出村 克宣

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/02 02:50
 
アバター
研究者氏名
出村 克宣
 
デムラ カツノリ
eメール
demura.katsunorinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
工学部建築学科
職名
教授
学位
工学博士(日本大学)
科研費研究者番号
10155484

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1976年
日本大学 理工学部 建築学科
 
 
 - 
1982年
日本大学 大学院 工学研究科 建築学
 

委員歴

 
 
   
 
(4)モスブロー環境技術工業会 会長
 
 
   
 
(3)うつくしまエコ・リサイクル製品認定審査会 委員
 
 
   
 
(2)福島県生コンクリート品質管理監査会議 議長
 
 
   
 
(1)福島県生コンクリート工業組合 顧問
 

受賞

 
2019年5月
日本コンクリート工学会東北支部 平成30年度日本コンクリート工学会東北支部論文賞 試験時の応力増加速度並びに供試体形状および寸法がポリマーセメントモルタルの圧縮強さに及ぼす影響
 
2009年5月
日本コンクリート工学協会賞(功労賞)
 
1981年
日本材料学会昭和55年度論文賞
 

論文

 
普通コンクリートの各種静弾性係数推定式のポーラスコンクリートへの適用
武田昌也,齋藤俊克,出村克宣
コンクリート工学年次論文集   41(1) 1445-1450   2019年6月   [査読有り]
ポリマーセメントモルタルの曲げ及び圧縮強さに及ぼすポリマー混入率の検討
西田 電,齋藤俊克,出村克宣,我喜屋宗満
セメント・コンクリート論文集   (72) 99-105   2019年3月   [査読有り]
ポリマーセメントモルタルの接着強さに及ぼす下地の種類及び養生条件の影響
西田 電,齋藤俊克,出村克宣,掛川 勝
コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集   18 707-710   2018年10月   [査読有り]
試験時の応力増加速度並びに供試体形状および寸法がポリマーセメントモルタルの圧縮強さに及ぼす影響
西田 電,齋藤俊克,出村克宣,掛川 勝
コンクリート工学年次論文集   40(1) 357-362   2018年6月   [査読有り]
RC構造物の断面修復部を模擬した供試体の屋外暴露試験による防せい性混和材の性能に関する一考察
岡田明也,渡辺宗幸,齋藤俊克,出村克宣
日本建築学会技術報告集   24(57) 523-528   2018年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ロハス工学
日本大学工学部・ロハス工学編集委員会
日経BP社   2019年2月   ISBN:978-4-296-10192-4
最新 建築材料学
松井 勇,出村克宣,湯浅 昇,中田善久 (担当:共著)
井上書院   2010年4月   
新版 建築材料学
笠井芳夫,大濱嘉彦,松井 勇 (担当:共著, 範囲:109-170,261-265)
理工図書   2000年10月   
日本建築学会編,建築材料実験用教材
(分担執筆) (担当:共著)
丸善   2000年3月   
日本建築学会編,海洋建築用語事典
(分担執筆) (担当:共著)
彰国社   1998年12月   

講演・口頭発表等

 
ポーラスコンクリートの圧縮強度に及ぼす材齢の影響
武田昌也,齋藤俊克,出村克宣
日本建築学会東北支部研究報告集(構造系),No.82,June 2019,pp.109-112.   2019年6月   
下地の種類及び養生方法がポリマーセメントモルタルの接着強さに及ぼす影響
西田 電,齋藤俊克,出村克宣,掛川 勝
第61回日本大学工学部学術研究報告会講演要旨集,Dec. 2018,pp.12-15.   2018年12月   
沖縄県の沿岸部に25年間屋外暴露したRC構造物外装仕上げ模擬供試体の防せい性
岡田明也,阿知波政史,齋藤俊克,出村克宣
日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),材料施工,Aug. 2018,pp.343-344.   2018年8月   
ポリマー混入率を調合因子とするポリマーセメントモルタルの耐久性に関する一考察
西田 電,齋藤俊克,出村克宣
日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),材料施工,Aug. 2018,pp.263-264.   2018年8月   
ポーラスコンクリートの圧縮強度に及ぼす型枠のせき板効果に関する一考察
齋藤俊克,出村克宣
日本建築学会大会学術講演梗概集(東北),材料施工,Aug. 2018,pp.135-136.   2018年8月