ITO Yoshinari

J-GLOBAL         Last updated: Nov 2, 2019 at 02:55
 
Avatar
Name
ITO Yoshinari
Affiliation
Nihon University
Section
College of Industrial Technology, Department of Civil Engineering
Job title
Professor
Research funding number
40159926

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1975
土木工学科, Faculty of Industrial Technology, Nihon University
 
 
 - 
1983
土木専攻, Graduate School, Division of Industrial Technology, Nihon University
 

Published Papers

 
管型粘度計によるレオロジー定数の測定
コンクリート工学年次論文集   Vol.39(1)    Jul 2017   [Refereed]
セメントの一部をフライアッシュで置換したオートクレーブ養生モルタルの圧縮強度と微細構造
無機マテリアル学会誌   No.23(vol.384) 271-277   Sep 2016   [Refereed]
シリカフューム混入高強度モルタルを用いたオートクレーブ養生温度低温化
山口晋,越川茂雄,町長治,鵜澤正美,伊藤義也
無機マテリアル学会誌   18 254-259   Sep 2011   [Refereed]
エトリンガイトを含むセメント硬化体の機器分析における前処理条件
越川茂雄、鵜澤正美、山口 晋
セメント・コンクリート論文集   59(2) pp.131-136   Feb 2010   [Refereed]
セメント硬化体のエトリンガイトを変質させない条件によるフリーズドライとそれによる細孔径分布
越川茂雄、鵜澤正美、山口 晋
材料   59(2) pp.131-136   Feb 2010   [Refereed]

Misc

 
水セメント比およびシリカフュームの添加率に着目した低温オートクレーブ養生に関する基礎的研究
材料   62(10) 615-620   Oct 2013   [Refereed]
真空凍結乾燥法とD-dry法を用いて乾燥したセメント硬化体の水銀圧入法による細孔性状
セメント・コンクリート論文集   66 135-141   Jan 2013   [Refereed]
低温オートクレーブ養生の養生時間に着目した超高強度モルタルの強度発現性に及ぼす影響に関する研究
無機マテリアル学会誌   20 9-14   Jan 2013
シリカフューム混入高強度モルタルのオートクレーブ養生温度低温化
無機マテリアル学会誌   18 254-259   Sep 2011   [Refereed]

Books etc

 
入門 鉄筋コンクリート工学
技報堂出版   Oct 2012   ISBN:978-4-7655-1798-0
環境材料コンクリート
監修:越川茂雄,國府勝郎/共著:越川茂雄,伊藤義也,鵜澤正美,山口晋 (Part:Joint Work)
株式会社セメント新聞社   Apr 2012   ISBN:978-4-915368-91-2

Conference Activities & Talks

 
オートクレーブ養生によるセメント硬化体の高強度発現メカニズムに関する基礎的研究
平成29年度日本大学生産工学部学術講演会   2 Dec 2017   
下水汚泥焼却灰を用いたジオポリマーコンクリートの透水性に関する基礎的研究
平成29年度土木学会全国大会 第72回年次学術講演会   11 Sep 2017   
流動コンクリートの管内流動に関する研究
平成29年度土木学会全国大会 第72回年次学術講演会   11 Sep 2017   土木学会
無機質セメント系コンクリート改質材を塗布したコンクリートの中性化に関する実験
平成28年度日本大学生産工学部学術講演会   3 Dec 2016   
下水汚泥焼却灰を活用したジオポリマーモルタルの基礎的性状に関する研究
平成28年度土木学会全国大会 第71回年次学術講演   7 Sep 2016