KOMURO Toshinobu

J-GLOBAL         Last updated: Nov 2, 2019 at 03:05
 
Avatar
Name
KOMURO Toshinobu
Affiliation
Nihon University
Section
School of Dentistry, Department of Dentistry, -
Job title
Professor
Research funding number
50139200

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jun 1977
 - 
May 1980
東京医科大学口腔外科学教室
 
Jun 1980
 - 
Mar 1984
日本大学 助手, Department of Legal Medicine, Nihon University School of Dentistry
 
Apr 1984
 - 
Sep 1989
日本大学 専任講師, 日本大学歯学部法医学教室
 
Oct 1989
 - 
Mar 1999
日本大学 助教授, 日本大学歯学部法医学教室
 
Apr 1999
   
 
日本大学 教授, 日本大学歯学部法医学教室
 

Education

 
 
 - 
1977
歯学科, Faculty of Dentistry, Nihon University
 

Awards & Honors

 
1989
日本大学佐藤賞
 

Published Papers

 
ポンティックの形態ににより身元確認された1事例
丸山 澄,古川 明,堤 博文,伊澤 光,小室歳信
法医学の実際と研究60   60 111-116   Nov 2017   [Refereed]
DNA analysis of root canal-filled teeth
H Izawa, H Tsutsumi, S Maruyama, T Komuro
Leg Med   27 10-18   Jul 2017   [Refereed]
トランスファー細胞からのDNA型検査の再現性
丸山 澄,堤 博文,伊澤 光,小室歳信
DNA多型Vol.25   25 99-102   Jul 2017   [Refereed]
Identification of an Unidentified Body through Denture Markings
Hikaru Izawa, Sayaka Maruyama, Hirofumi tsutsu, Toshinobu Komuro
The Research and Practice in Forensic Medicine   59 65-71   Nov 2016   [Refereed]
Personal identification using dental findings by Disaster Mortuary Operational Response Team(DMORT) in the United States -September 11 attacks-
Hisako Saitoh, Masahiko kobayashi, Ayaka Sakuma, Namiko Ishii, Kenji Ishihara, Ayumi Motomura, Daisuke Yajima, Go Inokuchi, Sayaka Nagasawa,Hiroyuki Inoue, Yohsuke Makino, Fumiko Chiba, Suguru Torishima, Hirotaroh Iwase, Toshinobu komuro
Forensic Det Sci   8(1) 1-7   Oct 2016   [Refereed]

Books etc

 
歯科法医学 歯科医師の身元確認が担う 安全・安心な社会生活
小室歳信
わかば出版(978-4-89824-066-3)   Oct 2013   
歯科法医学の歴史~日本航空機墜落事故、中華航空機墜落事故~東北地方太平洋沖地震の際に身元不明死体の身元確認に携わった時の経験、活動状況、および今後への提言を求めた。
大規模災害時の身元確認に資する歯科診療情報の標準化に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書
歯科所見からの身元確認に資する歯科診療情報から抽出されたデータの標準化にかくぁる基礎的研究-所見の分類別および不一致歯数を考慮した照合検索システムの構築- (Part:Joint Work, 101-127)
日本大学歯学部法医学講座   Mar 2013   
大規模災害時の身元不明死体について、歯科診療情報から身元確認を行うにあたり、有用とされる歯科所見を標準化し、スクリーニングのための所見の分類項目を検索した。
大規模災害時の身元確認に資する歯科診療情報の標準化に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書
日本大学歯学部法医学講座   Mar 2013   
東日本大震災における日本法医学会災害時死体検案支援事業による派遣歯科医師に対するアンケート調査報告
小室歳信、斉藤久子、高橋登世子、伊澤 光、丸山 澄、青木康博 (Part:Joint Work, 75-118)
名古屋市立大学大学院医学研究科法医学分野   May 2012   
東日本大震災が顕在化した、大規模災害時における歯からの身元確認にかかわる課題について
名古屋市立大学大学院医学研究科法医学分野   May 2012   

Conference Activities & Talks

 
SureSelectシステムを用いた遺伝子解析(第4報)
堤 博文,丸山 澄,伊澤 光,小室歳信
日本DNA多型学会第26回学術集会   1 Dec 2017   
東日本大震災が顕在化した身元確認の課題 [Invited]
小室歳信
第27回日本産業衛生学会全国協議会 シンポジウム4 大規模災害における歯科の価値・役割   23 Nov 2017   
歯型図表記の移り変わり
丸山 澄,伊澤 光,堤 博文,小室歳信
日本法歯科医学会第11回学術大会   8 Nov 2017   
混在する歯科試料からのDNA型検査
丸山 澄,堤 博文,伊澤 光,小室歳信
第86回日本法医学会学術関東地方集会   28 Oct 2017   
SureSelectシステムを用いた遺伝子解析(第3報)
堤 博文,丸山 澄,伊澤 光,小室歳信
第101次日本法医学会学術全国集会   8 Jun 2017   

Social Contribution

 
内閣府 死因究明等推進会議 専門委員
[]  内閣府  17 Oct 2012 - 20 Sep 2014
千葉県歯科医師会警察歯科医会
[Others]  1 Apr 2011
日本DNA多型学会 第17回学術集会 大会長
[]  20 Nov 2008 - 21 Nov 2008
役職・活動名:大会長
日本法歯科医学会 設立記念大会 大会長
[]  21 Apr 2007 - 21 Apr 2007
役職・活動名:大会長
東京都町田市歯科医師会警察歯科医会 顧問
[]  1 Oct 2005

Others

 
Jan 2010
犯罪死の見逃し防止に資する死因究明制度の在り方について
2001
常染色体およびX染色体上に位置するSTRローカスの繰り返し塩基配列の構造解析
2000
ジェネティックアナライザを用いたキャピラリー電気泳動法による歯からのDNA型分析
1989
The Report on Scientific Research for Remains of Ct. Akiyoshi Yamada Who Founded Nihon University