SUGIYAMA Yasuhiro

J-GLOBAL         Last updated: Oct 2, 2019 at 02:50
 
Avatar
Name
SUGIYAMA Yasuhiro
Affiliation
Nihon University
Section
College of Engineering, Department of Computer Science
Job title
Professor
Degree
Ph.D.(University of Southern California), Master of Science(University of Southern California)
Research funding number
70246841

Research Areas

 
 

Education

 
 
   
 
Computer Science, Computer Science, University of Southern California
 
 
   
 
Department of Mathematics, Faculty of Science, University of Tokyo
 
 
   
 
Department of Computer Science, Department of Computer Science, University of Southern California
 

Published Papers

 
A Scale-out Mechanism for a Distributed Object Framework
鴫原颯矢,杉山安洋
IPSJ SIG Technical Report   2018-DPS-174(18) 1-8   Mar 2018
第23回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2016)開催報告
阿萬裕久 横川智教 杉山安洋
コンピュータソフトウェア   34(4) 40-45   Nov 2017   [Refereed]
Java バイトコードのデータ依存関係解析手法
杉山安洋,小崎啓
ソフトウェア学   42 121-126   Dec 2016   [Refereed]
他のクラスに依存するクラスの簡易実行手法
高橋克幸 杉山安洋
IPSJ SIG Technical Report(SE)   2016-SE-191(24) 1-8   Mar 2016
無形労働としてのソフトウェア開発に関する一考察
杉山安洋
ソフトウェア学   41 247-248   Dec 2015   [Refereed]

Books etc

 
コンピュータソフトウェア「ソフトウェア工学の基礎」特集号
門田暁人 杉山安洋 (Part:Joint Work)
日本ソフトウェア科学会   Nov 2018   
コンピュータソフトウェア「ソフトウェア工学の基礎」特集号
杉山安洋 沢田篤史 (Part:Joint Work)
日本ソフトウェア科学会   Nov 2017   
コンピュータソフトウェア「ソフトウェア工学の基礎」特集号
杉山 安洋 阿萬裕久  (Part:Joint Work)
日本ソフトウェア科学会   May 2017   
コンピュータソフトウェア「ソフトウェア工学の基礎」特集号
杉山安洋 沢田篤史 (Part:Joint Work)
日本ソフトウェア科学会   Aug 2015   
コンピュータソフトウェア「ソフトウェア工学」特集号
沢田篤史 杉山安洋 (Part:Joint Work)
日本ソフトウェア科学会   Aug 2014   

Conference Activities & Talks

 
ソフトウェアの縮退実行の状態を可視化する手法の提案とその評価
中嶋龍一,杉山安洋
情報処理学会東北支部研究会   11 Mar 2019   
ソフトウェアの縮退実行の状態を可視化する手法の提案
中嶋龍一,杉山安洋
第60回日本大学工学部学術研究報告会   Dec 2018   
TRMIにおけるサーバーオブジェクトの特徴を用いたオブジェクトの配置制御手法
三浦一斗,杉山安洋
第59回日本大学工学部学術研究報告会   9 Dec 2017   
TRMIを用いた分散システムにおける動的スケールアウト機能の実現
鴫原颯矢,杉山安洋
第59回日本大学工学部学術研究報告会   9 Dec 2017   
メソッドの実行をトレース可能なクラス間の依存関係可視化ツール
中嶋龍一,杉山安洋
ソフトウェア工学の基礎ワークショップ   24 Nov 2017   日本ソフトウェア科学会