髙久保 豊

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 05:41
 
アバター
研究者氏名
髙久保 豊
 
タカクボ ユタカ
通称等の別名
高久保 豊(タカクボ ユタカ)
eメール
takakubo.yutakanihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
商学部経営学科
職名
教授
学位
商学修士(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
20246804

研究分野

 
 

経歴

 
1992年4月
 - 
1995年3月
日本大学商学部助手
 
1995年4月
 - 
1998年9月
日本大学商学部専任講師
 
1998年10月
 - 
2004年9月
日本大学商学部助教授
 
2001年4月
 - 
2004年9月
日本大学大学院商学研究科兼担助教授
 
2003年3月
 - 
2004年4月
中国・北京大学光華管理学院訪問学者
 

学歴

 
 
 - 
1986年
慶應義塾大学 商学部 商学科
 
 
 - 
1991年
慶應義塾大学 大学院 商学研究科 経営学・会計学
 

委員歴

 
2015年7月
   
 
アジア経営学会  東アジア経営学会国際連合(東連:IFEAMA)常任共同事務局長
 
2012年10月
 - 
2015年7月
アジア経営学会  東アジア経営学会国際連合(東連:IFEAMA)特命事務局次長
 
2012年9月
 - 
2015年9月
アジア経営学会  アジア経営学会理事
 
2015年9月
   
 
アジア経営学会  アジア経営学会評議員
 
2006年9月
 - 
2012年9月
アジア経営学会  アジア経営学会評議員
 

受賞

 
2017年12月
日本僑報社 第1回「忘れられない中国留学エピソード」一等賞 若者の皆さんに伝えたい:中国留学の恩返しとして
 
2010年10月
第5回樫山純三賞(樫山奨学財団)(長谷川啓之監修(2009)『現代アジア事典』文眞堂が受賞)の執筆者。 長谷川啓之監修(2009)『現代アジア事典』文眞堂
 

論文

 
中国のビジネスモデル転換に関する一考察:二重移行論との関連
髙久保 豊
商学集志   86(2) 103-120   2016年9月   [査読有り]
本稿の目的は,中国における新たなビジネスモデルの出現に着目し,中国における規範的なビジネスモデルの転換を中国経済の二重移行のなかに位置づけ,両者の関係を考察することにある。習近平政権は「新常態」の概念を提起し,イノベーションをめぐっては,李克強国務院総理が「大衆創業・万衆創新」に言及するなど,電子商取引の発展を見据えて近未来への期待が表明されている。こうした文脈の下で,中国企業のビジネスモデル転換について検討すると,新産業分野で頭角を現しつつある先進企業において「インターネットプラス」によ...
Japanese Style of Management and Foreign Firms
Katsuhiko HIRASAWA, Yutaka TAKAKUBO
The International Journal of Nepalese Academy of Management   3(1) 66-77   2015年   [査読有り]
(研究ノート)中国企業の海外進出をめぐる一考察:2008年前後の日中間ビジネスを中心に
高久保豊
商学集志   85(1/2) 127-146   2015年9月   [査読有り]
(研究ノート)中国「情報化」と社会経済発展:産業・市民との関連をめぐる準備的考察
高久保豊
商学研究   (30) 219-238   2014年3月   [査読有り][招待有り]
 最近の中国語文献を手掛かりとして,次世代経営パラダイムを念頭に置き,中国「情報化」の状況を社会経済発展との関連から瞥見し,その今日的課題を指摘するための準備的な考察である。世界経済の成長を牽引する中国では,「情報化」が社会・経済に対して量的・質的変化をもたらす重要な要素になり,ICT製品の使用者による情報発信,とりわけネチズンの存在が注目されている。文献からは「『情報化』と『工業化』の融合が社会経済の転換と発展の重要な動力として注目される」,「中国における都市の政治,経済,社会,技術等の...
高久保豊
新しい資本主義と企業経営(経営学論集第83集):電子ジャーナル版   1-5   2013年9月

