塩野 元美

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/02 03:15
 
アバター
研究者氏名
塩野 元美
 
シオノ モトミ
通称等の別名
日本大学医学部外科学系 総合外科学分野
eメール
shiono.motominihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
医学部医学科心臓血管・呼吸器・総合外科学
職名
教授
学位
医学博士(日本大学)
その他の所属
日本大学
科研費研究者番号
20170847

研究分野

 
 

経歴

 
1986年10月
 - 
1995年4月
日本大学 医学部 講師
 
1989年1月
 - 
1989年12月
米国オハイオ州クリーブランドクリニック 人工臓器研究所 フェロー
 
1990年1月
 - 
1991年12月
米国テキサス州ベイラー医科大学 外科 講師
 
1992年1月
 - 
1992年12月
米国テキサス州ベイラー医科大学 外科 助教授
 
1995年5月
 - 
2007年1月
日本大学 医学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
日本大学 医学部 医学科
 
 
 - 
1983年
日本大学 大学院 医学研究科 外科系外科学II
 

委員歴

 
 
   
 
日本血管内沿療学会  評議員
 
 
   
 
日本冠動脈外科学会  評議員
 
 
   
 
米国人工臓器学会  正会員
 
 
   
 
国際人工臓器学会  正会員
 
 
   
 
日本心臓血管外科学会  正会員、国際会員
 
 
   
 
日本人工臓器学会  評議員
 
 
   
 
日本胸部外科学会  正会員,評議員
 
 
   
 
日本外科学会  評議員
 

論文

 
Autotransplantation for Threatened Cardiac Rupture After Left Ventricular Repair
Hata, H, Shiono, M, Iida, M, Sezai, A, Osaka, S, Tanaka, M.
Annals of Thoracic Surgery   103(2) e163-e165   2017年2月   [査読有り]
Sezai A, Shiono M
Journal of cardiology   67(1) 15-21   2016年   [査読有り]
Sezai A, Niino T, Osaka S, Yaoita H, Arimoto M, Hata H, Shiono M
The Annals of thoracic surgery   101(1) 348-350   2016年   [査読有り]
Sezai A, Osaka S, Yaoita H, Ishii Y, Arimoto M, Hata H, Shiono M
Annals of thoracic and cardiovascular surgery      2016年   [査読有り]
Uchida N, Katayama A, Higashiue S, Shiono M, Hata M, Minami K, Yamanaka K, Miyamoto S, Sawa Y, Kuratani T, Kato M
European journal of cardio-thoracic surgery   49(4) 1270-1278   2016年   [査読有り]
Sezai A, Niino T, Osaka S, Yaoita H, Arimoto M, Hata H, Shiono M
Annals of thoracic and cardiovascular surgery      2016年   [査読有り]
Renin-Angiotensin System Control for Chronic Kidney Disease Patients Undergoing Coronary Surgery
Yoshitake, I, Sezai, A, Hata, M, Osaka, S, Kimura, H, Hata, H, Shiono, M.
Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   22(5) 291-297   2016年10月   [査読有り]
Sezai A, Osaka S, Yaoita H, Arimoto M, Hata H, Shiono M, Sakino H
Annals of thoracic and cardiovascular surgery   22(3) 161-167   2016年6月   [査読有り]
タコシール症例 心臓血管外科領域 blow-out type左室自由壁破裂に対するタコシールを使用した修復術
飯田 充, 下川 智樹, 畑 博明, 塩野 元美
Medical Torch   11(1) 46-47   2015年
日大の手術力(第7報) 2013年度外科学系手術統計
榎本 克久, 大橋 研介, 大幸 俊司, 梅田 有史, 竹下 伸二, 東風 貢, 中山 壽之, 前田 英明, 越永 従道, 村松 高, 増田 英樹, 塩野 元美, 高山 忠利, 天野 定雄
日大医学雑誌   74(1) 13-17   2015年

