OTSUKA Tomomi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 3, 2019 at 02:43
 
Avatar
Name
OTSUKA Tomomi
E-mail
mortpakchs.nihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of General Studies
Job title
Project Professor
Degree
Ph.D.(Nihon University)
Research funding number
00139081

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1978
 - 
Mar 1986
日本大学経済学部副手
 
Apr 1986
 - 
Mar 1991
日本大学経済学部助手
 
Apr 1987
 - 
Mar 1990
東洋大学社会学部非常勤講師
 
Apr 1991
 - 
Mar 1995
日本大学文理学部専任講師
 
Apr 1992
 - 
Mar 2011
江戸川大学非常勤講師
 

Education

 
 
 - 
1976
経済学科, Faculty of Economics, Nihon University
 
 
 - 
1999
人間情報学, Graduate School, Division of Human Informatics, Tohoku Gakuin University
 

Published Papers

 
日本の人口政策(明治期を中心とする人口経済学的分析)
日本大学文理学部人文科学研究所『研究紀要』   (92) 85-111   Sep 2016   [Refereed]
少子高齢化と人口政策
tomomi Otsuka
日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要   (93) 45-66   Feb 2017   [Refereed]
少子高齢化の進展とこれへの対応策の効果を、簡易人口モデルによるシミュレーション分析を用いて考察した。
戦後昭和期・平成期における日本の人口政策ー人口経済学的分析ー
Otsuka Tomomi
日本大学文理学部人文科学研究所研究研究紀要   (94) 83-101   Sep 2017   [Refereed]
戦後昭和期・平成期における日本の人口政策を、ハロッド=ドーマー・モデルを用いた人口経済学的分析により、実証的に考察した。
人口政策と人口学的慣性
Otsuka Tomomi
日本大学文理学部人文科学研究所紀要   (94) 139-154   Sep 2017   [Refereed]
人口学的慣性が人口政策に及ぼす影響を、簡易人口モデルを用いたシミュレーション分析により実証的に考察した。
社会経済発展と農村の変容(カンボジア2農村の事例)
山本質素、大塚友美、石川晃司
日本大学文理学部人文科学研究所『紀要』   91 83-104   Feb 2016   [Refereed]

Books etc

 
少子高齢化(―21世紀日本の課題―;AN21研究シリーズNo.5)
大塚友美・上之園佳子・安勝熙・石川晃司・落合康弘・櫛英彦・内藤佳津雄・深田喜八郎 (Part:Editor, はじめに。第3章。)
文眞堂   Apr 2014   ISBN:978-4-8309-4821-3
日本の人口の少子化・高齢化の要因、およびその社会経済的影響等を、日本大学文理学部を構成する社会科学・人文科学・自然科学の各学問分野から、学際的に考察している。
『経済・生命・倫理(ヒトと人の間で)---AN21研究シリーズNo.1』[増補版]
江川晃、嘉吉純夫、木下征彦、葭田光三、藁谷哲也 (Part:Joint Work, 21-130)
文眞堂   Apr 2011   ISBN:978-4-8309-4702-5
生物である”ヒト”と万物の霊長である”人”の二面性を持つ人間は、種の生存をかけて、また、豊かな生活を求めて、経済を発展させてきた。この経済的営みによる自然への過重な負担が”ヒト”の存在を危うくしかねない今日、新たな経済観・生命観・倫理観の構築が”人”に求められている。この問題を考察する際の手掛かりを、本書は提示している。
『Excelで学ぶ人口経済学』
創成社   Apr 2011   ISBN:978-4-7944-3119-6
『危機管理(新たな疾病との戦い)---AN21研究シリーズNo.4』
島方洸一、石川晃司、石突美香、木下征彦、小松志朗、笹岡伸矢、土屋睦廣、葭田光三、藁谷哲也 (Part:Joint Work, 61-82)
文眞堂   Apr 2011   ISBN:978-4-8309-4707-0
危機管理、すなわち不測の事態への対応には総合的な知識が必要である。本書では、今日、喫緊の課題である感染症対策を共通テーマに、理系・社会系・文系の専門を異にする執筆陣が危機管理を論ずる。危機管理論を通して「文理融合型」教養の重要性を、読者に「目からウロコが落ちる」ように感得してもらおうとするユニークな書物である。
『実験で学ぶ経済学』
創成社   Jun 2005   

Conference Activities & Talks

 
少子高齢化現象の経済的帰結(簡易人口経済計量モデルの活用)
日本人口学会第66回大会   14 Jun 2014   日本人口学会
簡易人口経済計量モデルを用いたシミュレーション分析により、日本における今後の少子高齢化現象の進展、およびその経済的影響について考察した。活用)
新型インフルエンザ(H5N1)のパンデミックが我が国の人口・経済に及ぼす影響
日本人口学会第63回大会   12 Jun 2011   日本人口学会
新型インフルエンザ(H5N1)のパンデミックが我が国の人口・経済に及ぼす影響を、簡略生命表と計量経済モデルを用いることによって実証的に分析した。
簡易人口経済計量モデルによる国際労働移動分析---日本の事例---
日本人口学会(第62回大会)   12 Jun 2010   
日本の簡易人口経済計量モデルを構築することにより、その日本経済への影響を把握しにくかった国際労働移動を、シミュレーションによって明らかにしようとする研究。
中国における社会経済開発と少数民族問題(新疆ウィグル自治区を分析対象として)
日本人口学会   13 Jun 2009   
人口から見た民族共存
日本大学精神文化研究所・共同研究プロジェクト(多民族地域における社会文化変容の分析-中国・新疆ウィグル自治区の事例研究)・ワークショップ   2 Mar 2007   

Research Grants & Projects

 
社会経済変動と文化・伝統の変容の幸福への影響に関する学際的実証研究(日本型モデルの構築と国際比較分析のフィージビリティー・スタディー<実行可能性の調査研究>)
Project Year: Apr 2012 - Mar 2013