香取 照臣.

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 02:50
 
アバター
研究者氏名
香取 照臣.
 
カトリ テルオミ
所属
日本大学
部署
理工学部応用情報工学科
職名
教授
学位
工学修士(日本大学), 博士(工学)(日本大学)
科研費研究者番号
20233835

研究分野

 

経歴

 
2008年4月
   
 
千葉大学 薬学部 非常勤講師
 
2015年4月
   
 
日本大学 理工学部 准教授
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
日本大学 理工学部 電子工学科
 
1989年4月
 - 
1991年3月
日本大学 理工学研究科 電子工学
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
2019年5月
電気学会技術調査専門委員会  鉄道の運転に関する概念と用語の国際比較と標準化検討調査専門委員会
 
2017年4月
   
 
Wessex Institute  International Scientific Advisory Committee of COMPRAIL 2018
 
2014年3月
 - 
2014年11月
電子情報通信学会  新たな広がりを見せる衛星通信及び関連宇宙技術特集編集委員会
 
2013年11月
 - 
2015年3月
International Association of Railway Operations Research  Rail Tokyo 2015 現地実行委員会
 
2010年5月
 - 
2018年3月
電子情報通信学会  宇宙・航行エレクトロニクス研究専門委員会
 

受賞

 
2007年3月
平成18年電気学会全国大会(横浜国立大学)優秀論文発表賞
 
2006年3月
平成17年電気学会全国大会(徳島大学)優秀論文発表賞
 
2005年5月
(社)電気学会優秀技術活動賞技術報告賞
 
2004年9月
平成16年電気学会産業応用部門全国大会ヤングエンジニアポスターコンペティション優秀賞
 
2004年9月
平成16年電気学会産業応用部門全国大会ヤングエンジニアポスターコンペティション優秀賞
 

論文

 
Train rescheduling generation considering rolling stock types and closed-off area
Teruomi KATORI & Takashi IZUMI
WIT Transactions on The Built Environment   181 423-433   2018年11月   [査読有り][招待有り]
Automatic train rescheduling in case of disruptions
KATORI Teruomi, IZUMI Takashi
Rail Lille 2017, 7th International Conference on Railway Operations Modeling and Analysis   7 677-687   2017年4月   [査読有り]
Analysis of timetable configurations of rapid train stopping or overtaking at stations to shorten the average passenger trip time
Teruomi KATORI, Takashi IZUMI
6th international conference on Railway Operations Modeling and Analysis Rail Tokyo 2015, 051   051-1-051-9   2015年3月   [査読有り]
Generating a train rescheduling timetable considering the train routes on tracks and car types
Teruomi KATORI, Hiroya YAMAZAKI & Takashi IZUMI
Computers in Railways Vol.XIV   14 675-685   2014年6月   [査読有り]
Shortening average trip times by adjusting stopping and overtaking train stations
Teruomi KATORI, Hiroto KABUMOT & Takashi IZUMI
Computers in Railways Vol.XIV   14 577-586   2014年6月   [査読有り]

Misc

 
TRAIN TIMETABLE RESCHEDULING GENERATION BASED ON VEHICLE TYPE AND TRAIN ROUTE COMBINATIONS
T.KATORI & T.IZUMI
International Journal of TRANSPORT DEVELOPMENT AND INTEGRATION   Vol. 1(Number 3) 403-413   2017年1月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
理工系大学生と教員の心のケア-学生相談室のはたらき-
川西利昌・小川貫・香取照臣.・三宅方子・谷川寛樹 (担当:共著, 範囲:第2部)
テクネ社   2017年10月   ISBN:978-4908381836
理工系大学での学習は、実験・実習・製図など実技科目があり小グループで作業する。また卒業研究は研究室に所属し教員や大学院生らと研究に励む。これらは極めて優れた教育方法であるが、一方様々な問題に悩む学生がいる。本書を読むことにより、理工系の大学生や教員が、自分だけが悩んでいるのではなく、他にも同じような悩みを持つ人々がいることを知り、少しでも悩みを軽減できれば幸いである。本書は教育研究に従事する教員に書かれたため、他の教員にもすぐ役立つ具体的な事例が数多く取り上げられている。
鉄道ダイヤ回復の技術
電気学会・鉄道における運行計画・運行管理業務高度化に関する調査専門委員会編(ほか委員11人と共著) (担当:共著, 範囲:pp.84-111)
オーム社   2010年8月   ISBN:978-4-274-20914-7
ダイヤ乱れに強い運行管理システムをどのように考え、構築していけばよいか、ダイヤが乱れたときの運行管理はどうあるべきかを、主に鉄道事業に従事する方を対象にまとめたもので、新入社員や鉄道マニアにも読み進められるよう、ダイヤ作りの基礎から解説するもの。
鉄道における無線利用技術
鉄道における無線利用技術調査専門委員会委員(ほか委員14人と共著) (担当:共著, 範囲:904(号), pp.18-23)
電気学会技術報告   2002年10月   

講演・口頭発表等

 
交通流シミュレータを用いた駐車場案内効果の検討
久保田雅貴、原島寛隆、香取照臣.、泉隆
平成30年電気学会電子・情報・システム部門大会、PS4-7,p.1547   2018年9月5日   (一社)電気学会電子・情報・システム部門
認知地図生成モデルにおける感覚距離費の傾向の検討
樋口千唐、香取照臣.、泉隆
平成30年電気学会電子・情報・システム部門大会、PS3-10,p.1530   2018年9月5日   (一社)電気学会電子・情報・システム部門
単純性・頑健性の観点からの列車ダイヤの評価の検討
宮本俊志、香取照臣.、泉隆
平成30年電気学会産業応用部門大会、Y-149   2018年8月28日   (一社)電気学会産業応用部門
Computer Simulation [招待有り]
Computers in Railway XVI   2018年7月3日   Wessex Institute Technology
Train rescheduling generation considering rolling stock types and closed-off area [招待有り]
Teruomi KATORI & Takashi IZUMI
Computers in Railways Vol.XVI, pp.262-272   2018年7月3日   WIT PRESS

担当経験のある科目