岩下 圭之

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/02 09:50
 
アバター
研究者氏名
岩下 圭之
 
イワシタ ケイシ
所属
日本大学
部署
生産工学部 環境安全工学科
学位
工学修士(日本大学), その他(ニューヨーク大学サイエンスアカデミー(米国))

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本大学 生産工学部 土木工学科 助教授
 
1980年
 - 
1983年
日本大学生産工学部土木工学科 臨時助手
 
1983年
 - 
1991年
日本大学生産工学部 副手
 
1991年
 - 
1997年
日本大学 助手
 
1997年
 - 
2001年
日本大学 専任講師
 

学歴

 
 
 - 
1980年
日本大学 工学研究科 土木工学
 
 
 - 
1978年
日本大学 理工学部 土木工学科
 

委員歴

 
1999年
   
 
日本リモートセンシング学会  学術委員、表彰委員、国際委員、理事
 
1999年
   
 
米国リモートセンシング学会 環境モニタリング部会  アジア地区編集委員
 
2001年
   
 
米国写真測量学会  プレゼンテーション・アワード・コミッティー・メンバー
 

受賞

 
1996年
優秀講演者(土木学会)
 
1998年
優秀論文発表賞(日本リモートセンシング学会)
 
1998年
Presentation Award
 

Misc

 
ランドサットTMデータを用いた自然堤防の抽出法
日本地形学連合学会誌   7(2)    1986年
人工衛星リモートセンシングデータを利用した小櫃川流域流出機構解析
日本大学生産工学部研究所報告   20(2)    1987年
西川 肇, 藤井 寿生, 工藤 勝輝, 岩下 圭之, 安藤 正信
日本リモートセンシング学会誌   10(3) 317-324   1990年
STOPデータによる雲仙火砕流モンタージュ画像
日本リモートセンシング学会誌   11(3)    1991年
日本リモートセンシング学会誌   11(4)    1992年

Works

 
印旛沼の水色リモートセンシング
1996年
衛星データによる海洋浮遊油塊の評価
1996年
衛星データによる流出重質油評価 -その2-
1996年
衛星データによる海洋浮遊油塊の評価-その3--エクソンバルディーズ流出事故-
1997年
TMデータによる海洋油性汚濁評価-その4--東京湾流出事故-
1997年

競争的資金等の研究課題

 
衛星データを利用した海域油性汚染評価
環境研究
研究期間: 1997年 - 2000年
メイン州に生育する高山針葉樹林被害のTMデータによる評価
国際研究
研究期間: 1998年 - 1999年
複合ラジオメトリック補正法による水域リモートセンシングデータの評価
環境研究
研究期間: 1998年   
富栄養化指数(TSI)による湖沼水質環境評価
環境研究
研究期間: 2002年   
水質モニタリングへのリモートセンシング技術の応用