佐藤 勝

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/02 02:48
 
アバター
研究者氏名
佐藤 勝
 
サトウ マサル
eメール
sato.masarunihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
理工学部一般教育
職名
教授
科研費研究者番号
40235396

研究分野

 
 
  • 言語学 / 英語学 / 英語史・歴史英語学、英語学、英文法

委員歴

 
2003年4月
 - 
2013年3月
日本大学英文学会  常任委員
 

受賞

 
2010年11月
平成22年度日本大学理工学部学会・協会賞
 
2009年11月
日本中世英語英文学会奨励賞(第1回)
 

論文

 
英語聖書における外国語の影響
Fortuna(欧米言語文化学会)   (24) 3-13   2013年3月   [査読有り]
動詞補文の通時的研究に際して
『英文学研究』支部統合号(日本英文学会)   四 49-57   2012年1月   [査読有り]
後位修飾語句の通時的一研究
『英文学論叢』(日本大学英文学会)   58 93-111   2010年3月   [査読有り]
関係代名詞の通時的研究に際して
『英語史研究会会報 研究ノート』(オンライン版)   (2009年) 1-8   2009年7月   [査読有り]
補文の差異について―主語機能の不定詞・節の通時的研究より―
『英語史研究会会報 研究ノート』(オンライン版)   (2007年) 1-6   2007年3月   [査読有り]

Misc

 
佐藤 勝(著)『英語準動詞・節の実証通時研究―英語聖書四福音書を言語資料として―』(英宝社、2016 年9月刊、xii+188頁)(新刊紹介)
日本英文学会HP『会員著書案内』      2016年9月
佐藤 勝(著)『英語準動詞・節の実証通時研究―英語聖書四福音書を言語資料として―』(英宝社、2016 年9月刊、xii+188頁)(新刊紹介)
『英語史研究会会報』新刊紹介 (16) (オンライン版)      2016年9月
「S + Vt + 準動詞・節」の通時的一研究(2012年度支部大会Proceedings)
『第85回大会Proceedings』(日本英文学会)   119-20   2013年9月   [査読有り][依頼有り]
理工学的評価尺度の中の英語史研究(学術的エッセイ)
『英語史研究会会報』随想(5)(オンライン版)      2013年8月   [査読有り]
学会について(学術的エッセイ)
『英文学会通信』(日本大学英文学会)   (97) 7-8   2012年6月

書籍等出版物

 
英語準動詞・節の実証通時研究―英語聖書四福音書を言語資料として―(学術専門書)
佐藤 勝
英宝社   2016年9月   ISBN:978-4-269-77055-3
Studies in the History of the English Language, 2006-2009.(共著論文集)
英語史研究会編 (担当:共著, 範囲:15-20, 77-84)
大阪洋書   2010年3月   ISBN:978-4-9904584-1-6
英語不定詞の通時的研究―英語聖書四福音書を言語資料として―(学術専門書)
佐藤 勝
英宝社   2006年9月   ISBN:978-4-269-77031-7

講演・口頭発表等

 
「S + Vt + 準動詞・節」の通時的一研究
日本英文学会北海道支部第57回大会<於北海学園大学>   2012年9月30日   
英語聖書における外国語の影響
欧米言語文化学会第4回年次大会<於日本大学芸術学部江古田校舎>   2012年9月2日   欧米言語文化学会
動詞補文の通時的研究に際して(推薦発表) [招待有り]
日本英文学会北海道支部第55回大会<於北海道大学>   2010年10月2日   
関係代名詞の通時的一研究―概観と今後の探求点― [招待有り]
近代英語協会第26回大会<於日本大学文理学部>   2009年5月29日   
後位修飾語句の通時的一研究
日本中世英語英文学会第24回全国大会<於大阪府立大学>   2008年12月6日   

Works

 
通時研究のための英語聖書福音書
佐藤 勝 (編)   その他   2019年10月
完成しており本来は著書に登録する業績だが、まだ版権を取得できてなく出版された書となっていないためここに仮登録している。