Misc

 
(新聞掲載論考)現代の若者が発信するメッセージとは:アジアの次世代のビジネスモデル
髙久保豊
両毛新聞   (18843) 1-1   2018年1月   [依頼有り]
(エッセイ)中国の「大衆創業、万衆創新」
髙久保豊
三田評論   (1205) 37-37   2016年11月   [依頼有り]
経済改革の現段階の再吟味:厲以寧理論からの示唆
髙久保豊
東亜   567 98-107   2014年9月   [査読有り]
中国の「大衆創業、万衆創新」
髙久保 豊
三田評論   37-37   2016年11月
初年次経営学の授業とICT:携帯等メールの活用による学習意欲の向上
高久保豊
大学教育と情報   (2013-2) 27-29   2013年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
(エッセイ集)忘れられない中国留学エピソード
近藤昭一、西田実仁など48人(髙久保豊を含む) (担当:共著, 範囲:若者の皆さんに伝えたい:中国留学の恩返しとして)
日本僑報社   2017年12月   ISBN:978-4-86185-243-5
現代アジアの企業経営:多様化するビジネスモデルの実態
中川涼司・髙久保豊編著 (担当:共編者, 範囲:中国:新たな重層構造を読み解く)
ミネルヴァ書房   2017年9月   ISBN:978-4-623-08078-6
各国の体制を踏まえ、国別・職能別の視点から、共通点を持ちつつ多様に展開する東アジアのビジネスモデルを分析。序章 東アジアにおけるビジネスモデル(中川涼司)第1章 韓国:現代における財閥の存在意義(柳町 功)第2章 台湾:IT企業群の黒子への専念,そしてそこからの脱皮(中原裕美子)第3章 中国:新たな重層構造を読み解く(高久保 豊)第4章 タイ:「足るを知る経済」と日系企業の役割(木村有里)第5章 ミャンマー:衣類輸出を担う国内企業(水野敦子)第6章 コーポレート・ガバナンス:会社機関構造に...
原発問題と市民社会の論理(比較経営研究第41号)
日本比較経営学会 (担当:共著, 範囲:髙久保豊・長山宗広・王穎琳「次世代中国のビジネスモデルとイノベーションへの示唆」)
文理閣   2017年4月   ISBN:978-4-8925-9809-8
Management Strategy of Foreign Companies in Japan
Katsuhiko HIRASAWA(ed.), Dev Raj ADHIKARI, Masayuki HORIE,Takehiko YASUDA,Tsutomu HASEGAWA, XIONG Pei,Yutaka TAKAKUBO (担当:共著, 範囲:“Japanese Management and Foreign Companies”(Hirasawa,K. &Y.Takakubo,1-13), “Overseas Expansion of Chinese Enterprises and Businesses Targeting Japan: A Discourse on the East Asian Market and Technology Tie-ups”(Takakubo,Y.,83-110))
Asmita Books Publishers &Disributors   2016年   ISBN:978-9937-687-13-3
“Overseas Expansion of Chinese Enterprises and Businesses Targeting Japan: A Discourse on the East Asian Market and Technology Tie-ups”(Takakubo,Y.,83-110) The aim of this paper is to focus on Chinese enterprises whose presence in the global econo...
社会保護政策論:グローバル健康福祉社会への政策提言(担当部分:第12章 中国「儒法モデル」の経営管理、Column12)
真屋尚生(編著) (担当:共著, 範囲:289-307,308)
慶應義塾大学出版会   2014年5月   ISBN:978-4-7664-2109-5

講演・口頭発表等

 
(記念講演)現代の若者像について:日勤協「若者を考えるつどい」の取組みを中心に [招待有り]
髙久保豊
足利青年文化協会創立60周年記念祝賀会   2017年9月17日   足利青年文化協会
中国における双創構想とメイカーズスペースの新展開
髙久保豊
アジア経営学会第24回全国大会   2017年9月9日   アジア経営学会
 中国のメイカーズスペースはさらなる深まりと広がりを見せているが,北京に比べてハードウェアの層が厚い深圳では,初心者からプロに至るまで,エコシステムを構成する各種のタイプが確認されることがわかった。1.はじめに:問題の所在,本報告の目的2.双創の構想について3.中国におけるメイカーズスペース(1)メイカーズスペースとは何か(2)日本における議論(3)中国における議論4.若干の事例の検討(1)着目点:多様性の内実を探る(2)北京における事例:北京市における概況,義創空間からの示唆(3)深圳に...
中国のビジネスモデル・イノベーション
髙久保豊・長山宗広・王穎琳
日本比較経営学会第42回全国大会   2017年5月13日   日本比較経営学会
 本ワークショップは、第41回全国大会(2016年)のワークショップ「中国ビジネス」を踏まえ、中国のビジネスモデル・イノベーションをめぐり、理論と実践におけるその後の展開を紹介するとともに、若干の論点をめぐる現状整理と意見交換を行い、今後の研究へのヒントを得ることを目的とするものである。 まず、長山報告を通じて日本の状況を取り上げ、比較検討の基礎として確認した。続いて、王報告と髙久保報告を通じて中国の状況を確認した。とりわけ、起業支援モデル、ならびに起業家ネットワークと集積(イノベーション...
Economic Development and Small Businesses in Japan
YU Jin,Yutaka TAKAKUBO,XIONG Pei,Katsuhiko HIRASAWA
The 14th Conference of International Federation of East Asian Management Associations(IFEAMA)   2017年3月28日   International Federation of East Asian Management Associations(IFEAMA)
如何理解“日本式管理”的多層性質 [招待有り]
高久保 豊
日本中小企業国際化経験講演会   2016年9月2日   河海大学商学院(中華人民共和国・南京)

担当経験のある科目

 

社会貢献活動

 
東アジア経営学会国際連合(東連)
【】  2015年7月17日
役職・活動名:常任共同事務局長
特定非営利活動法人東連ジャパン
【】  2002年12月4日
役職・活動名:理事
公益財団法人 アンタレス山浦財団
【】  2011年4月1日
理事
社団法人日本勤労青少年団体協議会
【】  2010年1月
理事