金澤 英作

J-GLOBALへ         更新日: 12/06/13 18:56
 
アバター
研究者氏名
金澤 英作
 
カナザワ エイサク
学位
農学修士, 医学博士(慶應義塾大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本大学 松戸歯学部 歯学科 教授,学務担当
 

委員歴

 
 
   
 
日本人類学会会長
 
 
   
 
国際人類学民族学連合副会長
 
 
   
 
日本解剖学会評議員
 
 
   
 
歯科基礎医学会評議員
 
2008年11月
   
 
日本人類学会  会長
 

Misc

 
金澤 英作, 近藤信太郎、松野昌展、二神千春、花村肇、金澤英作
人類学雑誌   118(1) 1-10   2010年
成長期児童における歯列弓形態の成長変化に関する研究
金澤 英作, 葛西一貴 根岸慎一 林 亮助 斎藤勝彦 
オルソドンティック・ウェイブス 日本語版   69(1) 23-35   2010年
金澤 英作, Hiroya Gotouda, Kazutaka Kasai, Takashi Kaneda, Masahiko Fukumoto, Hirofumi Sasai< Seigo Kobayashi, Eisaku Kanazawa, Misao Kawara, Masaharu Makimura
Journal of Oral Science   51(4) 635-639   2009年
Dental Traits Chinese Minorities in Yunnan Province
金澤 英作, Eisaku Kanazawa et al.
Communication Contempoary Anthropology   Vol.3 77-84   2009年
金澤 英作, Roshan Peiris, Eisaku Kanazawa
International Endodontic Journal   41(10) 828-835   2008年

書籍等出版物

 
歯科に役立つ人類学
わかば出版   2010年   
口腔解剖学
医歯薬出版   2009年   
プロメテウス解剖学アトラス
医学書院   2009年   ISBN:978-4-260-00603-3
顔を科学する!
ニュートンプレス   1999年   
図説・歯の解剖学 第2版
医歯薬出版   1998年   

講演・口頭発表等

 
下顎隆起の出現状況の時代差とその要因
第60回日本人類学会大会・平成18年11月3日、高知工科大学   2006年   
クラインフェルター症候群とXYY症候群におけるカラベリ結節の出現傾向について
第60回日本人類学会大会・平成18年11月3日、高知工科大学   2006年   
現代日本人女性の骨盤上の痕跡と妊娠・出産の関係
第60回日本人類学会大会・平成18年11月3日、高知工科大学   2006年   
歯根と人類学
第60回日本人類学会大会・平成18年11月3日、高知工科大学   2006年   
Root and canal morphology of Sri Lankan and Japanese permanent teeth-- What can root and canal anatomy tell us aboutpopulation difference
第60回日本人類学会大会・平成18年11月3日、高知工科大学   2006年   

Works

 
中国雲南省少数民族の歯科人類学調査
2000年
松戸市内小学生の口腔の発育に関する歯科学的調査
1998年
パプア・ニューギニアの高地民族(ワバク)の歯科人類学的研究
1997年
パラオ住民の歯科人類学的調査
1996年
海洋性特殊環境における口腔形態の適応と食物摂取に関する人類学的研究ーフィジー,サモア,キリバスでの野外調査ー
1995年

競争的資金等の研究課題

 
環太平洋諸民族の歯の形態学的研究
レーザー立体計測による歯の形態の3次元的研究
X線およびCTによる頭蓋形質の時代変化に関する研究