YAMAMOTO Kenji

J-GLOBAL         Last updated: Jun 14, 2019 at 13:50
 
Avatar
Name
YAMAMOTO Kenji
E-mail
yamamoto.kenjinihon-u.ac.jp
Research funding number
60139087

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Nihon University College of Law, Department of Journalism
 
Apr 1974
 - 
Mar 1980
ラヂオプレス通信社中国語部
 
Apr 1980
 - 
Mar 1984
日本大学国際関係学部専任講師
 
Sep 1980
 - 
Mar 1982
東京中華学校日語科講師
 
Apr 1984
 - 
Mar 1991
日本大学国際関係学部助教授
 

Education

 
Apr 1975
 - 
Mar 1978
East Asia specialty, Graduate School, Division of Area Studies, University of Tsukuba
 
 
 - 
1973
中国文学, Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities), Nihon University
 

Published Papers

 
中国共産党の宣揚する利他精神―「人民に奉仕する」を中心にして
現代中国事情   (18) 31-40   Mar 2008
太極拳研究(10)-常式太極拳(全佑老架太極拳)について-
国際関係学部研究年報   24 103-126   2003
中国における情報としての知財
現代中国事情   (11) 26-37   Jan 2007
東トルキスタン独立運動をめぐる中国共産党の党内規律
現代中国事情   (5) 64-71   Jan 2006
新疆日報にみる環境監視機能
奥野昌宏編著
マス・メディアと冷戦後の東アジア(学文社)   310-326   Feb 2005

Misc

 
[四権」(知る権利、参与する権利、表現する権利、監督する権利)の消長
山本賢二
ジャーナリズム&メディア   (11) 246-276   Mar 2018
中国における外国報道機関・記者の報道・取材活動に関する規定
山本賢二
ジャーナリズム&メディア   (10) 123-168   Mar 2017
中国における外国の報道機関と記者に関係する管理規定を解説した。
中国の「新聞記者証管理弁法」について
山本賢二
ジャーナリズム&メディア   (8) 233-274   Mar 2015
中国における「新聞記者証管理弁法」を通時的に解析し、党による管理の実態を明らかにした。
中国における国家秘密保護と情報管理強化
山本賢二
ジャーナリズム&メディア   (8) 351-371   Mar 2015
新たに改定された国家秘密保護法を中心に、中国における情報管理の現状を解析した。
改革開放30年とインターネット
山本賢二
ジャーナリズム&メディア   (4) 301-304   Mar 2011
中国の改革開放の30年におけるメディア環境とインターネットの普及を解析した。

Books etc

 
国際コミュニケーションとメディア―東アジアの諸相
山本賢二・小川浩一 (Part:Joint Editor, 第3章 ジャーナリズムの中国モデル)
学文社   Mar 2019   
中国のジャーナリズムモデルを主に習近平時代の言論空間の伸縮を中心に分析、提示した。
平成3年度NHKラジオ中国語講座(応用編)
日本放送出版協会   Dec 1989   
平成2年度NHKラジオ中国語講座(応用編)
日本放送出版協会   Dec 1988   
中国故事成語(共著)
東方書店   Dec 1987   
しりとりで覚える中国成語
大学書林   Dec 1987   

Conference Activities & Talks

 
中国の国際コミュニケーション戦略-対外宣伝を中心にして-
国際行動学会第一回大会   25 Sep 2004