浩
日本大学文理学部自然科学研究所「研究紀要」   (48) 11-21   2013年3月   [査読有り]

Misc

 
大学生の地図利用と外国地名に関する位置把握の実態
落合康浩
平成28年度日本地図学会定期大会発表論文・資料集   10-11   2016年7月

書籍等出版物

 
カンボジア研究-その自然・文化・社会・政治・経済-
藁谷哲也編著 石川晃司 小林和歌子 落合康浩 大塚友美 梶山貴弘 上之園佳子 深田喜八郎 櫛英彦 高階曜衣 著 (担当:共著, 範囲:第4章)
文眞堂   2019年9月   
人類の歩み-21世紀の分岐点-
大塚友美 編著 上之園佳子 石川晃司 鵜川元雄 江川晃 落合康浩 櫛英彦 小池高史 澤田博司 高階曜衣 髙橋正樹 内藤佳津雄 深田喜八郎 葭田光三 藁谷哲也 著  (担当:共著, 範囲:第9章)
文眞堂   2017年4月   ISBN:978-4-8309-4937-1
Mapping Transition in the Pamirs Changing Human-Environmental Landscapes
Yasuhiro Ochiai
Springer International Publishing AG Switzerland   2015年   
少子高齢化-21世紀日本の課題-
大塚友美 編著、上之園佳子・安勝熙・石川晃司・落合康浩・櫛英彦・内藤佳津雄・深田喜八郎 著  (担当:共著, 範囲:第5章)
文眞堂   2014年4月   ISBN:978-4-8309-4821-3

講演・口頭発表等

 
Defferences in the Current Status of Lifestyles between Two Inhabited Areas of Wakhi in Pakistan and Tajikistan
Yasuhiro Ochiai, Kazuo Mizushima
33rd International Geographical Congress   2016年8月23日   International Geographical Union
大学生の地図利用と外国地名に関する位置把握の実態
落合康浩
平成28年度日本地図学会定期大会   2016年8月9日   日本地図学会
パミールに居住する「ワヒ」の生活実態
落合康浩
国際シンポジウム 日本と世界の山をみんなで考えよう   2016年7月23日   日本大学文理学部自然科学研究所
Process of the Changes on Lifestyle and Industry in Passu village, Gojal, Pakistan
Yasuhiro OCHIAI
Global Mountain Forum 2015, INternational Symposium on Sustainable Development of Wakhi People in Passu Gojal Hunza, Northern Pakistan   2015年8月30日   The Connitee of GMF
大学生の地図利用と都市位置把握の実態
平成27年度日本地図学会定期大会   2015年8月7日   日本地図学会