UETSUKI Keiichiro

J-GLOBAL         Last updated: Jul 2, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
UETSUKI Keiichiro
E-mail
kuetsukigmail.com
Affiliation
Nihon University
Section
College of Art, Liberal Education for Art
Job title
Professor
Degree
文学修士(立教大学)
Research funding number
10213373

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 1974
 - 
Mar 1979
地球科学科, 理学部, Kobe University
 
Apr 1979
 - 
Mar 1982
人文学科英文学専攻, Faculty of Humanities, Chiba University
 
Apr 1983
 - 
Mar 1985
英米文学専攻, 文学研究科, Rikkyo University
 
Apr 1985
 - 
Mar 1988
イギリス文学専攻, Graduate School, Division of Humanities, Gakushuin University
 

Published Papers

 
『白鯨』解読―造形芸術から見る文芸作品の二重構造
植月惠一郎
日本大学芸術学部紀要   (68) 13-31   Sep 2018   [Refereed]
『白鯨』の中心部にあるエンブレムや絵画と関係の深い、ちょうど中心部に置かれた2章と全体の関係を明らかにした。
猫と犬―漱石とコヴェントリー
藝文攷   (23) 15-21   Jan 2018
ハートのアート/アートのハート――形而上詩を中心に
日本大学芸術学部紀要   (66) 17-35   Nov 2017   [Refereed]
黒人奴隷のトランスアトランティック――トゥーサンとバボウ
日本大学芸術学部紀要   (65) 31-46   Mar 2017   [Refereed]
漱石百年・シェイクスピア四百年――〈羊〉と〈壺〉の『三四郎』
藝文攷   (22) 111-131   Mar 2017

Misc

 
虐待と愛護—十八世紀イギリスの三匹の猫
日本大学芸術学部紀要   (67) 11-23   Mar 2018   [Refereed]
ポーの『ウィサヒコンの朝』と環境恐怖
日本大学芸術学部紀要   64 27-39   Nov 2016   [Refereed]
〈熊〉の『マクベス』
植月惠一郎
日本大学芸術学部紀要   (61) 13-20   Mar 2015   [Refereed]
〈バリツ〉異聞―ホームズの格闘術
藝文攷   20 62-73   Feb 2015
グレイの〈猫〉―「金魚鉢で溺死した愛猫に寄せるオード」(一七四七)について
植月惠一郎
日本大学芸術学部紀要   (60) 23-32   Oct 2014   [Refereed]

Books etc

 
旅と文化―英米文学の視点から
植月惠一郎 (Part:Joint Work, 観光案内としての『ウィサヒコンの朝』とエコロジー)
音羽書房鶴見書店   Apr 2018   ISBN:978-4-7553-0411-8
英米文学における旅をテーマに論集を編纂した。植月が担当したポーの作品は、一見観光案内だが、恐るべきエコロジーの黙示録的な視点を最後に挿入してある。
エンブレムの諸相―JSPS科学研究費研究成果報告書
七月堂   Mar 2015   
ロマン主義エコロジーの詩学―環境感受性の芽生えと展開
植月惠一郎 (Part:Joint Work, ジェイムズ・トムソン『四季』と大気現象―自然の時間変化と感受性)
音羽書房鶴見書店   Mar 2015   
自然への感性を養うのに森などの空間が強調されがちであるが、時間の推移に伴う四季の変化を感じ取ることの重要性をトムソンの『四季』に読み取った。
文学と歴史の曲がり角―英米文学論文集
植月惠一郎 (Part:Joint Work, マーヴェルのシャリヴァリ―『画家への最終指示』について)
英光社   Nov 2014   
マーヴェルの諷刺詩『画家への最終指示』は日常的な価値観を覆すシャリヴァリ的祝祭でもあることを明らかにした。
イメージの劇場―近代初期英国のテクストと視覚文化
植月惠一郎 (Part:Joint Work, 異界探訪―竜退治の成立過程)
英光社   Feb 2014   

Conference Activities & Talks

 
グレイと諷刺――『愛猫の溺死に寄せるオード』の批評分析
イギリス・ロマン派学会第43回全国大会   21 Oct 2017   イギリス・ロマン派学会
形而上詩の〈心臓〉を解き明かす――エンブレムを視野に入れて [Invited]
十七世紀英文学会関西支部第207回例会   24 Jun 2017   十七世紀英文学会関西支部
テキストとイメージの近代―エンブレム文化の変容と寓意表象の多様性をめぐって―シェイクスピア没後四百年および漱石没後百年記念ワークショップ [Invited]
日本比較文学会2016年度東北大会   26 Nov 2016   
トランスアトランティック・ロマンティシズム―風景、国家、そして文学―黒人奴隷のトランスアトランティック―チャタトンからメルヴィルまで
イギリス・ロマン派学会第42回全国大会   29 Oct 2016   
語学の基礎教育に関する一考察―辞書の活用について [Invited]
欧米言語文化学会関西支部設立20周年記念大会   10 Sep 2016   

Works

 
チビ犬ポンペイ冒険譚
The Others   Nov 2017
黒人奴隷のトランスアトランティック――チャタトンからメルヴィルまで
The Others   Mar 2017 - Mar 2017
トルコ軍艦エルトゥールル号の海難
The Others   Nov 2015
アート・アーカイブ構築に向けての基礎研究 : 日本大学芸術学部・共同研究 : 報告書
The Others   Jan 2014 - Jan 2014
ヴァン・ダイクと17世紀のフランドル美術 : 国際シンポジウム報告書 = Van Dyck and the seventeenth-century Flemish art : International symposium papers
The Others   Mar 2003 - Mar 2003
もう一つのホワイトホール--マーヴェルの『画廊』についてAnother Whitehall: On Andrew Marvell's "The Gallery"

Others

 
Mar 2017
書評 海老澤豊『葦笛の詩神―英国十八世紀の牧歌を読む』
2008
書評 Kevis Goodman, Georgic Modernity and British Romanticism:Poetry and the Mediation ofHistory
2007
「ロマン主義とエコロジー」+「ワーズワス」、放送大学「Webロマン主義入門講座」http://www.campus.u-air.ac.jp/~gaikokugo/romanticism/
Mar 2005
A Bookreview on Onno Oerlemans' Romanticism and the Materiality of Nature.
1992
P.H.ラスほか著『古典、聖書、文学基礎知識事典』(共著)北星堂書店