宮崎 真至

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/02 02:57
 
アバター
研究者氏名
宮崎 真至
 
ミヤザキ マサシ
eメール
miyazaki.masashinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
歯学部歯学科歯科保存学1
職名
教授
学位
歯学博士
科研費研究者番号
70239391

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1987年
日本大学 歯学部 歯学科
 
 
 - 
1991年
日本大学 大学院 歯学研究科 歯科臨床系
 

委員歴

 
2011年4月
   
 
日本歯科保存学会  常任理事
 
2009年
   
 
科学研究費委員会専門委員
 
2009年
   
 
歯学系CBT実施小委員会委員
 
2009年
   
 
歯科医師試験委員
 
2008年4月
   
 
日本歯科理工学会  評議員
 

受賞

 
2005年11月
佐藤賞
 
2004年6月
日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞
 
2002年3月
2002 Outstanding Article Award (Int Chin J Dent)
 

論文

 
Effect of reduced universal adhesive application time on enamel bond fatigue and surface morphology
Nagura Y, Tsujimoto A, Fischer NG, Baruth AG, Barkmeier WW, Takamizawa T, Latta MA, Miyazaki M
Oper Dent   44(1) 42-53   2019年   [査読有り]
Interrelation among the handling, mechanical, and wear properties of the newly developed flowable resin composites
Imai A, Takamizawa T, Sugimura R, Tsujimoto A, Ishii R, Kawazu M, Saito T, Miyazaki M
J Mech Behav Biomed Mater   89 72-80   2018年   [査読有り]
Effect of double-layer application on bond quality of adhesive systems
Fujiwara S, Takamizawa T, Barkmeier WW, Tsujimoto A, Imai A, Watanabe H, Erickson RL, Latta MA, Nakatsuka T, Miyazaki M
J Mech Behav Biomed Mater   77 501-509   2018年   [査読有り]
Influence of a coating material containing surface reaction-type pre-reacted glass-ionomer filler on the prevention of primary enamel demineralization detected by optical coherence tomography
Murayama R, Nagura Y, Yamauchi K, Moritake K, Iino M, Ishii R, Kurokawa H, Miyazaki M, Hosoya Y
J Oral Sci   60 367-373   2018年   [査読有り]
Effect of acid erosion on enamel bond strength of self-etch adhesives and sonic velocity measurement of enamel
Yabuki C, Rikuta A, Murayama R, Akiba S, Suzuki S, Takamizawa T, Kurokawa H, Miyazaki M
Dent Mater J   37 542-558   2018年   [査読有り]

Misc

 
接着歯学の新時代への展望
宮崎真至
接着歯学   36 67-72   2019年   [査読有り][依頼有り]
オフィスホワイトニングを快適に!「オパールエッセンスBOOST35%」の臨床
261)辻本暁正,高見澤俊樹,宮崎真至
デンタルダイヤモンド   43(13) 170-174   2018年   [依頼有り]
塗布後の待ち時間のないボンディング材の特性
宮崎真至
デンタルダイヤモンド   43(9) 126-128   2018年
「スコッチボンド™ユニバーサルアドヒーシブ」の長期接着耐久性と臨床における有効性
258)辻本暁正,高見澤俊樹,宮崎真至
日本歯科評論   78(2) 149-152   2018年   [依頼有り]
ユニバーサルアドヒーシブの表層低重合層が象牙質接着疲労耐久性に及ぼす影響
辻本暁正,嶋谷祐輔,名倉侑子,野尻貴絵,左 敏愛,氏家真穂,高見澤俊樹,宮崎真至,日野浦 光
接着歯学   36 57-65   2018年   [査読有り]

書籍等出版物

 
天然歯の科学
宮崎真至 (担当:単訳)
医歯薬出版   2015年12月   
ンポジットレジン修復のサイエンス&テクニック
クインテッセンス出版   2010年1月   ISBN:978-4-7812-0116-0
オールセラミック修復 成功するためのストラテジー 基礎と臨床応用
岡村光信,坪田有史,伴 清治,宮崎真至 (担当:共著)
医歯薬出版   2014年11月   ISBN:978-4-263-46118-1

講演・口頭発表等

 
Science & technique of clinical success in esthethic restorations with bonding [招待有り]
Miyazaki M
Composite resin bonding restorartion technique forum   2016年7月16日   Beijin Stomatological Association
Influence of light intensity on bond strength of self-etch adhesives
Nojiri K, Tsujimoto A, Takamizawa T, Tsuchiya K, Shibasaki S, Latta M, Barkmeier W
44th Annual Meeting & Exhibition of the AADR   2016年3月19日   
Evaluation of application of peptide P11-4 on remineralization of enamel
Takahashi F, Kurokawa H, Takimoto M, Murayama R, Suzuki T, Miyazkai M
44th Annual Meeting & Exhibition of the AADR   2016年3月19日   
Influence of pre-etching times on fatigue strength of self-etch adhesives
Takamizawa T, Barkmeirer W, Tsujimoto A, Latta M, Miyazaki M, Hosoya Y
44th Annual Meeting & Exhibition of the AADR   2016年3月18日   
Influence of light irradiation on bonding performance of resin cements
Takimoto M, Shibasaki S, Kurokawa H, Suzuki T, Miyazaki N
44th Annual Meeting & Exhibition of the AADR   2016年3月18日