UMEMOTO Junko

J-GLOBAL         Last updated: Jun 2, 2019 at 02:45
 
Avatar
Name
UMEMOTO Junko
Affiliation
Nihon University
Section
College of International Relations, Department of International Liberal Arts
Job title
Professor
Degree
Doctor of International Relations(Nihon University)
Research funding number
40180799

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2000
   
 
Professor, College of International Relations,Nihon University
 

Education

 
 
 - 
1979
英米語学科, Faculty of Foreign Language, Tokyo University of Foreign Studies
 
 
 - 
1985
国際関係, Graduate School, Division of International Studies, Nihon University
 

Awards & Honors

 
May 2010
闘う牧師、田村直臣の挑戦, 国際文化表現学会
 

Published Papers

 
An Experiment in Gendered Reading: Enchi Fumiko's "A Bond for Two Lifetimes"
Comparative Literature Studies (Pennsylvania State univ. Press)   47(3) 369-378   Oct 2010   [Refereed]
円地文子の「二世の縁拾遺」をジェンダーを視点に分析した評論を1980年代より2000年代までの二十年に渡って追うもの。ジェンダー視点の分析により、この作品の異なる側面が浮き彫りになる。
文化受容の証人、ラフカディオ・ハーン
知の新視界(南雲堂)   315-356   2003
The Reception of Chinese Culture Reflected in Lafcadio Hearn's Retelling Chinese Stories
Comparative Literature Studies The Pennsylvania State Univ. Press   39(4) 263-271   Dec 2002   [Refereed]
The Liberation of Women in Works Retold by Lafcadio Hearn
Comparative Literature Studies(The Pennsylvania State Univ. Press)   35(2) 132-138   1998
"Hatakeyama Yuko"from Different Writers' View including Lafcadio Hearn's
Horizons of Comparative Literature : East-West Contacts   113-141   2000

Misc

 
Japan as Seen by Elizabeth Bisland and Nellie Bly: With References to Lafcadio Hearn
Junko UMEMOTO
Studies in International Relations   38(2) 79-86   Feb 2018   [Refereed]
ネリー・ブライとエリザベス・ビスランドの世界一周早回り競争とそれぞれが出版した体験記をもとに、彼女ら二人の日本観を追った。また、ビスランドの来日は、親交のあったハーンにどのように影響を与えたのか。当時の新聞事情にも言及しながら考察した。
The Tidal Wave of 1896 Described by Foreigners: A Reconsideration
Junko UMEMOTO
Studies in International Relations   38(1) 35-42   Oct 2017   [Refereed]
メイベル・トッドのCorona and Coronetという作品中の"The Tidal Wave"の記事で扱った絵についてその作者とその絵が描かれた経緯、同行した通訳の青年のプロフィールについて明らかにした。最後に同じ津波を取材したエリザ・シドモアの作品比較し、1896年の津波がアメリカでどのように伝えられたかをたどった。
The Ainu People Mabel L. Todd Saw
Junko UMEMOTO
Journal of the College of International Relations   (38) 29-38   Mar 2017   [Refereed]
Mabel L. Todd, editor of Emily Dickinson's Poems, and essayst, visited Japan twice in 1887 and 1896. accompanying her husband who was the leder of the Amherst Eclipes Expedition to Japan. In 1896, the station for the observatory was placed in Esas...
Food and Eating Habits in Lafcadio Hearn
Junko UMEMOTO
生活科学研究報告   (38) 19-26   Mar 2016   [Refereed]
ハーンと「食」の関係として、シンシナティ時代の「食」にまつわるショッキングな記事を増産したことをはじめ、ニューオーリンズに移ってからの多彩な食生活とそれが高じてクレオールの料理本の監修に至るまでを概観する。
Images of Japanese Femininity from Alice M. Bacaon's In the Lands of the Gods
Junko UMEMOTO
The Reort of the Research Institute of Science for Living   (37) 35-42   Mar 2015   [Refereed]

