若林 修一

J-GLOBALへ         更新日: 12/07/10 08:46
 
アバター
研究者氏名
若林 修一
 
ワカバヤシ シュウイチ
学位
博士(歯学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本大学 歯学部 歯学科 教授
 
1972年
 - 
1975年
:日本大学 助手
 
1975年
 - 
1981年
:日本大学 専任講師
 
1981年
 - 
1984年
:日本大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1970年
早稲田大学 教育学部 理学科生物学
 

Misc

 
「ふれあい動物園」のモルモットにおけるストレスの評価:糞中のコルチコステロンとコルチゾルの比較
若林 修一, 佐藤 恵 酒井秀嗣
日本大学歯学部紀要   38(31-38)    2010年
Augmentation of gonadotropin receptors in rat testis after hemicastration around the time of pubery
若林 修一, 古谷哲男
東京医科大学医学会   68(2) 200-204   2010年
ふれあい動物園のモルモットがうけるストレスを糞中コルチコステロンによって推定する試み
若林 修一, 佐藤 恵, 酒井秀嗣
日本大学歯学部紀要   37 21-29   2009年
育雛期におけるウミネコ糞中コルチコステロンの変動
若林 修一, 佐藤恵・八嶋桂子・塩谷正勝・酒井秀嗣
日本大学歯学部紀要   36 49-54   2008年
糞中ステロイドホルモン抽出方法の比較
若林 修一, 佐藤恵,柳沼千春,塩谷正勝,酒井秀嗣
日本大学歯学部紀要   35 49-56   2007年

書籍等出版物

 
Stimulation of the ovary with mammalian gonadotropins means of tho osmotic pump in the Japanese Quail, Cotanix cotunix japonica
Recent Progress in Molecular and Comparative Endocrinology   1999年   
鳥類の人工繁殖とバイオテクノロジー
日本鳥学会誌   1995年   
Annual changes of aldosterone costerone contents in feces of Apus Affinis
J. Ornithology   1994年   
Annual changes in sex steroid in feces of house swift.
J. Onithology   1994年   
Effects of exogenous gonadotropin on plasma LH and FSH concentrations of female Japanese quail reared under the short-day photoperiods.
Current Thems in Comparative Endocrinology   1991年   

講演・口頭発表等

 
ウミネコ成鳥の繁殖期におけるコルチコステロン分泌の変動
日本鳥学会大会   2008年   
糞中ステロイドホルモンの抽出方法の比較
日本鳥学会2007年度大会   2007年   
鳥の繁殖期はいつからはじまる?
第31回鳥類内分泌研究会   2006年   

Works

 
ホモン投与などによるトキ類人工増殖のための基礎研究 昭和60年度科学研究共補助金
1986年
トキ増殖事業報告人工授精基礎研究 浸透圧ポンプを用いたホルモン投写実験「環境庁委託」
1986年

競争的資金等の研究課題

 
ホルモン投与による鳥類の人為的卵巣発育と排卵に関する研究