Misc

 
第53回日本人工臓器学会を終えて
塩野元美
人工臓器   45(1) 6-8   2017年   [依頼有り]
大動脈解離
塩野元美
東京都医師会雑誌   69(4) 35-38   2016年   [依頼有り]
JSAO 2015(炉辺閑話)
塩野元美
炉辺閑話 2016   4784 85-86   2016年   [依頼有り]
Stanford A型急性大動脈解離に対して深夜に行った基部置換術(1枚のシェーマ)
塩野元美
胸部外科   68(6) 420   2015年   [依頼有り]
Potential clinical applications of the oxygen carrying solutions
Minato, N, Sasaki, T, Sakuma, I, Shiono, M, Takatani, S, Nose, Y.
Biomater Artif Cells Immobilization Biotechnol   20(2-4) 221-228   1992年   [査読有り]

書籍等出版物

 
高齢者に多くみられる疾患・循環器疾患:動脈瘤,解離性動脈瘤(診断と手術適応,手術までの薬物療法),(井藤英喜,木田厚瑞,羽鳥研二,桑島巌 編)高齢者診療ポケットメモ
塩野元美
南江堂,東京   2003年   
ペースメーカー・植え込み型除細動器,(四津良平 編)人工臓器2002
塩野元美
日本人工臓器学会,東京   2002年   
The influence of the rotary blood pump on the natural heart, (Akutsu T, Koyanagi H eds.) Heart Replacement; Artificial Heart 7
Nakata K, Shiono M, Orime Y, Yagi S, Yamamoto T, Okumura H, Kimura S, Hata M, Hirose H, Sezai Y, Sankai Y
Springer-Verlag, Tokyo   2001年   
大動脈瘤を発見したら,(寺本民生,桑島巌 編)わかりやすい動脈硬化ー診断と治療の手引き
塩野元美
ライフサイエンス出版,東京   2001年   
留置動脈カテーテル法,(和田攻,大久保昭行,矢崎義雄,大内尉義 編)新・図解日常診療手技ガイド−ベッドサイドで必要な手技・手法のすべて−
塩野元美
文光堂   2001年   

講演・口頭発表等

 
感染性肺嚢胞に対する外科治療の治療戦略
竹下伸二、村松高、四万村三恵、石本真一郎、田中洋子、諸岡宏明、日暮亮太、塩野元美
日本呼吸器外科学会   2016年5月   
特発性血気胸の手術適応について
田中洋子、村松高、四万村三恵、竹下伸二、石本真一郎、諸岡宏明、日暮亮太、塩野元美
日本呼吸器外科学会   2016年5月   
当科における縦隔内気管支原性嚢胞手術例の検討
石本真一郎、村松高、四万村三恵、竹下伸二、田中洋子、諸岡宏明、日暮亮太、塩野元美
呼吸器外科学会   2016年5月   
浅大腿動脈・膝窩動脈の閉塞性動脈硬化症に対する血行再建術の成績
河野通成,前田英明,服部努,中村哲哉,梅田有史,河内秀臣,飯田絢子,石井雄介,塩野元美
日本血管外科学会   2016年5月   
両側気胸術後、B型解離切迫破裂を発症、保存的加療後、前方から上行弓部全置換術施行した1例
日本胸部外科学会関東甲信越地方会   2016年3月   

競争的資金等の研究課題

 
磁気浮上遠心磁気浮上遠心ポンプ式ポンプ式高機能高機能ポータブルポータブルポータブル心肺補助装置の実用化(NEDO)
新エネルギー・産業技術総合開発機構: 課題設定型産業技術開発費助成
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
慢性腎臓病を合併した心臓手術に対する新たな治療戦略
日本学術振興会: 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 吉武 勇
心臓手術後心房細動発生のメカニズム解明に関する臨床研究
日本学術振興会: 
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 瀨在 明
日本発、小児用、ウエアラブル小型遠心式補助人工心臓の実用化のための総合的研究
日本学術振興会: 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 高谷 節雄
ワルファリン代謝酵素のゲノム解析によるオーダーメイド医療に関する研究
日本学術振興会: 
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 秦 光賢