南澤 宏明

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/02 02:55
 
アバター
研究者氏名
南澤 宏明
 
ミナミサワ ヒロアキ
eメール
minamisawa.hiroakinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
生産工学部教養・基礎科学系
職名
教授
学位
工学修士(日本大学), 博士(工学)(日本大学)
科研費研究者番号
50190707

研究分野

 

学歴

 
 
 - 
1984年
日本大学 生産工学部 工業化学科
 
 
 - 
1986年
日本大学 大学院 生産工学研究科 博士前期課程 工業化学専攻
 

委員歴

 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本キチン・キトサン学会  理事(平成19,20年度)
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本分析化学会  関東支部代議委員(2008,2009年度)
 
2013年5月
 - 
2013年5月
分離技術会  分離技術会年会2013実行委員
 
2015年5月
 - 
2015年5月
分離技術会  分離技術会年会2015実行委員
 
2014年5月
 - 
2014年5月
分離技術会  分離技術会年会2014セッションオーガナイザー
 

受賞

 
2013年6月
日本分析化学会 Hot Article Award Analytical Sciences On-Line Redox Derivatization Liquid Chromatography for Selective Separation of Fe(II) and Fe(III) cyanide Complexes Using Porous Graphitic Carbon
受賞者: Kazunori Saitoh, Naoki Soeda, Hiroaki Minamisawa, Masami Shibukawa
 

論文

 
PTFEチューブを分離場とするアミロイド繊維ノ分離分析
朝本紘充,長嶋恭介,中釜達朗,齊藤和憲,南澤宏明
分析化学   66 89-94   2017年2月   [査読有り]
Use of polyethylene films photografted with 2-(dimethylamino)thyl methacrylate as a potential adsorbent for removal of chromium(VI) from aqueous medium
Hiromichi Asamoto, Yuji Kimura, Yohei Isiguro, Hiroaki Minamisawa, Kazunori Yamada
Journal of Applied Polymer Sciense   133(18) 43360-43359   2016年   [査読有り]
無機系化合物を用いた水処理
南澤宏明
Jornal of Society of Inorganic Materials,Japan   22 336-342   2015年   [査読有り]
On-Line Redox Derovatization Liquid Chromatography for Selective Deparation of Fe(II) and Fe(III) Cyanide Complexes Using Porous Graphitic Carbon
Kazunori SAITOH, Naoki SOETA, Masami SHIBUKAWA
ANARITICAL SCIENCES   29 715-721   2013年7月   [査読有り]
回転式スパイラルセルを用いる水溶性化合物の単一液滴マイクロ抽出
分析化学   61 667-672   2012年8月   [査読有り]

Misc

 
Two-step grafting of 2-hydroxyethyl methacrylate (HEMA) and 2-(dimethylamino)ethyl methacrylate (DMAEMA) onto polyethylene plate for enhancement of Cr(VI) ion adsorption
Kazunori Yamada, Yohei Ishiguro, Yuji Kimura,Hiromichi Asamoto, Hiroaki Minamisawa
Environmental Technology      2017年   [査読有り]
高速液体クロマトグラフィーによるアディポネクチン多量体の分離分析
長嶋恭介,南澤宏明,野伏康仁,中釜達朗,齊藤和憲,朝本紘充
日本海水学会誌   71 354-360   2017年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
微量金属分析とその前処理技術
多数 (担当:共著, 範囲:第1章微量金属分析における前処理テクニック第3節環境試料中の微量金属の分離濃縮)
技術情報協会   2015年3月   ISBN:978-486-1045-745
基礎教育シリーズ 分析化学 機器分析編
東京教学社   2011年4月   
基礎教育シリーズ 分析化学 基礎編
東京教学社   2011年4月   
イラストで見る化学の基礎知識(第三版)
丸善   2009年   
化学の世界への招待
小林憲司・三五弘之・中村朝夫・南澤宏明・山口達明編著 (担当:共著)
三共出版   2009年   

講演・口頭発表等

 
高速液体クロマトグラフィーを用いるタンパク質凝集体の分別測定に関する研究
長嶋恭介,朝本紘充,中釜達朗,斎藤和憲,南澤宏明
日本海水学会第9回学生研究発表会   2018年3月   
アミノ基含有モノマーを光グラフト重合したポリエチレンメッシュフィルムによる水媒体からのクロム(VI)イオンの吸着除去 [招待有り]
第50回日本大学生産工学部学術講演会   2017年12月   
架橋キトサンビーズのクロム(VI)イオンの除去への応用
第50回日本大学生産工学部学術講演会   2017年12月   
高速液体クロマトグラフィーを用いたアミロイド線維の分離分析法の確立
第50回日本大学生産工学部学術講演会   2017年12月   
架橋キトサンビーズによるCr(VI)イオンの吸着除去
第66回高分子討論会   2017年9月   

特許

 
特開2013-176720 : 六価クロム吸着除去剤およびその製造方法
南澤宏明・朝本紘充