Books etc

 
闘う牧師、田村直臣の挑戦
大空社   Feb 2010   ISBN:978-4-283-00776-5
田村直臣による日曜学校や育英施設の運営を概観。また、その背景にある彼の思想形成に影響したアメリカ留学の実態にせまる。具体例として、日曜学校のテキストに用いた、児童文学の翻訳書の言文一致体の使用、さらに「花嫁事件」の元になった『日本の花嫁』の出版とその訳書の顛末に言及した。
Early Biographical Sources on Lafcadio Hearn 4vols
Edition Synapes   Oct 2008   
ラフカディオ・ハーンについて欧米で書かれた伝記の復刻とその解説。全4巻
田村直臣:日本の花嫁・米国の婦人資料集
藤澤全 (Part:Joint Work, 281-348,)
大空社   Feb 2003   ISBN:4-283-00215-1
The Japanese Bride(1893)の復刻版を『日本の花嫁』として和訳。また、この著が引き起こした花嫁事件について解説したもの。
未完のハーン伝:テューニソン関係書簡を中心に
大空社   Dec 2002   ISBN:4-283-00214-3
ラフカディオ・ハーンのシンシナティ時代の友人であるジョセフ・テューニソンが所有していたハーン書簡を中心に、テューニソンが他のハーンの友人や知人と交わした書簡をもとに、ハーンの人間像と交流関係に迫るもの
浦島コンプレックス:ラフカディオ・ハーンの交友と文学
南雲堂   Jan 2000   ISBN:4-523-29259-0
ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の人生に影響を与えた人物との交友、ならびに作品論。浦島にあこがれたハーンの放浪の人生を背景に、作品を分析する。

Conference Activities & Talks

 
世界一周早回り競争の記者が見た日本ーエリザベス・ビスランドとネリー・ブライの場合
国際文化表現学会 第14回大会   12 May 2018   国際文化表現学会第14回大会
メイベル L.トッドの見た日本ー外国人の見た「ツナミ」を中心にー
日本比較文学会東京支部例会   17 Mar 2018   
メイベル・L.・トッドの見た日本ー二度目の来日で見た津波の災禍を中心にー
梅本順子
第13回 国際文化表現学会   13 May 2017   
ラフカディオ。ハーンとジョージ・ワシントン・ケイブル:「クレオール」の文学という視点から
梅本 順子
日本比較文学会 東京支部大会   21 Oct 2014   日本比較文学会 東京支部
ラフカディオ・ハーンとジョージ・ワシントン・ケイブルの交流を、「クレオールの文学」をキーワードに概観する。とくに、ケイブルのクレオールを描いた作品が投げかけた影響、並びにそれを書評で弁護しようとしたハーン、しかし二人の交友は、周辺の動きに無関心ではいられなかった。ハーンの人生を振り返るときその出発点となったニューオーリンズ時代をこの交流を中心に定義するもの。
欧米女性の見た明治期の日本:日本女性観を中心に
梅本 順子
国際文化表現学会   11 May 2014   国際文化表現学会
来日女性、ジュリア・カロザース、イサベラ・バード、そしてアリス・ベーコンの欧米産女性が見た日本女性観をそれぞれの作品にみる。とくに、来日目的や滞在期間などを異にしているにもかかわらず、彼らの視点には共通するものがある。そこに、欧米人の日本観の特徴があると考えられる。

Social Contribution

 
三島市立図書館文学講座 講演「世界一周早回り競争に挑んだ女性たち」
[Lecturer]  三島市立図書館文学講座  16 Jun 2018
三島市立図書館文学講座
焼津小泉八雲記念館第20回小企画展関連事業 講演「外国人の見た富士山」
[Lecturer]  焼津小泉八雲記念館  26 May 2018
焼津小泉八雲記念館にて講演(第20回小企画展示会関連事業)
焼津小泉八雲記念館開館10周年記念 基調講演 「地域資源としての文学」
[Lecturer]  焼津市立図書館内 小泉八雲記念館  8 Oct 2017
三島市立図書館文学講座 講演 「外国人が語った津波」
[Lecturer]  三島市立図書館  (三島市立図書館)  24 Jun 2017

Others

 
Mar 2015
Book Review
Nov 2012
『横浜プロテスタント史研究会会報』No.51
Mar 2012
書評 牧野陽子著 『〈時〉をつなぐ言葉:ラフカディオ・ハーンの再話文学』掲載誌 日本比較文学会発行『比較文学』54号
Nov 2008
Early Biographical Sources on Lafcadio Hearn 4 vols.
Feb 2006
A Guide to the Japanese Art in the Collections of Sano Art Museum