渡邊 一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/02 03:09
 
アバター
研究者氏名
渡邊 一郎
 
ワタナベ イチロウ
eメール
iwatanabmed.nihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
医学部医学科
職名
教授(研究所)
学位
医学博士(日本大学)
科研費研究者番号
00220864

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1978年
日本大学 医学部 医学科
 
 
 - 
1982年
日本大学 大学院 医学研究科 内科系内科学
 

委員歴

 
1999年
 - 
1999年
日本循環器学会・関東甲信越地方会  評議員
 
1999年
 - 
1999年
日本心電学会  評議員
 
1999年
 - 
1999年
日本心臓ペーシング学会  評議員
 
1999年
 - 
1999年
日本心臓病学会  特別正会員
 
1995年
 - 
1995年
The International Society for Holter & Noninvasive Electro cardiology  Member
 

受賞

 
2003年
福田記念医療技術振興財団 共同研究助成
 

論文

 
植込み型ループ心電計にて心房粗動を診断した症例.
真野博明、中井俊子、佐々木直子、古川力丈、園田和正、永嶋孝一、春田裕典、小船雅義、奥村恭男、平山篤志
心電図   33(Supple 1) S-1-63-S-1-66   2013年1月   [査読有り]
中国西域少数民族の自然長寿者における心機能の比較
太田昌克、笠巻祐二、泉洋一、川村博、小沢友紀雄、横田廣夫、平山篤志
日大医学雑誌   71 49-55   2012年4月   [査読有り]
左室緻密化障害に合併した房室結節回帰性頻拍の1例.
永嶋孝一、奥村恭男、小船雅義、真野博明、園田和正、國本聡、中井俊子、大久保公恵、平山篤志
心臓   44(supple 3) 56-62   2012年1月   [査読有り]
飲酒が心室細動に対しirrigation-tipカテーテルにてアブレーションを施行した肥大型心筋症の2症例
奥村恭男、小船雅義、永嶋孝一、真野博明、園田和正、小船達也、大久保公恵、中井俊子、國本聡、平山篤志
心臓   43(Supple 3) 75-81   2011年1月   [査読有り]
Functional atrioventricular block in an elderly patient with acquired long QT syndrome:evalation of the mechanism of block
kimie Ohkubo,Yasuo Okumura,Sonoko Ashino,Masayoshi Kofune,Koichi Nagashima,Toshiko Nakai,Yuji Kasamaki,Atsushi Hirayama
44 53-356   2011年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
If current inhibitor/イバブラジン 不整脈学
奥村恭男 (担当:共著, 範囲:217-220)
南江堂   2012年1月   
ヒトの単相性活動電位記録 不整脈学
南江堂   2012年1月   
F 電気生理カテーテル検査. 心臓カテーテル室スタッフマニュアル
平山篤志編、中外医学社   2010年1月   
循環器研修ノート 第4章 各疾患のみかたと対応 B不整脈 4.早期興奮症候群
奥村恭男、渡辺一郎 (担当:共著, 範囲:415-418)
診断と治療社   2010年1月   
不整脈診療Q&A
奥村恭男 (担当:共著)
中外医学社   2009年8月   

講演・口頭発表等

 
特発性心室細動患者におけるベクトル合成18チャネル高分解能心電計を用いたリスクの層別化に関する検討.
大久保公恵、奥村恭男、園田和正、佐々木直子、古川力丈、永嶋孝一、芦野園子、小船雅義、中井俊子、國本聡、平山篤志
第11回特発性心室細動研究会 東京都   2013年2月   
心室細動をきたしたたこつぼ型心筋症の2例
佐々木直子、大久保公恵、奥村恭男、園田和正、古川力丈、永嶋孝一、真野博明、芦野園子、中井俊子、國本聡、平山篤志
第25回心臓性急死研究会   2012年12月   
器質的心疾患に合併したPurkinje源性心室頻拍に対してカテーテル・アブレーションを施行した3症例.
園田和正、奥村恭男、永嶋孝一、真野博明、小船雅義、古川力丈、佐々木直子、大久保公恵、國本聡、平山篤志
日本不整脈学会カテーテル・アブレーション関連秋季大会2012 下関市   2012年10月   
肝静脈洞内に起源を有する特発性心室性期外収縮・心室頻拍に対するカテーテル・アブレーションの有効性とその限界:体表12誘導心電図による検討.
佐々木直子、奥村恭男、小船雅義、芦野園子、永嶋孝一、園田和正、大久保公恵、中井俊子、平山篤志
日本不整脈学会カテーテル・アブレーション関連秋季大会2012 下関市   2012年10月   
僧房弁形成術後に合併した心房細動アブレーション後、右房切開線関連心房頻拍が誘発され、根治し得た2症例
古川力丈、奥村恭男、小船雅義、真野博明、永嶋孝一、園田和正、佐々木直子、中井俊子、平山篤志
日本不整脈学会カテーテル・アブレーション関連秋季大会2012 下関市   2012年10月